エジソンの名言 ~やる気がでる、人生を楽しみたい方に必見!

エジソンの名言 ~やる気がでる、人生を楽しみたい方に必見!

スポンサーリンク

エジソンの名言から成功を学ぶ

 

自分の可能性

 

天才とは1%のひらめきと99%の努力の賜物である

 

エジソンの数ある名言の中で最も有名な名言です。

一般的に「1%のひらめきがあれば、あとは圧倒的な努力をすることで天才と呼ばれる」のような普通の方でも努力をすれば成功できるという解釈をすると思います。

ですが、もしかしたら努力のほうではなく、ひらめきのほうが重要であると伝えたいのかもしれまん。

というのは、好きなことで実現したいことであれば人は努力できます。

 

ですが、「ひらめき」はそうはいきません。

偶然、瞬時に思いつくものであり、多くの知識や経験がなければ、ほとんど手に入らないものです。

その1%の尊さを理解し、それを手に入れるための努力が必要だと言いたいのかもしれません。

なぜなら、その1%がなければ、一生天才とは呼ばれないのですから。

 

 

あらゆるものには磨くと輝くダイヤが隠されている。

磨けば光る。

 

人に必ず、その人にしかできないことがあり、魅力がある。

その魅力に気づき、その魅力を高め続けることで、他にない素晴らしいものになるはず。

 

そのため、私はこんなところが他の人とは違うんだなと感じたら、それを大切にしてください。

自分にしかできないことがそれを磨けば実現できるから。

 

スポンサーリンク


 

逆境に負けるな

 

人から批判されることを恐れてはならない。それは成長の肥やしとなる。

 

周囲の批判を取り入れて、その商品を良い商品を作り替えていくことで素晴らしいことが生まれることがある。

または、周囲の否定されるために、その否定を受け入れ、改善していくことで人間的能力の成長に繋がるという言葉なのかもしれない。

 

ですが、もしかしたら周囲の人間は常識という枠にとらわれた規格内の考えの見本であると捉えたのではないでしょうか。

新しい価値のある物をつくる成功者が一般の人の逆の行動をとるように、「~はできない」と聞いたら、それを実現する方法を考え動く。

これを繰り返すことで飛躍的な成長に繋げるための試練にしろと言っているのではないでしょうか。

 

 

困難な苦しいとき、私は気分を変え、人一倍働いた。

 

エジソンの人生は困難が多く逃げたくなるようなものでした。

子供の頃には学校から父親から「できないやつ」と言われ、その後には片耳がほとんど聞こえないようになってしまいます。

そんな環境にもかかわらず、発明家の道を進むが失敗続きだったそうです。

ですが、エジソンは諦めることなく取り組み続け、見事活路を見出しました。

その結果、問題があるときこそ、いつも以上に取り組むことこそが解決のいい薬になるということに気づいたということでした。

 

一般の人であれば、エジソンのような困難な状況で逃げ出してしまいたくなりますよね。

ですが、その問題を解決するにはその問題に取り組み続けることが最も有効な手段であるのです。

 

 

自分は12歳のときに事故で耳が聞こえなくなった。

13歳からは小鳥のさえずる声を聞いたことがない。

いまでは時おり二、三の言葉が聞こえる程度である。

しかし、悲観などしていない。

 

エジソンは少年時代に電車に乗り遅れそうになり、車掌に左耳を引っ張って引き上げてもらったそうです。

ですが、その後左耳が聞こえなくなってしまいました。

それから、もう片方の耳も徐々に聴力を失っていったそうです。

 

ですが、エジソンは挫けませんでした。

本来の欠点になりうるものを長所に変えてしまったのです。

それからというもの読書に没頭し、目から情報を得るようしました。

その後、発明された「蓄音機」、「電話」の発明、改良のきっかけになったのです。

 

このことから、自分が他の人より劣っていると感じていることがあったとします。

それが自分自身にしかない長所にする方法を見出すことが大切なのです。

 

スポンサーリンク


 

問題解決

 

もっともらしい考えの中に、新しい問題の解決の糸口はない。

様々なことを試しても成果があがらない。

そんな問題は、一般論でどうにかなる代物ではないのかもしれない。

そして、新しいことをしようとしようとしているのであれば、一般論で物事を考えても仕方がない。

エジソンはの主張した「常識を越えろ」という「叱咤激励は広範な知識があってはじめて可能になる」ことを前提としている。

 

そのことから、豊富な知識を保有し、様々な観点から考えられるようにしておくことが大切である。

 

 

失敗が重なったときは出発点に戻る勇気をもて。

時に人は引き返すことも大切です。

失敗が続いているということは根本的なことが間違えているのかもしれない。

そうであれば、それを継続しても前に進めることはない。

ですが、人は自分自身が時間をかけて積み上げてきたものを自分から壊すことはできないのです。

それをしてしまえば、それに費やした時間やお金がすべて無駄になってしまうと思っているからである。

なら、失うものだけに目を向けるのではなく、残るものに目を向けるようにしてください。

あとは自分の間違えを発見すれば、大急ぎで引き返せばいいのです。

 

 

仕事に障害や困難はつきもの。

それは人が風邪にかかるようなものだ。

エジソンは「正しい生活を続けていれば風邪が治るように、発明上の困難も正しい見通しと原則を維持すれば、多少の時間と労力が必要だが克服できるものだ」と言っています。

 

問題には対処する法則があり、それを理解していれば、その都度の失敗も少しの手間と時間をかければ解決する。

そのため、もしも、成功する体験をしたら、なぜ実現できたかを追求しておくことが大切です。

そうすることで、自分自身が人生でない遂げられる成功も増やすことができるでしょう。

 

 

ラクな道を歩もうとする人は多い。

ラクして儲けようとする人も多い。

需要と供給の関係から明らかなように、

そのような人には平凡な結果しか待っていない。

 

エジソンは「発明にも、発見にも、運や偶然はない」というのがエジソンの考え方でした。

何らかの成果があがったっているものは、それまでの努力の蓄積であったからで、それは必然だったんだということでした。

 

発明王と呼ばれるような方でさえ、圧倒的な努力により、運や偶然に思えてしまうような偉大なことを成し遂げられてきたんですね。

もっと言えば、今は何も成し遂げられていなかったとしても、これからひたすら努力を続けることでエジソンの100分の1ぐらいの功績を出すことができるのではないかと感じました。

 

スポンサーリンク


 

 

知性

 

読書は時間の節約になる。

エジソンはいつも周りの人に「新聞を読むように」と言っていたそうです。

その理由は、日々の新たな情報を取り入れる効率が良いのが新聞で、人の成長に欠かせない情報という栄養素を摂り込み続けなければならないという考えからです。

また、本のような本質をついた情報が手に入るもののように、本来自分が体験して学ぶものを本であれば効率よく学ぶことができる。

そうすることで、人生の中で達成できることが増えるということだと考えられます。

 

その時の読む本を選ぶときには作者にしか理解できないような本を選んではいけない。

物事の本質を捉えている作者が書いたわかりやすい本を選ぶべきだとも言っています。

 

 

多くの情報を短時間につめこもうとすれば、脳は委縮してしまう。

楽しみながら学ぶのがベストだ。

エジソンは「生きた知識を学ぶことが大切で、過去の亡霊を暗記しても意味がない」と考えていました。

ただ詰め込むだけの勉強では、なんの意味もなさない。

本物に接し、何かを成し遂げるための実用的な知識や技術を学ぶことが重要だということです。

そのためにも、楽しいという感情をもって学ぶことができなければならない。

 

 

首から下で稼げるのは一日数ドルだが、

首から上を働かせれば無限の富を生み出せる。

肉体労働や作業を業務にする仕事で稼げる金額は小さなものです。

ですが、頭を働かせてビジネスや技術を身に付け続けることで、可能性はどんどん広がっていきます。

ですので、考えることをやめてはいけません。

行動し続けることをやめてはいけません。

 

 

発想

 

人々の抱く不満のもとを知ることこそ、新たなビジネスの出発点である。

この世の中に出てくる新しい商品やサービスのほとんどが人の不満から生まれたものです。

電話は遠くにいる大切な人と話したかったからかもしれないし、洗濯機やテレビは家事をする女性方の時間と楽しみを増やすために作られたのかもしれない。

こういった、不便を解消するためだったり、自分自身が考えられる思いから新しいものは生まれてきたのです。

そのことから、新しいビジネスをするのであれば、世の中の人や自分が不満に思っているものを見つけるところから始めるべきなのです。

 

 

 

目的をもって記録を取れ。

自分はメモ魔に徹したおかげで、

命を救われたり、財産を築くことができた。

 

エジソンは子供の頃から自分の名前が入った博物館や記念館を作れれるような、社会に貢献できる人間になりたいと考えていました。

ですが、子供ながらそれにはどうすれば良いか分からなかったとのことです。

そこで、大人の話や自分が不思議だと感じたことをメモを取っていたそうです。

 

そんなエジソンがメモを取る重要性を説いています。

この名言は人から教えてもらった術、唐突に頭に浮かぶ発想の尊さを理解し、それを活かすことの重要性を気付かせてくれる名言ですね。

それが危険な状況を打開する知識となり、世のためになる大発明のきっかけになる。

 

 

幸せなことに気付く

 

母親の大切さを幼い頃に知ったのは、人生最高の発見だった。

エジソンは好奇心旺盛な少年でした。

ですが、小学校ではあまりにもたくさんの質問をするので、先生や周りの生徒に罵られることが多くありました。

そんなときには、強く弁護し、認めてくれたのが母の「ナンシー」でした。

その後、学校をやめさせ、二人で自宅学習を始めたのです。

 

その後、エジソンは世界一の発明家となりました。

エジソンは自分の「母の記憶は神の祝福に等しいものである」と言っていたそうです。

 

 

<5万円から始める投資FX>

 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ