元気寿司(9828)の株価・株主優待【業績予想では減益が目立ち株価下落に拍車がかかっている…】

経営状況

回転寿司チェーン「元気寿司」、100円均一の低価格回転寿司「魚べい」、中級価格の回転寿司「千両」などの店を展開している国内で5本の指に入る『元気寿司』。

また、2017年の9月にスシローとの統合で回転寿司チェーン界で注目を集めた企業でもあります。

 

そんな『元気寿司』が今月(9月)に株式優待の権利日があるということですので、ここでは簡単に『優待の内容・業績・チャート』について書いていこうと思います。

 

気になる方はぜひ読んでみてください!

 

スポンサーリンク



元気寿司の株主優待はどんなモノ?

 

ここでは「元気寿司に投資をするとどんな株主優待が得られるのか」について書いていきます。

 

元気寿司の株主優待の内容

3月末、9月末の半期毎に

「500円分の優待券」

が株式保有数に応じて下のように枚数進呈されます。

株式保有数に応じた優待内容は下の通りです。

 

優待内容・100株以上~500未満:1500円分

・500株以上~1000株未満:7500円分

・1000株以上:15000円分

 

ちなみに単元額は現在(2019/09/13 15:00)で「285,000円」になります。

 

「総合利回り」は?

元気寿司の総合的な利回りはどんな感じなのでしょうか?

長期の株式投資を考えている方はここの部分が気になりますよね。

 

1株配当は「30円」で配当利回りは「1.05%になっています。

 

単元株である100株で考えた場合、1年間で優待券が「3,000円分」もらえまして、優待利回りは「1.05%になります。

 

なので、実質的な利回りとして「2.10%になります。

 

スポンサーリンク


元気寿司の業績はどんな感じ?

 

次に元気寿司が公開しているデータで簡単に分析していきます。

 

元気寿司の業績を確認する

元気寿司の業績を確認してみましょう。

下は2016年~2019年の3月期の業績を比較したグラフになります。

引用:業務情報

上のグラフを確認しても分かるように増益が途轍もなく伸びていますね。

2019年3月期のデータを見ると、前年と比べて売上高は若干良くなっている状態ですが、当期純利益は倍以上伸びています。

 

そして、下は最新の決算短信になります。

引用:2020年3月期 第1四半期決算短信

2019年の業績の伸びと打って変わって、大きく減益すると予想されています。

売上高は「5.5%」増収していますが、当期純利益は「-45.1%」と減益した値となっています。

 

 

元気寿司の参考指数を確認する

引用:Yahooファイナンス

現時点の元気寿司のPERは「22.67倍」になっています。

これは日本の上場企業の平均と言われている「15倍」を上回っていることから、全体でみたらPER”割高と言えます。

そして、元気寿司が属する業種『小売業』のPER平均は「23.6倍」ですから、”業界から見て若干割安”といえるかと思います。

 

また、元気寿司のPBRは「2.87倍」になっています。

PBRの基準は「1.50倍」と言われており、それと比較するとPBR的には”割高だといえるかと思います。

 

スポンサーリンク


元気寿司の『株価』はどんな感じ?

 

下の株価チャートは元気寿司の直近5年間(2019/09/13 15:00時点)のチャートになります。

引用:SBI証券

2014年末から2017年中旬までは「2000円」を支持線に完全に横ばいとなっていることが分かります。

ですが、その2017年中旬から上昇しはじめ、半年も経たないうちに倍の「4000円」のラインを上に抜けるほどの上昇を見せました。

これは2017年9月29日の「スシローと元気寿司が経営統合する方針を固めた」ことがきっかけとなっています。

しかし、数か月で下落で引き戻されて「3000円」を下に抜けてしまいました。

 

ですが、2018年7月31日で株価が「6000円」のラインを上に抜けるほどの急騰があり、この理由が公開された下の「平成31年 第2四半期の業績予想が上方修正」が理由だといえます。

引用:第2四半期(累計)及び通期業績予想の修正に関するお知らせ

上を見ると売上高が若干増収し、四半期純利益が倍以上も上方修正していますね。

 

ですが、この急騰も少し時間が経ち落ち着きはじめ、下落の勢いが強まりました。

加えて、2019年6月18日に「スシローと元気寿司は経営統合は断念した」と発表され、その下落に拍車がかかる形となりました。

 

最終的には現在の株価は「3000円」を下回っている状況です。

 

スポンサーリンク


元気寿司のまとめ

 

本記事の元気寿司の内容のまとめは下のとおりです。

・9月の優待内容は単元であれば「500円分の優待券」で保有株数に応じて、その額が変わる。

・業績は年々増収・増益を続けてきており、2019年3月期の業績では当期純利益は前年と比べても倍以上伸ばしている。

・現在の株価チャートは下落の勢いが強く、「3000円」のラインを下に抜けた状況になっている。

 

元気寿司は回転寿司チェーン「元気寿司」、100円均一の低価格回転寿司「魚べい」、中級価格の回転寿司「千両」などの店を展開している企業です。

 

また、2017年の9月にスシローとの統合で回転寿司チェーン界で注目を集めた企業でもあります。

 

そんな元気寿司の業績は2019年までであれば右肩上がりに好調ではありますが、業績予想で減収・減益が予想されていたりします。

こういった理由に加えて、スシローとの統合がなくなったなどの投資家の期待を削ぐような結果となってしまい、現在の株価は下がりつつあります。

 

寿司は外国でもまだまだ戦っていける分野でもありますので期待はできそうではありますが、株価がどこまで下落するか(2000円に迫るのか)といった部分を考慮して投資を自己責任で判断してみてください!

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント