FXは儲からないの? 本質が理解できている人は儲かる

  • 2017.11.21
  • 2018.03.22
  • お金
FXは儲からないの? 本質が理解できている人は儲かる

スポンサーリンク

FXって儲からないって本当?

 

FXは儲からないって言われているけど?

 

よくインターネットで「FXが儲からない」というワードを目にします。

正直の話をすると、こういうネットに転がっている情報に鵜呑みにする方々は、何に関しても上手くことは少ないと思います。

なぜなら、その情報源がどれだけ信憑性があるかを考えないからです。

そういう方は「これは儲かりますよ」という言葉に対して、胡散臭いと警戒します。

そして、「上手くいかない」という言葉には、やっぱりねと考えます。

多くの人はポジティブな考えだったとしても一般から外れていることであれば疑いますし、ネガティブな考えで一般から外れていることに同調するのです。

もちろん、ネットに多く存在する情報商材で「楽して月収100万!」なんていう甘い言葉を書いている方は間違いなく疑うべきです。

基本的にはそういうものは、情報商材を売りつけてお金を稼ぐことが目的なのがほとんどです。

 

ですが、FXはそういった個人的な利益目的で行われているものではないからです。

FXに関してはシンプルに考えても、儲からないという結論に至らないような気がします。

 

FX経験者であれであればお分かりだと思いますが、FXには「買い」と「売り」の2つの選択肢があります。

例えば、それで損失が続いてしまっているとします。

この結果から考えられるのは「儲からない」ではなく、「自分が選択した逆の選択をしていたらマイナスがプラスになっていた」と考えるのです。

これはとても当たり前で、自分個人を狙い、損させるために意図的に為替が動いているはずはありませんよね。

 

このことから、FXは儲からないという情報は間違いだといえるのです。

実際、私もFXだけで生計を立てていた時期があるぐらいですからね(笑)

今はFXで大きくした資金を元手に株式取引に移行したので、あまりFXやれていませんが…

 

 

じゃあ、FXは儲かるの?

 

上記の口ぶりだと、FXは儲かりますと言っているように感じるかもしれません。

勘違いさせてしまった方は申し訳ありません。

絶対に儲かるとは言えません。

というのも、FXの取引全体でいうと、勝つトレーダーが半分、負けるトレーダーが半分いると言われています。

勝つ人の裏側には負ける人が必ずいるということです。

ですので、あなたが負ける側に回ってしまっていたら、損失が大きくなっていくと考えられます。

 

そのため、一概に儲かるとは言えないのです。

 

 

どうしたら、FXの取引がうまくなるのか

 

私もFX始めた頃は、利益が小さく、損失が大きいといった状況でした。

このタイミングで、チャート分析をしっかりしないといけないと気づかなければ、ずっと損失が続くと思われます。

そして、FXは「集団心理」を理解できている人間が儲かる投資だと気づかなければなりません。

理解できなければ、後手に回って、思ったように利益があげられないです。

見えない相手の取引の仕方を考えるようにしてください。

これはひたすら経験あるのみです。

 

あとはチャート分析の本で勉強しながら、経験をどんどん積んでいくしかないと思います。

また、本に書かれていることが全て正しいと考えてはいけません。

なぜなら、それは本を書いた個人の見解に過ぎないからです。

また、昔は通用したかもしれませんが、現在の多くのトレーダーの取引の仕方が変わっていたら通用しません。

評価の高い参考書を購入し、そのやり方を理解して検証するを繰り返すことが、収益を上げる近道だと思います。

 

そして、最後にこれが一番大切です。

それは「取引の半分は負けると考える」です。

基本的に私の経験上、1日のトレードの中で半分は負けています。

では、どうするかというと、損失を小さく、利益を大きくする取引を行うことが大切なのです。

一番は損失が出ているときには、できるだけ早く決算をしてしまうということです。

これは当たり前に思えると思いますが、これができない人が実はかなり多いのです。

人はマイナスの時には、プラスになることを祈るのです。

そして、ズルズルとそのポジションを取り続けて、大きな損失になってしまうのです。

 

ですので、このアドバイスを本当の意味で理解できた人は、もしかしたらうまくいくかもしれませんね。

 

 

結局、ネットの儲からないという情報はなんなの?

 

ネットに多く存在する「儲からない」というワードは、FXの本質を理解しないで失敗してしまった方々の無念な言葉なのです。

そういった方のFXの取引は、投資というよりは博打に近いものだと思います。

私の場合は、始めの頃でも、初心者なりに考えて、自分なりの確信を持って取引をしていました。

何度も考慮した結果、勝ちパターンを見つけ、増やしていったのです。

これが才能がない自分なりの取引方法でした。

たぶん、ほとんどのトレーダーが私と同じ考え方じゃないのかなと思っています。

 

結局その情報が正しいかどうかを判断できるようになるのは、自分がやってみてどうなのか理解するしかないと思っています。

私の結論は、他人がどうこう言っても、ネガティブのほうを信用する人がほとんどです。

ですので、自分で経験したほうが一番早いということですね。

恐れず、一度FXで取引をしてみてください。

 

<私も使っているオススメFX口座>



 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ