ZOZO(3092)株主優待・業績・株価【ヤフー買収・前澤の社長退任で株価は上昇中です】

経営状況

国内では最大手のファッション通販サービスを提供している『ZOZO』。

 

『前澤友作』氏の印象が強かったきぎょうですが、今月の9月12日にヤフーに買収されるとともに、前澤氏の社長退任で今最も注目を集めている企業だったりしますよね。

 

そんなZOZOのが今月(9月)に配当・株式優待の権利日があるということですので、ここでは簡単に『優待の内容・業績・チャート』について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク



ZOZOの株主優待・配当はどんなモノ?

 

ここでは「ZOZOに投資をするとどんな株主優待・配当が得られるのか」について書いていきます。

 

ZOZOの「株主優待」の内容

実はZOZOは残念ながら株主優待はありません

ファッション関連の企業としては珍しいと思っています。

むぅチャソ

他のファッション関連企業は「○○%の割引券」「○○○円の優待券」だったりと商品を買ってもらったり、サービスのユーザーを増やすための試みが行われていることが多いです。

ですが、ZOZOはそういった方法はとっていないということなんですね!

 

ZOZOの「配当金」はどれくらい?

ZOZOは3月と9月に配当が受け取れます。

 

2019年のZOZOの配当金は第二四半期は「14円」、第四四半期は「10円」となっています。

また、2020年に関しては第二四半期は「12円」、第四四半期は「18円」となっています。

 

2020年の配当金で考えてみると1株当たり「30円」で配当利回りは「1.20%ということになります。

 

スポンサーリンク


ZOZOの業績はどんな感じ?

 

次にZOZOが公開しているデータで簡単に分析していきます。

 

ZOZOの業績を確認する

ZOZOの業績を確認してみましょう。

下は2015年~2018年の4年間分の業績表になります。

引用:業績ハイライト

上の表を見てみると取扱高と売上高ともに年々右肩上がりとなっていることが分かります。

しかし、2018年の当期純利益に関しては前年と比べると「-20.7%」と大きな減益となってしまっています。

この減益は創業当時から17年間で初めて減益となったこともあり、株価は一時大きく下落しました。

 

そして、下は最新の決算短信になります。

引用:2020年3月期 第1四半期決算短信

2019年3月期の時点では、前年より売上高は増収となっていますが、四半期純利益に関しては「-24.7%」減益となってしまっています。

ですが、業績予想の部分では2020年3月期はその減益を巻き返し、2018年の3月期の業績を上回ると発表していますね。

 

むぅチャソ

2018年の業績と最新の決算短信をみてみると、「売上高が上がっているのに営業利益が下がるという状況は経営方針に問題があるのではないか」と傍からみたら思うのではないでしょうか。

こういったこともあり、前澤氏の経営方針に対して異議を唱える関係者も増えたのではないかと思ってしまいますね。(憶測)

この状況をどうヤフーが立て直すのかが今後楽しみなポイントですよね!

 

ZOZOの参考指数を確認する

引用:Yahooファイナンス

現時点のZOZOのPERは「33.85倍」になっています。

これは日本の上場企業の平均と言われている「15倍」を上回っていることから、全体でみたらPER”割高と言えます。

そして、ZOZOが属する業種『小売業』の現在のPER平均は「23.0倍」ですから、”業界から見ても割高”といえるかと思います。

 

また、ZOZOのPBRは「30.72倍」になっています。

PBRは「1倍」を下回れば割安といわれていますので、それと比較するとPBRは”とても割高だといえますね。

 

スポンサーリンク


ZOZOの『株価』はどんな感じ?

 

下の株価チャートはZOZOの直近5年間(2019/09/27 15:00時点)のチャートになります。

引用:SBI証券

2015年時点では「1,000円」以下の株価でした。

ですが、2年半もの時間をかけ上昇していき、2017年中旬には「3,500円」に達しています。

※『ZOZOスーツ』の無料発送を発表したのは11月22日になります。

 

その後「3,500円」のラインでもみ合いになっており、2018年の3月期の決算短信での減益の発表により、「2,500円」付近まで下落しています。

しかし、そのあとは一気に上昇していき、2018年中旬には一時的に「4,500円」に達しています。

その後すぐに下落していき、2018年10月には社名を『ZOZO』に変更して会社を心機一転という形で悪い流れを断ち切れると思いきや、それでも勢いよく下落していってしまいます。

その下落により、株価は2019年に入るときには「2,500円」を下回ってしまいました。

 

それからも、2019年3月期の通算業績の予想を下方修正するなど業績が予想以上に悪くなっているということを周知する形となってしまいました。

 

その結果、今月(2019年9月12日)のヤフーがZOZO社を買収、加えて前澤氏の社長退任までの状況となってしまったわけです。

その買収発表直後は1日で株価が「2,200円 → 2,500円」と急上昇しました。

ですが、2500円付近で横ばいになっている状態が現在となります。

このZOZO買収について詳しく知りたい方は下の記事を読んでみてください!

 

ヤフーがZOZOを買収した理由【会見ではeコマース事業の拡大が目的と説明しています】
2019年9月12日に「Yahoo!がZOZO社を買収する」と発表がありました。その際、ZOZO元社長『前澤友作』氏は下のようなツイートをされています。先ほど適時開示しましたが、ヤフーさんとZOZOは資本業務提携する...
ホリエモンが語る「今後のZOZO前社長前澤友作とヤフー」について
2019年9月13日にホリエモンこと『堀江貴文』さんのYouTubeのチャンネルでZOZO社と前社長『前澤友作』氏について話されていました。本記事ではその動画であるYouTubeにアップされた『ヤフーによるZOZO買収の背景を話しま...

 

スポンサーリンク


ZOZOのまとめ

 

本記事のZOZOの内容のまとめは下のとおりです。

・ZOZOは残念ながら優待はない。

・業績は売上高は増収となっているが、2019年3月期は前年に比べて大きく減益している。(業績予想は上向きとなっているが…)

・現在の株価は9月12日のヤフーの買収と前澤氏の社長退任により上向きとなっている。

 

日本で最大手のファッション通販サイトを運営している『ZOZO』。

今月はヤフーがZOZOを予定では『4000億円』で買収する予定であることを発表し、さらに前澤氏の退任ということで投資家たちから注目されている企業だったりします。

ですが、逆に中には前社長である『前澤友作』という人物の印象が強かった企業ですから、「今後のZOZOは勢いがなくなる」と考える方々もいたりします。

 

ボク自身も「ヤフーの子会社になることで、ZOZOが埋もれてしまうんじゃないか?」と考えていたりします。

もちろん、今後は現在勢いに乗っているソフトバンクとヤフーで創設した『PayPay』が新しく立ち上げる『PayPayモール』という仮想モールのファッションカテゴリーにZOZOが入ることで、より集客送客ができ、収益が見込めるかもしれません。

これに関しては、PayPayモールが実際に動いてみないとわからないので、憶測を立てるのはよしておきましょう。

 

ぜひ、今後のZOZOの成長を楽しみにしていきましょう!

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント