PERとは【株式投資で重要な指標の計算の仕方&活用方法を解説】

投資

企業に投資を行う際に参考にされる重要な指標『PER』。

 

本記事では「PERの計算仕方・活用方法」について書いていきます。

 

ぜひ、株式投資において基本的な知識なので、ぜひ覚えてみてください。

 

スポンサーリンク



PERとは

 

PERとは…。

企業が1年間に稼ぐ1株あたりの純利益の予想金額が現在の株価に対して何倍なのか

ということです。

 

この”純利益の予想”というのは四半期決算ごとにある企業からの業績報告によって変化することがあります。

 

上にも書いた”予想”というのは株主に対して「自社は1年間でこれぐらい稼ぐ予定です」といった企業の予想した数値を扱うということです。

ですので、予想は確実ではありませんから、1年間の初めに「100億の純利益を出します」とその企業は予想を立てたとしても、中間決算時に「思いのほかうまくいかなかった…」ということから、この1年間に稼ぎ出す純利益の予想を下げる『下方修正』ということが生じることが多々あります。

 

なので、四半期決算の時期が近付いてきたらPERの値もしっかり確認しておくようにしたほうが良いです。

 

PERの計算方法

 

PER=『株価』÷『1株あたりの純利益(EPS)』

 

この計算式からわかるように、分子である『株価』の数値が上がるとPERの値も上がります

また、計算式の分母である『EPS』の数値が小さくなると、PER自体の数値が引き上げられます

 

そして、一般にPERが高いと利益に比べて株価が『割高』、低ければ『割安』であるといわれます。

 

『EPS』については下の記事に詳しく説明しているので参考にしてみください。

EPSとは【株式投資で重要な指標の計算の仕方&活用方法を解説】
企業に投資を行う際に参考にされる『EPS』。EPSはどのように計算され、どんなときに値が変動するのかといったことを本記事で紹介していこうと思います。ぜひ、株式投資において基本的な知識なので、ぜひ覚えてみてください。...

 

純利益の出し方

ここではPERの計算式で出てくる『純利益』について書いていきます。

企業は自社のサービスを提供したり、商品を売ったりして”1年間の『売上高』”を出します。

その売上高から人件費や商品を作る時の費用などの経費コストを引いた金額が『営業利益』が出ます。

銀行などから融資という形でお金を借りているのであれば、営業利益から借金の利息を引いて『経常利益』を出します。

最後に経常利益に課せられる税金を引いくことで『純利益』を出すことができます。

 

この純利益が最終的に企業のお金として次期に使える資金となるわけです。

 

1株当たりの純利益

株式会社は法律上、企業が出した純利益や企業が持っている資産は”すべて株主のモノ”だとされています。

そして、「株主がもらう権利のある純利益の割合」は下のとおりです。

 

また、その1株当たりの純利益(EPS)は投資をする上で重要な指標になっており、計算の仕方は下の通りです。

EPS=『利益』÷『発行済み株式数』

 

スポンサーリンク


PERの使い方

 

ここでは基本的なPERの使い方について書いていきます。

主に下の2つです。

 

・業界の平均PER・同業他社と比較する

・過去のPERと比較する

 

業界の平均PER・同業他社と比較する

復習になりますが、PERとは”企業が1年間に稼ぐ1株あたりの純利益の予想金額が現在の株価に対して何倍なのか”です。

 

ですので、1株当たりで作り出される純利益が高いほうが投資家にとっては嬉しいわけで、それは株価により近いほうが企業の運営の仕方としては理想的といえるわけです。

つまり、「PERの値は小さい(割安)ほうがよい」というわけです。

 

そして、このPERを業界の平均値と照らしあわせ、かつ企業同士で比較することで、その企業は投資家にとってどれだけメリットの高い銘柄なのかがわかるようになるというわけですね。

 

市場や業種が違えば、PERの平均値も変わってきます。

ですので、それぞれの業界での平均を出して基準を作ってから、同業種・他業種を比較してみるといいかと思います。

 

過去のPERと比較する

日本の上場企業の平均PERは15倍だと言われています。

なので、この数値を基準に投資を検討している企業の過去のPERを比較することもできます。

 

・前回:10倍 → 今回:15倍(割高になる可能性がある)

・前回:15倍 → 今回:10倍(※割安かも)

※株価が高くなったわけではなく、資産を売って利益を得た場合は割安ではない。

 

成長が見込める企業には投資家たちも将来性を感じ、投資家たちが投資することで株価が上昇するし、PERも上昇します。

ですが、ここで注意しないといけないのが、土地などの固定資産を売却したことで一時的にPERが下がっていることもあり、それを割安だと勘違いしてしまわないように注意すべきです。

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント