ビックカメラ(3048)の株価・株式優待【総合利回りがいい感じ!】

経営状況

誰もが名前を聞いたことがあるほどの知名度の高い『ビックカメラ』。

 

そんなビックカメラが今月(8月)に株式優待の権利日がありますので、ここでは簡単に『優待の内容・参考指数・チャート』について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク



ビックカメラの株主優待はどんなモノ?

 

ここでは「ビックカメラに投資をするとどんな株主優待が得られるのか」について書いていきます。

業界では圧倒的な店舗数のあるビックカメラの優待が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

 

ビックカメラの株主優待の内容

ビックカメラの株主優待の内容は下の通りです。

 

2月末、8月末の半期毎に「1,000円分のお買い物優待券」を下記の株式保有数に応じて下の枚数進呈されます。

 

ビックカメラの株主優待は年に2度あります。

そして、その優待である「お買い物優待券」は下の店頭にて、お会計の際に使用することが可能です。

・『ビックカメラ』

・『ソフマップ』

・『コジマ』

 

また、下のネット通販サイトでも使用することができます。

 

ビックカメラは店舗数が多いことに加えて、ネットでも使えるというのは便利ですよね。

 

でも、店舗購入とネット購入では優待券の使用の仕方が変わってきます。

というのも、店舗購入であれば会計時に出せば、直接商品の代金から引かれる形になります。

ですが、ネットの場合は「商品購入後、郵送で優待券を郵送し、その額面分の金額が後日口座に振り込まれる」という少し面倒な仕組みになっているそうです。

 

ビックカメラの株主優待のお買物券はいつ届くの?

ビックカメラの株主優待の発送時期は下の通りです。

・2月末日分は「5月」

・8月末日分は「11月」

 

ビックカメラの株主優待の権利確定日から2~3か月程度で届く感じですね。

 

お買物券の「有効期限」は短いので注意

ビックカメラの優待券は有効期限が”半年間”です。

 

また、他の銘柄の株主優待でもらえる優待券と比べると有効期限が短いイメージがあります。

ですので、「2回分優待券を使おう」と考えている場合はかなりギリギリな使用になってしまうかと思いますので、有効期限には注意が必要になります。

 

スポンサーリンク


ビックカメラの『経営指標』的にどんな感じ?

 

次にビックカメラが公開しているデータで簡単に分析してみたいと思います。

 

ビックカメラの業績を確認する

まず初めに、ここでは簡単に利益面だけの業績確認を行っていきます。

引用:財務情報

上のグラフはビックカメラの財務情報から抜粋した年毎の『純利益』のグラフになります。

 

ここ最近は「右肩上がりに利益をあげてきている」イメージを抱かせるグラフになっていますね。

この堅実に「利益を上げていく大手」という印象はインカムゲインを意識した単元買いの投資家たちは安心できるのではないでしょうか。

 

そして、最も新しい今年2019年の8月期のデータは下のとおりです。

 

数年間順調に純利益を上げてきたビックカメラですが、今年は前年と比べると16.9%減という結果となりました。

ほかの競合他社も業績が下がっていることから、業界的に下がってきているということですかね…。

 

ビックカメラの参考指数を確認する

ビックカメラの株価に対する指標はどうなっているでしょうか?

引用:Yahooファイナンス

 

上は2019年8月20日12時38分のデータです。

 

そのときのビックカメラのPERは「10.69倍」になっています。

これは日本の上場企業の平均と言われている「15倍」を下回っており、間違いなく全体でみてPERは”割安”と言えます。

 

また、ビックカメラのPBRは「1.42倍」になっています。

一般的に「1.5倍」を基準にしても、PBRも”割安”寄りだといえるかと思います。

 

競合他社と比較しても普通

下がビックカメラの競合他社のデータなので、他社とも比較してみましょう。

・ヤマダ電機:PER「14.98倍」 PBR「0.69倍」(12:49時点)

・ケーズホールディングス:PER「9.75倍」 PBR「0.93倍」(12:51時点)

 

上の2つの競合他社と比較しても差があまりないことから、業界的にビックカメラの出している指標は一般的と言えるかもしれませんね。

 

「総合利回り」も素晴らしい!

ビックカメラの総合的な利回りもいい感じになっています。

 

1株配当は「20円」で配当利回りは「1.87%」になっています。

単元株である100株で考えた場合、1年間でお買物券が「3,000円分」もらえまして、優待利回りは「2.82%」とのこと。

なので、実質的な利回りとして「4.80%」になります。

 

むぅチャソ

全体でみても、このビックカメラの利回りはなかなか優秀だと言えるかと思います。

株式を所有するだけでこれだけの利回りがあるというのは嬉しいですよね。

 

スポンサーリンク


ビックカメラの『株価』はどんな感じ?

 

ビックカメラのチャートを確認してみましょう。

現在の株価は「1,069円(19/08/20 13:04)」になっています。

 

10年間の範囲のチャートを確認してみると、2013年中盤から上昇し始めています。

そして、それをきっかけに「2014年末」「2015年中旬」「2018年上旬」で押し目を作りながら高値を更新し続けている上昇トレンドになっています。

現在は「800円」のラインを下回らなければ上昇トレンドの押し目部分であるといえます。

 

ですが、移動平均線を確認してみると、上の10年間という範囲が広く反応の鈍いチャートでみてもデッドクロスをしています。

※狭い範囲のチャートでは下落向きのパーフェクトオーダーが成立してしまっています。

加えて、短・中・長の3本の移動平均線の角度が下方向に向いていることから、下落の勢いがまぁまぁ強いことが分かります。

 

なので、売買利益をメインに考えるボク的には現段階ではトレンドの転換も期待できない印象を受けるので、チャートを見た感じでは株式購入は見送るかなと思います。

 

スポンサーリンク


ビックカメラのまとめ

 

ビックカメラはグループ店舗数や売上高は業界でトップレベルの大手家電販売店運営会社です。

それだけに「信用している」「株式優待が欲しい」という方も多いかと思います。

 

そして、株式優待を受ける最低投資金額も他の銘柄と比べると低いこともあり、優待のみを目当てに「単元で投資してもいいかな」と思わせる銘柄になっているかと思います。

 

ですが、上での書きましたが、利益を年々上げているものの、株価的な意味では少し参入しづらい銘柄になってしまっているのも事実かと思います。

 

ですので、現段階ではボクだったらキャピタルゲインではなく、毎年の優待狙いで単元買いをする銘柄だと思っています。

※個人的な見解が含まれていますので、ご自身の判断し、責任をもって行ってください。

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント