アース製薬(4985)株主優待・業績・株価【業績が大きく回復・第3四半期決算発表で株価が一気に上昇!】

経営状況

殺虫剤など衛生薬品の製造・販売をおこなう日本の日用品製造メーカー『アース製薬』。

アース製薬の商品として、蚊を退治するための「アースノーマット」、オーラルケアである「モンダミン」などは誰もが一度は使ったことがあるのではないかと思います。

 

そんな『アース製薬』が12月に株式優待の権利日があるということですので、ここでは簡単に『優待の内容・業績・株価チャート』について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク



アース製薬の株主優待はどんなモノ?

 

ここでは「アース製薬に投資をするとどんな株主優待が得られるのか」について書いていきます。

アース製薬の株主優待の内容

アース製薬の優待は年2回(6月・12月)です。

そして、優待内容は…。

自社製品詰め合わせ

 

そして、その優待の内容は株式保有数と保有期間に応じて変わります。

『6月』の優待情報

〇100株~999株:

・3年未満:2000円相当

・3年以上:3000円相当

〇1000株以上:

・3000円相当

 

下は6月の優待を受け取った人のツイートになります。

『12月』の優待情報

・100株以上:2000円相当

 

むぅチャソ

アース製薬の優待は実用的ですね!

普段の生活で使えるモノばかりなので主婦の方はうれしいんじゃないでしょうか!

 

「総合利回り」は?

アース製薬の総合的な利回りはどんな感じなのでしょうか?

長期の株式投資を考えている方はここの部分が気になりますよね。

 

アース製薬の配当は1株当たりの配当が「100円」で配当利回りは「1.75%となっています。

 

また、単元株である100株(現在の1株あたり株価は「5,730円」)ですから、アース製薬の優待利回りは「2000円相当(年2回)」ですから、優待利回りは約「0.69%になります。

 

ですので、アース製薬の実質的な利回りは「2.44%となります。

 

スポンサーリンク


アース製薬の業績はどんな感じ?

 

次にアース製薬が公開しているデータで簡単に分析していきます。

アース製薬の業績を確認する

アース製薬の業績を確認してみましょう。

下は2014年~2018年の5年間分の業績を表したグラフになります。

引用:業績ハイライト

上のデータを見ると、2018年の利益は赤字になってしまっています。

売上はこれまでどおり年々増加してきていますが、利益面はひどいことになっています。

2018年の決算短信を確認しても、前年当期比では利益面は全てマイナスになっていました。

 

その理由として株主説明会資料によると主力事業である国内虫ケア事業で「豪雨・台風・酷暑など想定外の天候不順による打撃」によるものだと説明しています。

 

次に2019年第3四半期の最新の決算短信を見てみます。

引用:決算短信

前年が酷かった分、利益面は大きく回復しています。

前年当期比では売上高は「+4.9%」、営業利益は「+48.4%」、純利益は「+75.1%」といった感じになっています。

 

アース製薬の参考指数を確認する

引用:Yahooファイナンス

現時点のアース製薬のPERは「231.80倍」になっています。

そして、アース製薬が属する業種『化学』の東証一部上場でのPER平均は「16.0倍(先月のデータ)」ですから、”業界で見たら14倍以上で途轍もなく割高”といえるかと思います。

 

また、アース製薬のPBRは「2.67倍」になっています。

このPBRも業界平均であれば「1.2倍」ですから、”業界的には2倍以上割高”といえるかと思います。

 

スポンサーリンク


アース製薬の『株価』はどんな感じ?

 

下の株価チャートはアース製薬の直近5年間(2019/11/22 15:00時点)のチャートになります。

引用:SBI証券

アース製薬の株価は2019年8月での第3四半期の発表付近で一気に上昇しています。

 

2013年3月から「3000円」のラインを上に抜けてから上昇トレンドに入っている「アース製薬」。

2015年時点では「4000円」を若干下回っている状況でした。

 

そこから2015年上旬に「4000円」を超え上昇しますが、2016年2月に再度そのラインを下に抜けようとしています。

しかし、その時は跳ね返され、支持線が「4500円」に切り替わります。

その後すぐに、2017年2月には「5000円」を上に抜け、勢いよく上昇していき、2017年7月には一時的に「6500円」に達しています。

 

どの銘柄の相場でも言えますが「急激な上昇後は急激な引き戻しがある」でして、どんどん下落してきます。

その下落では2017年9月末「5000円」付近まで下落し、それ以降はそのラインを軸にレンジ相場が続いている状況となっています。

 

ですが、ここ最近で急展開がありました。

それは2019年8月の第3四半期の発表日付近から一気に株価が上昇しています。

8月上旬では「4500円」ほどでしたが、現在11月25日は「5730円」となっています。

 

前年2018年の業績は赤字でしたが、今年は第1~第3四半期は全て利益はプラスとなっています。

前年は業績が悪かった分、この一気に業績が回復した状況に魅力を感じた投資家も多かったのかなと思っています。

 

スポンサーリンク


アース製薬のまとめ

 

本記事のアース製薬の内容のまとめは下のとおりです。

・12月の優待内容は単元(100株)保有で「自社製品詰め合わせ」となっている。

・前年2018年の業績は悪かったが、今年2019年の第1~第3四半期は業績が回復している。

・今年2019年の第3四半期の決算発表日付近で一気に株価が上昇している。

 

殺虫剤などの日用品を扱う『アース製薬』に単元で投資を行うと「2000円相当の製品詰め合わせ」を受け取ることができます。

その優待利回りは「0.69%」というものになっています。

 

そんなアース製薬の業績は業績が悪かった前年と比較すると大きく回復しており、その影響か現在の株価は勢いよく上昇している状況だったりします。

 

ですので、こういったことを踏まえてアース製薬に投資を行うかを自己責任で判断してみてください。

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント