バイク王(3377)の株主優待・業績・株価【業績は赤字!?】

経営状況

オートバイ買取専門店「バイク王」を全国展開する『バイク王&カンパニー』。

バイク王は有名芸能人を起用したテレビCMで知名度はとても高い企業となっています。

 

そんな『バイク王&カンパニー』が今月(11月)に株式優待の権利日があるということですので、ここでは簡単に『優待の内容・業績・株価チャート』について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク



バイク王&カンパニーの株主優待はどんなモノ?

 

ここでは「バイク王に投資をするとどんな株主優待が得られるのか」について書いていきます。

 

バイク王&カンパニーの株主優待の内容

バイク王の優待は年1回(11月)で単元(100株)を保有している株主は

バイク1台につき1万円割引優待券

を受け取ることができます。

 

下はバイク王の優待を受け取った方々のツイートになります。


むぅチャソ

バイクを購入予定の人にはお勧めの優待ですね。

しかし、バイクに興味がない人には正直、意味のない優待になってしまいそうですね…。

 

「総合利回り」は?

バイク王の総合的な利回りはどんな感じなのでしょうか?

長期の株式投資を考えている方はここの部分が気になりますよね。

 

バイク王の配当は1株当たりの配当が「4円」で配当利回りは「2.08%となっています。

 

また、単元株である100株(現在の1株あたり株価は「192円」)ですから、バイク王の優待利回りはバイク購入時に使える「10,000円分」の優待券がもらえ、優待利回りは「52.08%になります。

 

ですので、バイク王の実質的な利回りは「54.16%となります。

 

スポンサーリンク


バイク王&カンパニーは業績的にどうなの?

 

次にバイク王が公開しているデータで簡単に分析していきます。

 

バイク王&カンパニーの業績を確認する

バイク王の業績を確認してみましょう。

下は2015年~2019年の業績を表したグラフになります。

引用:業績ハイライト

上のグラフをみて一目瞭然ですが、ここ数年の業績はマイナス期が多い状態です。

大抵は第4四半期で巻き返し、黒字にもっていっている状況ですね。

※業種的には年末に伸びるのは当然ですが…。

 

そして、下は最新の決算短信になります。

引用:決算短信

上は2019年11月期第3四半期(8月31日まで)の決算短信でして、前年の同月と比べると業績が回復しているように思えます。

売上高は「+1.2%」、当期純利益は「+65百万」という結果となっています。

 

むぅチャソ

ここまで業績がマイナスになり続けているのはなかなか投資対象に見ることは難しいかもですね…。

業績的には回復しているように思えますが、今後このまま業績を伸ばしていくかは微妙なところではあるような気がします。

 

バイク王&カンパニーの参考指数を確認する

引用:yahooファイナンス

現時点のバイク王のPERは「26.82倍」になっています。

これは日本の上場企業の平均と言われている「15倍」を若干上回っていることから、全体でみたらPER”割高と言えます。

そして、バイク王が属する業種『卸売業』の東証一部上場でのPER平均は「25.83倍」ですから、”業界から見ても割高”といえるかと思います。

 

また、バイク王のPBRは「0.69倍」になっています。

PBRは「1倍」を下回れば割安といわれていますので、それと比較するとPBRは”割安だといえますね。

業種的に在庫などで資産が大きくなる傾向にありますから、納得のいくPBRだと思います。

 

スポンサーリンク


バイク王&カンパニーの『株価』はどんな感じ?

 

下の株価チャートはバイク王の直近5年間(2019/11/01 15:00時点)のチャートになります。

 

引用:SBI証券

バイク王の株価は下落方向に動いている感じですね。

 

2014年末から2015年末は「300円」のラインを上に抜けようと相場が動いていました。

しかし、2016年に入る時には下落していき、「225円」のラインで一度反発されるものの、2016年中旬にはそのラインを抜け、次に「200円」で反発を繰り返す状況になっています。

 

その後、「200円」と「225円」の間でレンジ相場となっています。

そのレンジを2018年中旬でブレイクしました。

 

2018年末には「175円」から「150円」まで一気に下落しますが、すぐにその相場は回復します。

 

そして、現在では「175円」と「200円」の間でレンジを組んでいる状況となっています。

 

 

今後の相場の動向ですが、「200円」のラインを上に抜ける可能性が高いと考えています。

というのも、2019年に入ってから、「200円」のラインに迫る上ヒゲの長いローソク足がいくつもできているからです。

これは相場が上向きになる兆候であることが多いのです。

 

しかし、このラインで反発することもあるので注意が必要です。

過去に「200円」のラインが抵抗となり、長期間レンジ相場であったことから、このラインは抵抗が強いことは容易に理解でき、反発をされるされる可能性があるかといます。

 

ですので、ボクがもしバイク王に投資をするのであれば、「200円」のラインを抜けてから上昇の勢いが強いようであれば、買いでいくかと思います。

※業績が不安定なのでそもそも投資はしませんが…。

 

スポンサーリンク


バイク王&カンパニーのまとめ

 

本記事のバイク王の内容のまとめは下のとおりです。

・11月の優待内容は単元(100株)で「バイク購入時に1万円分割引される優待券」で利回りは「52.08%」となっています。

・業績はここ最近では持ち直していますが、少々不安定気味である。

・株価は下降トレンドから上昇方向に向かっており、現在は「200円」のラインに迫っている状況である。

 

バイク王の優待はバイクを購入予定の人には嬉しい内容となっています。

※バイク購入予定のない方は無駄になりそうな内容ですが…。

 

そんなバイク王のここ数年の業績はあまり良いとは言いづらい業績となっていますが、2019年度は持ち直しているように思えます。

そして、株価は長期的な下落トレンドとなっていましたが、現在は上向きとなっており、強い抵抗を持つ「200円」のラインに迫っている状況です。

 

ですので、バイク王に投資を行う際は上のことを踏まえて、自己責任で判断してみてください。

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント