求められる希少性の高い知識とは – 手軽に情報が手に入るからこそ考えるべきこと

つぶやき

 

スポンサーリンク



教科書通りの知識はもう必要とされない時代に

 

現代では、ある程度のことは

 

ネットで調べれば分かってしまう時代です。

 

「ネットで調べて分からないことはない」と言われるようになった現代では中途半端な知識を役に立たないものはありません。

 

特に追及する努力もせず教科書どおりの専門知識程度で働いている人の存在理由がなくなってしまうわけです。

 

これから技術が発展すれば、もっとネットを介して知りたい情報が手に入る時代になりますから、もっと存在理由がうすまるわけですよね。

 

 

では、どうするべきなのか。

 

それは一般の人ができないほどの専門性でかつ、応用を利かせた実用性の高い知識を得なければならないということになります。

 

 

必要とされる知識とは

 

これからの時代に求められる情報とは、より希少性の高いものだったりします。

 

つまり、一般の人では手に入らないような知識や情報が求められるということですね。

 

 

現在、幅広く知識を得て満足されている人は基本的には廃れていきます。

 

口だけの表面上のみの知識で提案してくるコンサルタントもどきだったり、キャリアだけ積んだ技術の低いエンジニアだったり。

 

コンサルタントやファイナンシャルプランナーなどの資格がなくてもできてしまう、業務独占ができない知識を売る職業なんかは、相手に対して有益な情報や高度な働きができなければ、別に必要とされないわけです。

 

ちょっとディスリになりますが、私は参加したことはありませんが、プロブロガーと呼ばれる人たちが開催しているブログ収益を得るためのセミナーなんかは、友人の話やネットの情報を確認しても行く意味が全く分からなかったりします。

 

結局最終的には「継続力が重要」「SNSで集客する」といった誰でもわかる結論に至るからです。

 

 

詰まるところ、表面的な知識や情報なんてどうでもよくて、具体的で役に立つ知識を求めているわけです。

 

コンサルタントなら、あなたがもしも経営者であれば、事例並べて満足して帰らないで、企業や個人らの状況を考慮した具体的で実用的な経営アドバイスがほしいですよね。

 

ファイナンシャルプランナーだって、あなたがお金に困っている状態で相談しに行ったのに、ただ家計のお金に関する計算して、「お金の使い方に気をつけましょう」なんていう、「そんなの知ってるわ(´・ω・`)」と思える情報だけじゃなくて、社会保障などの国の制度やら無駄な支出の具体的な下げ方などが知りたいですよね。

 

会社以外の不労所得を得るためにブログを始める方は、なんの役にも立たない精神論じゃなく、例えば「効率よくSNSのフォロワーを増やす方法」、それこそアクセスを稼ぐための「グーグルのSEO関連の情報をネットで調べつくして、自分のブログに反映して上手くいったテクニック」といった具体的な戦略が知りたいわけですよね。

 

 

このように基本的にネットで調べているというのは前提で、それでも手に入らない情報が求められるんですよね。

 

 

では、希少性の高い知識や情報を得るにはどうすれば良いのか

 

私は下の2つがその希少性を挙げる知識だと考えています。

 

  • 経験から学んだ知識
  • 専門知識を応用した実際の生活で活かせる知識

 

これであれば、誰でも手に入るというわけではないので、価値が見いだせますよね。

 

それではこの2つについて説明していこうと思います。

 

 

経験から学ぶ知識は唯一無二である

 

経験から得られる知識は、その人の考え方や感情から選択された経験から得た、唯一の知恵に変えることができるといえます。

 

その人にしか得られないということは、とても価値の高い知識になるわけです。

 

 

経験は時間と経験できるチャンスがなければいけません。

 

また、人はそれぞれ考えを持ち、考えが違えば選択もかわってきますから、他人と全く同じ経験をすることはできません。

 

そうなると、その人自身が考えて得た知識は、誰とも被らないということになります。

 

そして、経験から学んだということは実用的な学びであり、知恵であることがほとんどであると考えています。

 

そんな、実体験から得た学びや知恵を磨けば、間違いなく多くの他人が必要としている知識に仕上げることができます。

 

 

例えば、1つの分野で成功を納めた経験のある人は、その分野で成功したい人の助けになる知識を持っているといえます。

 

これは成功した人からしか学ぶことはできず、成功した人は少数なわけですから、希少価値が高く、必要な人はいくら払っても良いと思えるような喉から手が出るほどの情報なわけです。

 

これをさらに実用的にし、幅広く活かせる汎用性を高めれば、さらに大勢の人が求めている知識や知恵になるのです。

 

 

つまり、経験から学んだ知識は唯一無二の知識であり、実用性の高い学びであることから需要が多く希少性が高い知識や知恵になるということです。

 

 

突き詰めた専門知識は貴重である

 

時間をかけて突き詰めた知識は、時間をかけた人間にしか得られないわけですから、その知識には価値が生まれます。

 

それに加えて、実生活やビジネスで使える実用的な知識であれば、価値が見いだせるようになるというわけです。

 

 

基本的に専門知識は時間をかければ誰でも入手可能です。

 

ですが、小手先だけの知識でない専門知識を手に入れるには途轍もなく時間がかかるものです。

 

重要なのはこの”時間をかけている”ということにあります。

 

なぜなら、基本的に人は好きでない取り組みを継続するといった、めんどくさい作業を嫌います。

 

それこそ、途方もない「いつこの知識を使いこなせるのか」といったゴールが明確でなかったり、途方もなく長いゴールを目指すよりも、目先の近いゴールを好みます。

 

これが専門的な知識に価値が生まれる理由なんですよね。

 

 

その価値の高い知識に加えて、実用的に生かす知恵に変えるには頭で考えなければなりません。

 

有名画家であり偉人でもある「ジョシュア・レイノルズ」は

”人は考えるという真の労働から避けるためにはなんでもする”

という言葉を遺しています。

 

この言葉から考えてみると、”考える”ことはつらく面倒なことから、避けられるということですよね。

 

この”考える”という行為をあえて行うことで、一般の人にない知恵となり、希少性は高くなるといえます。

 

 

このように専門知識は誰でも手に入るけど、時間をかけ、考え抜くことで途轍もなく入手難易度が高くなり、その知識や情報には価値が生まれるということになります。

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント