ヤフーがZOZOを買収した理由【会見ではeコマース事業の拡大が目的と説明しています】

経営状況

2019年9月12日に「Yahoo!がZOZO社を買収する」と発表がありました。

 

その際、ZOZO元社長『前澤友作』氏は下のようなツイートをされています。


前澤氏といえば、今年初めに『1億円お年玉』を行い、とても注目を集めた人物ですよね!

なので、ZOZOのことは知っているけど、きっとほとんどの人が「ヤフーがZOZOを買収したんだ」といったフワッとした認識でいる方も多いかと思います。

そんな方のために簡単に『ヤフーはなぜZOZOを買収したのか、ヤフーは今後何を考えているのか』について書いていこうと思います。

※ここで書く内容は2019年9月12日に行われた会見の内容が元となっています。

 

ぜひ、興味がある方は最後まで読んでみてください!

 

スポンサーリンク



ヤフーがZOZO社を買収する理由

 

結論を簡単に言うと、ヤフーがZOZO社を買収する理由は…。

”eコマース事業を一気に伸ばすため”

なんです。

 

eコマースとはeコマースとは日本語で言うと『電子商取引』となります。

簡単に言うとネットショップやオンラインオークションなどのネット上で決算や取引を行う形態のことを指します。

 

ヤフーの事業はこれまでは広告事業を行っていましたが、今後は収益の多層化を行うために『eコマース(EC)事業』を大きくしていこうとヤフーは考えたわけです。

ですが、現在はアマゾンや楽天よりもネット通販業界では遅れをとっており、若年層(得に若い女性)のユーザーを取り込むファッション分野での強化を模索していたところだったという。

そこで、ファッション通販サイトである知名度の高い『ゾゾタウン』やファッションコーディネートアプリ『WEAR』を運営する若い世代のユーザーの多いサービスを手掛けているZOZO社を買収することで、このeコマース事業の一気に拡大しようということを考えたのです。

 

そして、ZOZO自体も今年の3月期の業績が2007年の上場以来初めての減益となっていることに加えて、株価も低迷しており、上のヤフーの思惑と全社長の前澤氏が会社を手放すきっかけという部分で一致したことにより、今回の買収が成立したといえるかと思います。

 

そして、ヤフーがZOZO社を買収したらどうなるかというのは主に下のようになると考えているとのこと。

・ZOZOTOWNをECモールに出店させる。

・EC事業の購入者数・取扱高・営業利益の大幅な伸びを期待できる。

 

ヤフー自体は現在『Yahooショッピング』などのECサイトを運営していますが、ここでの利用者の年齢層は30代・40代が中心になっているそうです。

これではネットを積極的に活用している若年層のユーザーが少ないといえますから、そこでゾゾタウンの抱えているユーザーが重要になってくるといえるのです。

というのも、若年層のユーザーが多い『ゾゾタウン』を取り込むことで、若い世代のユーザーの獲得を狙っていくというのがヤフーの考えの1つなんだそうです。

 

そして、下が会見で話されたZOZO社を買収するにあたって4つのポイントです。

引用:日経経済新聞

 

以降は、会見で話された4つのポイントについて書いていこうと思います。

簡単にまとめますので、時間がない方はぜひ読んでみてください。

 

スポンサーリンク


ZOZOTOWNをECモール(PayPayモール)に出店させる

引用:日経経済新聞

現在、多くの方が利用しているであろう電子決算サービス『PayPay』。

最近ではスーパーやコンビニなどPayPayを対応させているお店が多く、現金を持たない・お会計の時に手間取らなくて便利と評判が高いサービスとなっています。

※もちろん、PayPayに登録するとポイントがもらえるという理由で始めた方も多いかと思います。

 

そんなPayPayはソフトバンクとヤフーで合弁により設立した企業が運営しており、ヤフーに関係の深いサービスといえます。

そのPayPayで利用者向けのプレミアムモールという位置付けで「PayPayモール」という仮想モールを立ち上げるとのことで、そこの複数あるカテゴリーの1つ「ファッションカテゴリ」でゾゾタウンに入ってもらう前提で契約を結んだんだそうです。

 

むぅチャソ
ゾゾタウンが現在扱っているブランド数は7000以上でして、加えて若年層のユーザーを獲得できるというのですから、PayPayモールは初動としてはなかなか盛り上がりそうですよね!

 

スポンサーリンク


ヤフーやソフトバンクといった情報通信の力を使って、ゾゾタウンへの送客を行う

引用:日経経済新聞

ヤフー関係の企業の総力を挙げZOZOに送客を行う。

また、ZOZOの既存ユーザーとヤフーの既存ユーザーを行き来させることで、相互の利用者を増やし、かつ購入者数を増やし収益を上げる。

 

『Yahoo!』『PayPay』『SoftBank』といった多くのユーザーを抱える企業が総力を挙げて、ZOZOの魅力を知ってもらい、ZOZOの収益を爆増させていくと会見では話されていました。

 

また、ヤフーのマスメディア的な情報を取得するユーザー約5000万人、ゾゾにはコアで何度も購入してくれるユーザー800万人がおり、その相互の行き来により顧客基盤の拡大が見込めると考えているそうです。

 

スポンサーリンク


EC事業の取扱高(物販)を爆増させる

引用:日経経済新聞

サービスの中で扱う金銭『取扱高』を大きくしていく。

これはつまり、ヤフーは今回の提携により利用者の数を大きく増やしていくことであり、2020年前半でアマゾン・楽天を追い抜くと宣言した。

 

ヤフーは2013年の『eコマース革命』以降、eコマース事業は飛躍的にしており、2018年時点ではその倍の「1兆8,700億円」まで取扱高を拡大しています。

また、ZOZOもともに取扱高は右肩上がりとなっています。

※取扱高とは…「企業の活動や提供サービスの中で扱われた金銭の総額」という意味になります。例えば、1000円の商品を売って利益が100円だとしたら、100円が売上高、1000円が取扱高となります。

eコマース革命とはヤフーが2013年10月に『売り手ファースト』といった売り手側の「無料+自由」を掲げたのがeコマース革命である。

 

・Yahooショッピングの「毎月の出店料」「システム利用料」ともに”無料”とする。

・ヤフオクでは「毎月の出店料」「出品時の手数料」「買い手の入札」をすべて”無料”とする。

・Yahoo予約 飲食の「予約成立時サービス利用料」を”無料”とする。

・Yahooショッピングは「顧客へのメール送信」「自社サイト送客」に制限をなくす(自由)。

 

そして、会見では2015年に1000億円で買収して成功した事例としてトラベル企業『一休』とのシナジー効果があげられていました。

もともとYahoo自体はトラベル事業を行っており、その事業と『一休』の取扱高は共に伸びており、その伸びの合算の大きさは4年間程度で約1.9倍となっているそうです。

これはヤフーと一休が相互的に送客と商品の連携がうまくいったことによる結果だと考えているそうです。

 

こういったことから得られたノウハウを活かして、今回のZOZO社との資本契約後も同様に取扱高と収益を伸ばしていくことを期待しているんだそうです。

そして、2020年前半には「アマゾン」や「楽天」を抜き、eコマース事業で国内No.1を狙っていくと会見では話されていました。

 

スポンサーリンク


eコマース事業の営業利益も爆増

引用:日経経済新聞

今回の資本業務提携で営業利益は「ヤフー+ZOZO」と合算させただけで、前年の1.8倍にもなる。

 

今回の資本業務提携により、今後はヤフー関連会社とZOZO社でシナジー効果の効かせ、さらに売上高・営業利益ともに伸ばしていくとのことでした。

 

今年に関してはシナジーを利かせなくても、eコマース事業の営業利益は伸びていることもあり、今年度(2019年)のヤフーとZOZOで営業利益を合算すれば、前年度よりもeコマース事業の営業利益は1.8倍になるとしています。

そして、今後はこの状況に加えて、ヤフーやPayPayとのシナジー効果も加えることで、どんどん営業利益も大きくできるとふんでいるそうです。

 

スポンサーリンク


まとめ

 

本記事で書いた「ヤフーがZOZO社を買収する理由」を簡単に言うと…。

ヤフーは今後は広告収益の他にeコマース事業を大きくしていこうと考えている。

だから、高い知名度があり、今後の企業方針にピッタリなZOZOから売却の話が来たから乗った。

という感じだと思います。

 

この資本業務提携に関してネット上では「前社長の前澤氏の私利私欲のために行ったもの」なんていう不確かな情報が流れていますが、この会見を見る限りそれはなさそうです。

特に多かったのが「前澤氏の抱える多額な借金で首が回らなくなった」という理由からZOZO社の株を売ったみたいな噂ですね。

 

この噂に対して前澤氏は下のようなツイートをされています。


むぅチャソ

自社の将来を考えた「社長を降りる」という一大決心をされたのにも関わらず、何も知らない無関係のネット民や記者から妄言を吐かれるのは、相当前澤氏的にも悔しいでしょうね…。

創業してから21年間もの間、社長をつとめてきて愛着のある会社を「借金が返せないので会社売りまぁ~す!」なんてことはないでしょうからねw。

 

なので、会見で話された「eコマース事業を大きくしていく」という理由がヤフーがZOZO社を買収した理由だと、何も知らないボクら一般人は捉えるだけど留めておきましょう!

 

ZOZO(3092)株主優待・業績・株価【ヤフー買収・前澤の社長退任で株価は上昇中です】
国内では最大手のファッション通販サービスを提供している『ZOZO』。『前澤友作』氏の印象が強かったきぎょうですが、今月の9月12日にヤフーに買収されるとともに、前澤氏の社長退任で今最も注目を集めている企業だったりしますよね。...
ホリエモンが語る「今後のZOZO前社長前澤友作とヤフー」について
2019年9月13日にホリエモンこと『堀江貴文』さんのYouTubeのチャンネルでZOZO社と前社長『前澤友作』氏について話されていました。本記事ではその動画であるYouTubeにアップされた『ヤフーによるZOZO買収の背景を話しま...

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント