「偶然に期待しても何も変わらない」ことにそろそろ気づきませんか?

「偶然に期待しても何も変わらない」ことにそろそろ気づきませんか?

 

「今はツラいけど、時間が経てば何か変わるだろう」

「何か良いことが起きないかな…」

 

このようなことを考えている方は大勢いらっしゃるかと思います。

ですが、仕事でもビジネスでも、出会いだって、偶然だけに期待をしていても何も変わらないことに、もうそろそろ気づいたほうがいいと思います。

それこそ、ずっと「この状況が良くなる」と考え始めてから長期間経ってしまっている方は特にそうです。

 

「人生は博打だ」とおっしゃる方もいますが、この言葉のように、運に左右されることがあるから言われているのですが、それでもすべてが運任せということではありませんよね?

 

良くなる方向に少しでも努力している、つまり良い方向にベクトルの値が1あれば、外的要因によってそれが良い状況に好転するといえると思います。

ですが、このベクトルが0であれば、外的要因が生じようと、何の変化はもたらされないわけです。

 

うまくいくときは本人がそれだけの努力をしている人であり、何もしていなければ、何の変化もなく、周囲に取り残されてしまうということですね。

 

 

スポンサーリンク

「仕事を続けていたら、収入も増えるだろう」

 

現在の社会人の方に仕事をなんとなくしている方って多いと感じています。

「この作業は何のためにしているかわからないけど、やれって言われたからやっている」みたいな。

作業一つ一つを意味を理解しないから、それ以上の成果を挙げられない状態の方々ということですね。

 

つまり、与えられた仕事をただ熟すような働き方するということですね。

これでは、自分の会社からの評価は与えられた仕事に左右されてしまうことになります。

 

このように「常に受け身の姿勢でいる人」は無駄な時間を過ごしてしまいがちなのは言うまでもありません。

こういう方に限って、”強く偶然に期待している人”だといえるのです

 

なんせ、

成長意欲がない人の特徴の1つである”危機感を持っていない”

ととれるわけですから。

 

自分の給料が減るなんてことは夢にも思っていないわけです。

だから、「このままでいられる」もしくは、「給料があがるはずだ」と期待しているんですよね。

 

そうなれば、現状が良くなっていくどころか、悪くなっていくことがほとんどなんですよね。

その方の「自分の価値を上げるスピード」よりも、「時代の変化のスピード」のほうが早いに決まっていますから。

結局、将来の仕事では、その人にできることはなくなるわけですから、給料は減らされるかなくなるかのどちらかになってくるかと思います。

 

ですので、努力もせずに「このままでも大丈夫だ」と考えている方は、自分の市場価値を高めていく努力が必要であるといえます。

 

 

「生きていたら、運命の人に出会えるだろう」

 

30代手前になって、結婚に焦り始める方がたくさんいらっしゃいます。

 

それまでは、「生きていさえすれば、運命の人とと出会えるだろう」と偶然に期待していることがほとんどです。

ですが、結局会社と家の往復しかしていなかったので、出会いすらなく、急いで婚活を始めるんですよね。

 

「こんな状況になるんだったら、早い段階で婚活始めておけばよかったな…」みたいな。

このことを理解して、偶然に期待せずに行動をし始めて、人との出会いの回数を増やしていれば、もっと運命の人と出会い機会に恵まれていたはずです。

 

そう考えるととても勿体ないですよね。

ですが、30代手前で焦っている方は、「行動しなくても運命の人と出会える」と思っている方がほとんどなので自業自得ともいえます。

 

 

運命の人と結ばれる確率だって、年が若いほうが高いに決まっています。

なぜなら、年齢という覆すことができないモノを重視する方も少なからずいらっしゃいますから。

 

恋愛は年齢だけではないのは事実です。

それでも、多くの人が自分よりも若くて素敵な人を求めるのは至極当たり前のことなのです。

 

そうなれば、年齢が若いうちに出会いの数を増やしていったほうが、「この人だッ!」という方に出会えた時の結ばれやすいですよね。

 

 

ですので、偶然に期待せずに出会い数を増やす行動に移すべきなのです。

 

 

後悔しない人生を送るには

 

偶然に期待すると、後悔してしまうということはお分かりいただけたかと思います。

 

つまり、

「自分で選択をして行動しなかった記憶が人生の後悔になる」

ということですね。

 

何かに期待して考えるのを放棄して外的要因に頼ろうとする生き方ほど、何も残らないものはないと考えています。

そして、他者の記憶にも残らない人生はないとも思っています。

 

周りから外れないように周りに合わせるのは、一番楽な選択をしているに過ぎないのです。

なぜなら、他者に合わせている状態、つまり、先頭を切って行動してくれる人がいて、それにズラズラとついて行っているだけなのだから、責任もなければ考えることもしなくて済むからです。

 

そして、ついていった結果、自分に都合が悪いことになれば、その先頭の人を批判すれば、「あたかも自分の責任ではないと言い張れる」のです。

こんなに安全で楽な環境はないですよね。

 

ですが、その結果、後悔だらけの人生になることは間違いないのです。

結局、他への期待は100%裏切られないなんてことは、あり得ませんから。

 

ですので、偶然に期待せず、自分で努力をして、選択していくことが、自分の人生を充実させるためには欠かせないものなんですよね。

 

 

下記の記事に後悔しない人生にするためのヒントがあるかと思いますので、ぜひ合わせてお読みください!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ