EPSとは【株式投資で重要な指標の計算の仕方&活用方法を解説】

経営状況

企業に投資を行う際に参考にされる『EPS』。

EPSはどのように計算され、どんなときに値が変動するのかといったことを本記事で紹介していこうと思います。

 

ぜひ、株式投資において基本的な知識なので、ぜひ覚えてみてください。

 

スポンサーリンク



EPSとは

 

まずはじめに「EPSとは何なのか」について書いていきます。

 

EPSとは

『EPS』とは下の略です。

・Earnings:利益

・Per:~あたり

・Share:分割する

 

つまり、EPSとは”1株当たりの利益”のことを指しています。

この1株あたりの利益である”EPSが大きければ、それだけその企業は収益性が高い”ということになります。

このEPSはシンプルに「企業がどれぐらい稼いだか」ではなく、企業の規模も含めた評価としてみることができます

 

例えば、「大手有名企業の年間の利益が10億」なのと、「ベンチャー企業や中小企業の年間の利益が10億」なのでは話が変わってきます。

大手企業の年間の利益が10億円であれば「それしか儲けがないのか…手をひいたほうがよさそうだ」と投資家たちは考えるでしょう。

ですが、従業員が数人であるにも関わらず10億円もの儲けを出したとなれば、「収益性の高い事業を行っている企業だ!これからも伸びるかもしれない」とどんどん株は買われていくでしょう。

 

企業の規模を判断する1つの基準として『発行済み株式数』があります。

大手企業で上場してから期間が経っていれば、株式を増やす(株式発行)ことを検討されていることが多いです。

というのも、企業は株主から資金を調達し、新たな事業や規模を大きくすることを考えますから、企業の規模に応じて発行済み株式数も多いことがほとんどなのです。

 

そういった企業の規模を表す数字も組み込んだ『EPS』は投資を判断する際にとても重要な指標の1つなわけです。

 

そして、そんな『EPS』が高ければ高いほど、投資家から好印象になるといえるのです。

 

EPSの計算方法

EPSの計算方法は下のとおりです。

『利益』÷『発行済み株式数』=(EPS)

 

EPSは利益を発行済み株式数で割った値になります。

ここでいう『利益』とは経費やら税金などを差し引いた手元に残るお金(当期純利益)のことを指します。

 

EPSの確認の仕方

企業のEPSの確認は『Yahooファイナンス』などを使って簡単に確認することができます。

 

※上の画像はソフトバンクのデータです。

 

基本的には「(企業名)+(株価)」とかでググれば、大体上のようなYahooファイナンスのページに行きつきます。

そして、ページの下のほうに進むと『参考指標』という欄があります。

 

 

上の『EPS』がここでいうところの値になります。

 

スポンサーリンク


EPSが増加するときは?

 

『EPS』が増加すると「企業の事業がうまくいっている」という印象を投資家に与えるため、その企業の株式は買われやすいと説明しました。

 

では、EPSはどんなときに増加するのかについて書いていきます。

主に下の2つになります。

1.利益が上がる。

2.発行済み株式数が減る。

 

EPSの計算式から考えたらすぐに理解できるかと思います。

『利益』÷『発行済み株式数』=(EPS)

 

上の計算の答えの値を高めるには「分子の利益を大きくする」か、「分母の発行済み株式数を小さくする」かですからね。

 

ここでは上の2つについて、少し詳しく書いていきます。

 

利益が上がる

企業が成長して経営状況が上向きになったり、知名度が上がり自社サービスのユーザーが増えることで、売り上げが上がり、利益も上がりますからEPSの値は大きくなっていきます。

 

また、事業でした借金などの支払いをしている企業なんかは、その負債の返済が終わることで、手元に残るお金が多くなったりして、利益が増えることもあり、その際もEPSの値が増加します。

 

発行済み株式数が減る

 

EPSはシンプルに「利益を上げて増加する」と書きました。

ですが、どの企業も「利益を上げよう!」と考えて、企業の収益を自由に上げられるモノではありませんよね。

 

そういう場合は”企業の発行済みの株式を減らす”ことでEPSを高め、1株当たりの利益を引き上げる試みをする企業も多いです。

そして、その方法が『自社株買い』です。

企業自身が自社の株を抱えることで、その分、市場に出回る株式数は減ります。

そうなれば、EPSの計算式の分母である「発行済み株式数」を減るわけですから、1株あたりの利益を上げることができますわけです。

 

企業からしたら、利益を上げようとして上手に利益を上げることは難しいですが、「自社株を買う」ことはできますから、どの企業も自社の思うようにEPSを動かすことができるといえるかと思います。

 

下の記事に簡単な「自社株買いを発表した企業の探す方法」を紹介しているので、参考にしてみてください。

『自社株買い』を発表した企業の見つけ方【探し方・株式投資の際の注意点も解説します!】
企業の株価に影響を与えたり、株主・投資家の印象を変える『自社株買い』。人によっては「この自社株買いを狙って投資をされる」なんて方もいたりします。そこで本記事では『近々実施される自社株買いを見つける方法』について書いて...

 

スポンサーリンク


株式投資でのEPSの活用方法

 

ここでは、EPSのとらえ方について書いてきます。

 

事業がうまくいっているかの指標としてみる

EPSは一目で「その企業の事業がうまくいっているか」を確認できる指標です。

 

当たり前のことですが、EPSは「1株あたりの利益」の値が用いられることから、利益が上がればEPSもあがりますから、結果、資金を使って事業がうまくいっているといえます。

 

有意義な増資をしているかの見極めができる

EPSの動きを観察することで「計画を持って増資をしている企業なのか」が分かることがあります。

 

企業は新規事業や規模拡大などを理由に『増資』をすることがあります。

そのとき、株式を発行して資金を集めますが、そうするとEPSの数値は下がります。

 

そして、株式発行後、「利益を上げEPSを上げることができれば、有意義な増資を行っている」といえますし、逆に「株式の希薄化を招いてしまっている場合は資金をうまく事業の成長に繋げることができていない」と判断することができるといえます。

※もちろん、例外もありますが。

 

株主からしたら、その企業に投資したわけですから、利益を上げて、株式の価値や配当などを大きくして利回りを増やしたいわけです。

なので、「自分たちが投資した資金がどれだけ効率的かつ意味のある使われ方をしているかを知る」という意味でもEPSを確認されるわけです。

 

なので、企業に投資する際はEPSを必ず確認するようにしましょう。

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント