サラリーマンにおすすめなネットを使って在宅でできる副業を紹介!

サラリーマンにおすすめなネットを使って在宅でできる副業を紹介!

 

「副業したいけど何をしていいか分からない」

「会社の給料が低いから副業を検討している」

 

こんな考えを持たれている方は実際にかなり増えてきてます。

副業に関して、最近では企業側も関心を持たれるようにもなってきました。

 

そもそも、副業ができない、していない状況というのは、雇われる側からしてみたら、とてもリスクが高い状況だと考えています。

なぜなら、会社の給料が減ったり、リストラなど意図せず働けなくなったときに無防備な状況を作り出してしまうからです。

 

そして、個人で稼げる時代に「稼がない選択」をするというのはあまりにも勿体ような気がします。

周囲の人間が副業をし始めているのに、自分だけ何もせず過ごしていくと、そこで収入に差ができてしまい劣等感を味わうことになりかねないといえます。

 

ですので、本記事では

”なぜ副業をしたほうが良いのか”

”副業にはどういうものがあるのか”

といった2点について説明していこうと思います。

 

実体験も織り交ぜてできるだけ、わかりやすく説明をしていこうと思います。

ぜひ、最後まで読んでいただければと思います。

 

スポンサーリンク

1つの収入源に依存するのは
生きづらい

 

一般の人は会社員として働かれているかと思います。

もちろん、その場合は会社からの給料を1つを収入源としているかと思います。

 

現在、それで満足できるだけの時間の過ごし方と収入が得られている方もいらっしゃいるかと思います。

ですが、ほとんどの方が、「やりがい」もしくは「お金」の面で不満があるかと思います。

 

20代は独身だったり、同世代との収入面で差が出にくいことから、あまり不満に思わないかもしれません。

ですが、30代になると、優秀な方であれば会社での立場も高くなる人も出てくることから、相手との収入の面で劣等感に悩まされる方も出てくると考えられます。

 

そして、会社にいることで自分の人生を会社に捧げるといった、「会社を重要視する」ようになる方もいらっしゃいます。

 

そうなれば、会社で理不尽なことを言われようと、嫌な思いをしようと「辞める」という選択肢を失うことになりかねません。

 

そのため、自分が嫌な思いをしようが、生きづらいと感じながら、日々を過ごすことになることが多いのです。

 

 

収入源を増やせば
嫌な選択をしなくても良くなる

 

「会社に行きたくないけど、行かないと生きていけない」なんて考えている方も多いかと思います。

そういった考えをするしかない自身の状態に問題があると考えています。

 

ですが、下記の1か月の収入配分だとしたらどうでしょうか?

 

A:収入(30万円)=会社(30万円)

 

B:収入(30万円)=会社(20万円)

 +フリーランス(5万円)+ネット(5万円)

 

どちらとも1か月の合計収入は同じ金額です。

ですが、異なる点は収入源の数です。

 

このご時世、20代で手取りで30万円を給料としてもらうのも厳しいです。

そして、会社の給料は一定金額まで達すると優れた人でない限り、一生その給料でい続けることさえあるのです。

 

なにより、会社で理不尽なことが起きようとも、仕事を苦痛に感じようが一生やり続けなければいけない状況になってしまうこともあります。

「会社を辞めたいけど、ほかに自分を雇ってくれる企業はないだろうな…」と考えてしまえば、なおさら一生同じ環境で同じ理不尽なことに耐えなければならないのです。

 

 

ですが、収入源を増やしておけば、「給料は安いけど自分に合った仕事を選択できる」といった考えを持つことができます。

いくら1か月の給料が少なくても、毎日を充実させることができるのであれば、生きがいも沸いてくるというものです。

 

また、会社の給料は増えなくても、自分の努力次第で収入を上げられるというのも重要なポイントです。

生活できるだけのお金を稼ぎながら、自身で稼げるようになれば、そもそも個人で生きていくこともできることから、さらに嫌な選択をしなくても済みます。

 

このことから、収入源を複数持つことで、今よりももっと充実した人生を送れるということになります。

 

スポンサーリンク

 

現状で満足できるのは独身者だけ

 

平成28年度の厚生労働省の調査」によると、日本人の全体所得の中央値は428万円となっています。

シンプルに労働者の中間の年齢は42歳あたりと考えれば、その年齢まででやっと年収428万円になるということです。

 

この金額だと健康保険や所得税などの税金関連の支払いを除くとボーナスを含めての1か月の収入は28万円程度になるかと思います。

 

この収入で満足できるのは独身の方だけではないでしょうか?

独身であれば、少し贅沢な生活を送ることもできますが、家庭を持てばそうも言ってられないのが現状だと思います。

 

共働きでも生活をしていこうと考えているかもしれませんが、お子さんができれば、奥さんは一定期間子育てなどで働けなくなります。

そして、現在産休体制が整っている企業が増えてきているにしろ、まだまだ女性が復帰しやすい環境とは言いづらいのが現状です。

 

そうなれば、安易に共働きすればよいなんていう考え方は危険かもしれませんよね。

その考えができるというのであれば、それなりの正確な理屈を提示していただきたいものです。

 

ですので、これからの人生お金に困りたくないのであれば、複数の収入源を用意し、努力すれば収入が上げられる状況を作っておくことが大切だといえます。

 

 

複数の収入源を得るためには

 

会社以外での収入の得かたが分からない方が大勢いらっしゃるかと思います。

そして、そういう方は「会社以外に収入の得かたなんてない!」と考えている方も多いかと思います。

 

それは”個人でお金の稼ぎ方を知らない”からだといえます。

そりゃ、他の稼ぎ方を知らなければ、その人からしたら他の稼ぎ方がないのと一緒なわけですから、そう考えてしまうのは当然です。

 

ですので、私は経験上、下記の3つを実践することで収入源を増やすことができると考えています。

 

  • 知る
  • 学ぶ
  • 実践

 

これだけだと、「なんのこっちゃ…」と考えてしまうかもしれません。

 

簡単に説明すると、何か新しいことをする上で必要なフェーズだと考えていただければと思います。

この考え方は下の記事でも紹介していますが、成功者の行動習慣ともいえる「知覚動考」がベースになっています。

 

 

まず、初心者が初めに必要なのが、上記の3つだと考えているのです。

 

  • 「知る」はビジネスや副業にどんなものがあるのかを調べて知るということです。
  • 「学ぶ」は調べて見つけたものを形にするためにやり方を学ぶということです。
  • 「実践」は悩まずに行動に移すということです。

 

これらを徹底して行えば、確実にあなたに合った収入源を見つけることができると考えています。

 

スポンサーリンク

 

収入源にどういうものがあるのか

 

実際に私が実践してみたモノから調査した結果から知った収入の得かたをご紹介したいと思います。

私の考えですので、もしかしたら低評価でもあなたにあった収入源かもしれません。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

せどり[★]

よく初心者の方でもできる有名な副業「せどり」。

簡単に説明すれば、「安く仕入れて高く売る」といった作業でお金を稼ぐ方法ですね。

 

安く仕入れる方法には「ドンキホーテ」などのディスカウントストアなどの特売や掘り出し物を狙って仕入れという方法があります。

また、現在では海外の商品、つまり輸入商品をネットで注文して仕入れる方法などがあります。

 

こういった商品を「アマゾン」や「メルカリ」などで個人対象に売るのが現在では主流となっています。

 

実際に私もメルカリを利用してモノを売ったことがあります。

下は私が実際にメルカリでモノを売った売上利益画面です。

 

メルカリを使ってみた感想は「すぐにモノが売れる!」といった良い点でした。

それだけ購買意欲のある利用者が集まるネットサービスはありませんから、かなり「せどり」向きのフリマアプリだといえます。

 

 

このせどりですが正直真っ当な方法で売買をするのであれば問題はありません。

ですが、在庫を持たずに「注文が入ったら仕入れる」といった注文から購入者に届くまでに時間がかかる行為はメルカリでは禁止されていたりします。

そのため、何も知らずに転売などをして規制に引っかかってしまわないに注意しなければならないということです。

 

ですが、それができれば輸入商品でネットで安く仕入れたものを10倍以上で売りさばくような方もいらっしゃいますから、なかなか稼げるかもしれませんね。

 

ですので、時間をとられても良く、こういった細かい作業が好きな方には合っている稼ぎ方かもしれませんね。

 

 

ちなみに私は下の本を参考にせどりを始めました。

 

 

アマゾンでの売り方から、出品した商品を売れるようにする方法など、せどりに必要な知識が詰まった本となっています。

私に関しては、せどりを始めた当時はせどりについて全くの無知でしたので、「こういう方法があるんだ!」「こうすれば良いのか」といった気づきを与えてくれた本でもあります。

 

この本で書かれている内容を知ることで、企業のサービスの活用方法から売り方までの基礎を得られたといっても過言ではありません。

 

私のようにせどりのことを全く知らない方にはオススメな本だと思います。

 

 

自作でモノを売る[★]

 

「自分で作ったものを販売する」ということです。

現在では趣味で始めた「アクセサリー作り」で収入を得ている方もいらっしゃいます。

 

そういう方は安い材料から魅力的な商品を作り出し、大きな収入を得ている方がたくさんいらっしゃいます。

 

基本的には、こちらも個人を相手にすることがほとんどらしく、「minne」などのハンドメイド作品を売るサービスを利用されているとのこと。

 

こういった収入の得かたは高い技術が要求されるので、誰にでもできるとは言いづらいといえます。

ですので、個人でそういった自作でモノを作ることに興味がある方は挑戦してみても良いかもしれませんね!

 

また、こういう個人にモノを売るという考え方は新しいビジネスを生むことに繋がると考えているため、何か専門技術を持たれている方は「自分の能力を売る」という考え方をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

フリーランス[★★]

 

最近ではフリーランスといった個人で仕事をこなし、収入を得ている方もいらっしゃいます。

それが容易にできるようになったのは「クラウドワークス」といったクラウドソーシングサービスを提供する企業ができたことよるものです。

 

そして、現在のアメリカではITエンジニアの3分の1はフリーのエンジニアとして働いているのが現状です。

そのこともあり、日本で徐々にフリーランスとして働く方が増えてきています。

 

こういった企業と個人が繋がりやすい社会になりつつあることから、フリーランスとして仕事を熟していくことは後々のあなたの働き方に影響を与えることとなるでしょう。

 

ですので、個人で稼ぎたいと考えている方はぜひ、一度挑戦してみてください。

 

下の記事を読んでいただくと分かるのですが、とても簡単に案件に取り組むことができちゃいます。

 

 

ですが、専門的な技術や知識を持たれていない方は収入を得る効率が悪いかもしれません。

このフリーランスは専門的な技術、例えばプログラミングなどのスキルを持っている方は実現しやすい稼ぎ方だといえます。

もちろんデータ入力やライティングなどパソコンが使えれば、誰でも稼ぐことができますが、そういう案件は単価が低かったりします。

ですので、初めから簡単にある程度の収入が得られると考えないようにしたほうが良いかと思います。

 

その代わり、継続していけば知識と実績が積まれていきますので、どんどん収入を上げられるようになるとも言えます。

 

 

ネットビジネス[★★★]

 

ネットビジネスとは言葉通りネットで収益を上げる仕組みを構築するということです。

ネットビジネスで有名なのが「アフィリエイト」や「googleアドセンス」などの広告料をもらうということです。

 

企業の商品を宣伝して商品をセールスするアフィリエイトはうまく仕組みづくりを行えば、月に何百万円も稼ぐことの夢ではありません。

 

 

出典:https://pub.a8.net

 

実際にアフィリエイト広告を扱っている「A8.net」では最高金額が1か月で1000万円以上の方もいらっしゃいます。

まぁこういう収入は事業化している個人ではなく企業がほとんどなので、この数字はあてにならないかもしれませんね。

 

ですが、実際にアフィリエイトで働かなくても生活しているブロガーさんの方々もいらっしゃるようなので、サイトを作りこむ価値はありそうですよね。

上手くいっているブロガーさん方は月に10万円程度であれば、容易に稼げるとおっしゃっているので、収入源を増やす方法としてはもってこいですよね。

 

 

実際に本サイトのほかに複数のサイトを運用していますが、簡単にサイト運営ができてしまいます。

「サイト運営 始め方」などでググれば、すぐに参考になるサイトが見つかると思います。

 

そして、サイト運営を長期的に行うのであれば、「エックスサーバー」のようなサーバーを借りて運用したほうが将来的には良かったります。

たまに無料ブログで始める方もいらっしゃいますが、そういった無料ブログは制約が厳しく、広告が貼れなかったり、デザインにこだわれなかったりと不便を強いられる可能性が高いです。

 

また、無料ブログはたくさんの方が様々な内容のサイトを書かれていることから、サイト全体に悪影響な内容を書き、利用者のサイトまでgoogleの悪印象を与えてしまい、あなたが運営するサイトまでペナルティーを食らうこともあります。

 

ですので、「エックスサーバー」で独自ドメインを作り、サイト運営をしたほうが安心できるかと思います。

 

 

そのほかにもyoutubeで動画を配信したり、アプリケーションを作ってリリースしたりと様々なネットビジネスがあります。

 

サイト運営の始め方が分からないという方は下の記事で詳しく解説しているので興味がある方はぜひ初めて見てください。

 

 

 

投資[★★★]

 

「お金を使って、お金を稼ぐ」の代表的な方法「投資」。

 

投資をしていたことで、セミリタイアをして、好きなことをして過ごす生き方を実現させている方がたくさんいらっしゃいます。

正直、投資でうまくいき、20代のうちに自由に過ごされている方も大勢いらっしゃいます。

 

実際、私も投資に打ち込んだことで今では嫌な仕事はしない選択ができるようになっています。

 

ですが、これは結果論にすぎず、投資でうまくいくのそう簡単でなかったりします。

 

私は現在、「仮想通貨」「為替(FX)」「株式投資」の3つの投資を行っています。

ですが、この状況を作るのに2年間以上時間を費やしました。

 

私の場合は結構時間がかかったほうかもしれませんが、それでも実際費やしたのは事実です。

 

 

私が投資を始めたのはそれなりの理由があって始めています。

「若い人ほど投資を始めたほうが良い」という言葉を聞いたことはないでしょうか?

 

これは30代などお金に余裕ができる世代が「投資をもっと早く初めておけばよかった」と感じていることから言われる言葉だといわれています。

 

 テンチューズ
テンチューズ
知恵は金よりも尊し

 

上の記事でも紹介していますが、「マネックス証券」で調査した投資家の全体の8割が「若いうちに投資を始めておけばよかった」と後悔されているという結果となりました。

 

その理由として、「お金に余裕ができてから学ぶのでは遅い」と感じていたり、「若いうちから経済に関心を持てる」などの早い段階で学べたはずだと後悔されているからだそうです。

 

これは「結局投資に行き着くのであれば、早めに始めておいたほうがいいよね」っていう話なんだと思われます。

 

ですので、投資に興味を持たれている方はできるだけ早く初めておいたほうが、後々の後悔が小さくて済むかと思います。

 

 

では、実際に私が取り組んでいる投資について簡単に説明していきたいと思います。

 

為替(FX)

 

私は初めに取り組んだ投資は「為替(FX)」でした。

サラリーマン時代に会社から帰ったらすぐにパソコンに向かって経験を積みまくって、半年後あたりで月に数万円の収益を上げられるようになりました。

その時は5万円から始めたので、まとまった収益が挙がるまでそれだけ時間がかかりましたが、それなりに資金がある方はそんなに時間はかからないかもしれませんね。

 

FXがサラリーマンにおすすめな投資といわれることが多いですが、その理由は24時間の取引が可能だからなんです。

昼間働かれている方がほとんどだと思うので、夜間に取引が完結できる投資のほうが利益が上げやすく安心できますよね。

 

それに加えて、5,000円から5万円程度の少額で取引が始められるので、貯金の余力資金で投資が始めれるというのもメリットだといえます。

 

 

「投資は難しいもの」とお考えの方に言いたのですが、FXはとても取引が簡単です。

 

下が実際にFXで使うチャートとなります。

このチャートを見て分析を行い、「注文タイミング」と「買いまたは売り」を判断します。

 

そして、下がスマホでの注文画面となります。

注文画面がシンプルな取引所が多いのでスマホをリモコン代わりにして、注文を入れるようにしています。

 

 

ちなみにFXに興味がある方は下の記事で初心者でも簡単にできる手法をご紹介しています。

また、取引所が決まっていない方は私も使っている安定した取引所「DMM FX」を使えば、まず間違いありません。

 テンチューズ
テンチューズ
知恵は金よりも尊し

 

 

また、まずはリスクを抑えて小額でFXを始めたいという方は、5,000円から始められる「外為オンライン」の口座開設から取引を始めるまでの開設をしていますので、FXを始めたい方は下の記事を読んでみてください。

 

 

 

株式投資

 

投資の代名詞とも呼べる「株式投資」。

基本的に多くのビジネスで成功されている方がこぞって投資をするのが株式投資だったりします。

 

昔は資金面で敷居が高いと言われていた株式投資でしたが、現在では1株単位で買えるものを増えてきたので始めやすいと思います。

ですが、リアルタイムでの取引は「9時から15時」までとなりますから、会社員の方は夜に注文を入れることしかできません。

 

 

私の場合は、FXで稼いだ資金で株式に投資し始めました。

この株式投資も予想していたよりも取引が簡単で、ネット時代様様ですね。

 

ですが、株式は取引では、買いたい人と売りたい人がマッチしなければ自分の思い通りの価格で注文できない「オークション方式」がとられています。

そのため、決算のタイミングを逃すと自分が保有している銘柄の買い手がいなくなったり、想像以上に低い価格で売らなければいけなくなってしまうので、タイミングが命といっても過言ではありません。

 

ですので、始めるのであれば、それなりに株式の分析ができるようになってからにしたほうが良いかと思います。

 

 

仮想通貨

 

2017年話題になっていた「仮想通貨」。

2017年には「億り人」という言葉が使われるぐらい、投資的な意味で魅力を感じている方も多いかと思います。

そして、チェックコインによる不祥事以降、一時的に価値が低下したものの、勢いを取り戻してきた現在。

 

そんな仮想通貨に投資する価値があると考えています。

 

 

上の記事でも書いていますが、2018年4月の1か月間の間で価値が倍以上になっている仮想通貨もあります。

一時は価値が底をついたところから、徐々に価値が上昇していきました。

 

その結果、4月の初めでその仮想通貨を購入された方は結構利益を挙げているのが現状です。

ちなみに私も4月の初めに「イーサリアム」という仮想通貨を購入して持ち続けているので、結構いい感じに利益が上がっている状況です。

 

正直、仮想通貨に関してはそのイーサリアムを手数料の安い「Zaif」で長期保有しているだけなんですけどね。

 

それでもハイリスクハイリターンの仮想通貨に投資をすることでまだまだ利益が上げられそうだと感じています。

ですので、まずは小額で試しに仮想通貨に投資してみたはいかがでしょうか?

 

 

将来お金に困りたくなければ
副業は必須

 

正直、これからずっと会社に依存して収入を得続けるのはリスクが大きいと考えています。

そして、個人で稼げる時代にわざわざ会社の給料が上がるのを待つのも得策とは言えません。

 

これは私だけの考えではなく、ビジネスなどの自分で稼ぐ方法を知っているほとんどの方がそう考えるかと思います。

そう考えない方は会社で働いてお金をもらう稼ぎ方しか知らない、もしくはそれらの可能性を信じることができない方のどちらかだといえます。

 

ですが、こういった方は間違いなく「損した…」と感じる方が多いと思います。

仮想通貨の可能性にいち早く気づき、「あの時、仮想通貨に投資しておけばよかったな…」と乗り遅れたことを後悔されている方が多いように、知ったその時に行動に移さなかったことに苦しむことになります。

 

それなら、そういったチャンスを逃さないためにも、周囲の人間が始めるのを待つのではなく、先駆けて行動に移すようにするべきだと考えます。

そうすることで、何度もチャレンジしているうちに1つはヒットして、稼げるようにもなるかもしれませんので可能性を信じて行動に移してみてください。

 

それでも、人生を楽しめるように副業を頑張ってみてください!

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ