江崎グリコ(2206)の株主優待・業績・株価【株価は下落していくのか】

経営状況

ポッキーやアイスの実など知名度の高いお菓子の製造を行っているお菓子大手メーカー『江崎グリコ』。

ポッキーなんかは誰もが絶対に人生で1回は食べたことがあるんじゃないでしょうか!

 

そんな有名なお菓子を作る『江崎グリコ』が今月(9月)に株式優待の権利日があるということですので、ここでは簡単に『優待の内容・業績・チャート』について書いていこうと思います。

 

気になる方はぜひ読んでみてください!

 

スポンサーリンク



江崎グリコの株主優待はどんなモノ?

 

ここでは「江崎グリコに投資をするとどんな株主優待が得られるのか」について書いていきます。

 

江崎グリコの株主優待の内容

江崎グリコの優待は9月末に

自社グループ商品

が株式保有数に応じて下のように枚数進呈されます。

 

株式保有数に応じた優待内容は下の通りです

優待内容・100株~499株:1000円相当

・500株~999株:2000円相当

・1000株以上:4000円相当

 

ちなみに単元額は現在(2019/09/16 15:00)で「475,000円」になります。

 

「総合利回り」は?

江崎グリコの総合的な利回りはどんな感じなのでしょうか?

長期の株式投資を考えている方はここの部分が気になりますよね。

 

1株配当は「60円」で配当利回りは「1.26%になっています。

 

また、単元株である100株で考えた場合、江崎グリコの優待利回りは「1,000円分」もらえまして、優待利回りは「0.21%になります。

 

ですので、江崎グリコの実質的な利回りは「1.47%となります。

 

スポンサーリンク


江崎グリコの業績はどんな感じ?

 

次に江崎グリコが公開しているデータで簡単に分析していきます。

 

江崎グリコの業績を確認する

江崎グリコの業績を確認してみましょう。

下は2016年~2018年の業績表になります。

引用:財務情報

上のデータを見ると、若干の減収・減益がみられます。

上のデータは3年分ですが、中で最も新しい業績である2018年が最も悪くなってしまっていますね。

 

そして、下は最新の決算短信になります。

引用:2019年12月期 第1四半期決算短信

上のデータだと2019年3月期は前期より若干悪い業績になっています。

そして、12月期の業績予想はその3月期よりも売上高は「+0.6%」と微増となり、四半期純利益は「-16.8%」ということになっています。

 

江崎グリコの参考指数を確認する

引用:Yahooファイナンス

江崎グリコのPBRは「1.48倍」になっています。

PBRの基準は「1.50倍」で「1倍」を下回るととても割安といえますので、それと比較するとPBRは”妥当数値であるといえるかと思います

 

スポンサーリンク


江崎グリコの『株価』はどんな感じ?

 

下の株価チャートは江崎グリコの直近5年間(2019/09/16 15:00時点)のチャートになります。

 

引用:SBI証券

上の株価チャートを確認してみると、「5000円」のラインで何度も跳ね返されているのが印象的ですね。

 

2014年下旬時点で「4000円」を上に抜けるチャレンジをしており、年末にはそのラインを上に抜けています。

その後、きれいな押し目を作りながら上昇していき、2015年中旬にはピークである「7000円」に達しています。

 

そののち下落し、それ以降は2015年中旬から2019年の6月までは「6000円」と「5000円」の間でレンジ相場になっています。

※これだけ長期的なレンジであることから「5000円」のラインは途轍もなく強い支持線である。

そして、2019年6月に「5000円」を下回り、現在に至ります。

 

次に簡単に今後のチャートの推移についてです。

「5000円」のラインでは長期的に何度も下に抜けるチャレンジをして、そのたびに跳ね返されています。

つまり、それだけ下に抜けようとする売りの勢力と、上昇させようとする買いの勢力の力が拮抗し、現在は売りの勢いが勝ったというわけです。

 

ですので、持論ですが今後は下向きにチャートが動くと考えていたりします。

もしも、「5000円」のラインを上に抜けた場合は再度レンジ相場になると予想できます。

 

スポンサーリンク


江崎グリコのまとめ

 

本記事の江崎グリコの内容のまとめは下のとおりです。

・9月の優待内容は単元であれば「1,000円相当の江崎グリコ商品」となっている。

・業績は売上高・純利益はともに落ち込み気味である。

・現在の株価チャートは抵抗の強い「5000円」のラインを下回り、今後は下落する可能性が高いと考える(自論)。

 

江崎グリコはポッキーやアイスの実など知名度の高いお菓子の製造を行っているお菓子大手メーカーです。

そんな江崎グリコに投資を行うと、年間「1000円相当の自社商品」を受け取ることができますが、その優待利回りは「0.21%」と少々物足りない感じになっています。

 

江崎グリコの業績は落ち気味でして、最新の決算短信では2019年12月期の業績予想ではは3月期よりも売上高は「+0.6%」と微増となり、四半期純利益は「-16.8%」となっています。

 

そして、江崎グリコの株価ですが、「5000円」を支持線にした長期的なレンジが崩れ、現在はそのラインを下回っている状況です。

このことから、それだけ抵抗の強いそのラインを下に抜けたということは市場は下向きである可能性が高く、今後は下落するのではないかとボクは予想しています。

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント