20代の過ごし方で差がつく!もっと自由な働き方を知りキャリアを積むべき

つぶやき

 

最近、私と同世代の20代で家庭を持ってもいなければ、会社で役職にもつけていないのに、保守的になっている若い世代がたくさんいると感じています。

 

「将来のために保守的になって何が悪い!」

「会社で出世することが収入を上げる方法なんだ!」

 

という考えから、会社から良い印象を与えようと必死になっていたりします。

 

会社の仕事のやり方を必死に覚えたり、上司に媚を売ったりしているかもしれません。

 

ですが、正直の話、これでは平均的な会社員になるだけで、会社から本当に必要とされる戦力にはなりえないことがほとんどだといえます。

 

スポンサーリンク



保守的な考えは人をダメにする

 

よく私も企業さんと関わりますが、「なんでこんなに面倒なやり方をしているんだろう…」「このサービスじゃ目的にしているターゲットを狙えてなくね…」と不思議なことをしている方々が多いように感じます。

 

会社に言われた通りにしているだけの会社員の方は普段から物事を考えていないことから、全く本質が見えていなかったりするんですよね。

 

今ではそれなりに実績があるので私の提案に賛成してもらえることが多いですが、始めの頃は役職につかれていない方を相手に小学生でもわかるぐらいかみ砕いているつもりでも「デメリットがあるんじゃない?」と頭を使わず、ただまずは拒んでおけば話を理解したように見えるといったポーズをする程度だったような気がします。

 

運営者
そこに人員割いてもしょうがないので

こういうやり方にしてみませんか?

 

B さん
・・・?(*´Д`)

 

会社って基本的にわざわざ余計な仕事を作って、働いていない人間をなくそうとしている節があります。

 

何も考えず働いてきた会社員は、そういった意味のない作業に無理やり意味を持たせてしまうことがあります。

そして、そんな会社員が役職に就き、何回も確認させたり、そもそも意味のない作業を分担したりと非効率な働きをさせていることがほとんどです。

 

それが定着して、よくわからない理屈が受け継がれ、現在の生産性の低い働きをする会社員が増えていると考えられます。

 

そんな環境で働いていると、もともとのポテンシャルが高い人ても保守的であれば、会社に従うだけのマニュアルづくめの働き方をしてしまい、会社に雇われている社会人の平均レベルの成長しかできないケースが多くなると考えられます。

 

スポンサーリンク

いつまでも成長できる
人材になるには

 

あなたがいつまでも成長し続けたいと願うのであれば、

作業やマニュアルに対して”疑問を抱く習慣”

成長しなければいけないという”危機感”

を持つ必要があるといえます。

 

 

日本では学校を卒業してから、新卒で企業に入社し、そのままその会社で定年を迎える方がたくさんいらっしゃいます。

 

ですが、そういったキャリアの積み方を全否定することはできませんが、私個人の考えではあまりよくないと考えています。

 

なぜなら、1つの会社だけで働いているとその会社のやり方が正しいかどうかの判断ができないといえるからです。

 

その会社のどうしようもない作業を意味を持たせ正しいと感じてしまえば、疑問を持たないままの状態であり続けてしまうからです。

 

疑問を持つ習慣がつかなければ、普段から考えるという行動をしなくなってしまいます。

そして、危機感がないことから積極的に成長しようという意欲も湧いてこないといえます。

 

 

これは日本だから言えることかもしれません。

 

外国の企業であれば1つの企業で働き続けるというキャリアの積み方は稀で、入社してから3年が経ったら他の企業に移るのが主流になっています。

そういった「一定期間で転職する」という雰囲気を外国では作り出していることから、技術や知識をその期間で身につけなければ、働き口がなくなることから、ほとんどの社会人は必死に自分の能力を伸ばそうとしています。

 

ちなみに日本の企業でも「リクルート」などは10年間リクルートで働いたら、転職もしくは独立をしなければいけないような雰囲気を作り出している企業もあります。

 

 

ですので、いつまでも成長できる人材には”疑問を抱く””危機感を持つ”ことが必要だといえるかと思います。

 

 

20代は興味の持った
職業や企業で
キャリアを積むべき

 

20代という若い世代は保守的にならずに、様々な企業や職業、働き方に挑戦し続けるべきだと考えています。

 

なぜなら、基本的に独身で、キャリアも浅く、働き盛りなのは、20代しかないと考えているからです。

 

経験を積み、多くのことを学ぶことで結果的に収入はついてくるものです。

そして、何も守るモノもなく、自分の成長を追求できるのは人によっては20代しかないと考えられます。

 

それに加えて、転職や再就職が容易に実現できる20代で保守的になるのはもったいないといえます。

 

現在では多くの転職・就職サイトが20代をターゲットに業界が拡大しています。

そのため、何度も転職を繰り返していようが、フリーター歴が長かろうが就職ができてしまうのが現状です。

 

そういった多くの経験を積みやすい世代なのにも拘わらず、保守的になってしまうのは勿体ないとしかいえないです。

そして、この事実を理解している20代は様々なチャレンジをして、多くの経験値を積んで、20代後半もしくは30代で大きな成功を成し遂げることになるかと思います。

 

スポンサーリンク

質の高いキャリアや経験を積む方法

 

自分が成長できるようなキャリアや経験を積む方法として、

 

  • 質の高い業務ができる企業に転職をする
  • 個人で収入を得る働き方をする

 

があるかと思います。

 

”基本的に働く環境を変える”ことで様々な学びが得られる機会を作ることができるかと思います。

もちろん、環境を変える前に、現状の環境で得られる学びをある程度得た状態ですることが望ましいです。

 

ほとんど学びを得て成長が見込めないのに、その場にとどまり続けるのは、時間の浪費に繋がりますから。

 

 

質が高い業務ができる企業に転職する

 

今よりランクが高い企業で仕事を覚えることで、今まで以上に効率的で働きを学べる可能性が高くなります。

基本的に企業が大規模であれるほど、人を管理する側の人材が必要です。

 

そのため、事業拡大の速度を急ぎすぎた企業は、優秀な人材確保が慎重にできないことから、どうしてもその場しのぎの人材を管理職にあてがう必要が出てきます。

 

そうなれば、能力のない人間が率いたチームは、非効率な働きを強いられるかもしれません。

 

ですのでそういった、優秀な人材の割合も低くなり、管理する側の能力が低いであろうと企業を避ける必要たあります。

 

 

そこで質の良い働きができる企業の判断基準として

人材採用の際に”ポテンシャル重視”をしている企業が良いかと思われます。

 

最近では話題の「ビズリーチ」や有名転職サイト「DODA」などがそのポテンシャルを重視した採用を行っています。

 

そのため、そういった転職サイトを利用して、キャリアを積んでいける企業を見つける方法のほうが効率的かと思います。

 

 

MIIDAS

出典:miidas.jp

 

この『MIIDAS(ミーダス)  』はあなた自身の市場価値を分析し、それに見合った企業を提案してくれるサービスです。

このMIIDASはあの有名転職サイト「DODA」を運営するパーソルキャリア株式会社が提供しているサービスです。

 

200万人以上の年収データと7万人の転職実績を基にあなたを診断してくれるので、あなたの能力に近い市場価値を見いだしてくれるかと思います。

 

私がMIIDASで自分の市場価値を調べたところ、下のような市場価値となりました。

 

 

多分真面目で資格をたくさん持たれている方はサラリーマンがMIIDASで市場価値診断を行ったら、もっと良い年収になるかもしれませんね。

 

この市場価値診断だけでも面白いですが、このMIIDASがスゴイところがもう1つ。

それが面接確約オファーという仕組みです。

 

これはあなたの診断情報と基本情報から、企業が興味を持てば、面接のオファーをくれるという仕組みです。

そのため、書類選考で理由もわからず、落とされるなんてことがなくなります。

そして、利用者はただ企業がオファーを待っているだけで就職活動ができてしまいます。

 

ですので、こういった能力分析を使って、パフォーマンスの高い人材を採用しようとする試みを取り組みを行っている企業はもしかしたら、質の高い企業が多いかもしれませんね。

 

それに年収が高い企業を得らべば、それだけ能力が要求されるわけですから、今よりもっと成長できる環境になるかもしれませんよね。

 

「MIIDAS」で市場価値診断はこちら 

 

 

 

個人で収入を得る働き方をする

 

優秀な人材は会社でも、独立しても成功を納める可能性が高いです。

 

その理由として、上記でも書いた「疑問を抱く」「危機感を持つ」が習慣になっているからだといえます。

 

逆に個人で働いていかなければならないという環境に身を投じれば、「どうやったらうまくいくのか」「自分に付加価値を使えなければ食べていけない」といったことを考えて実践していかなければいけません。

それゆえに個人で稼ぐことを目的にして行動に移すことで、結果的に自然と成長が見込めると考えられます。

 

 

ですので、まず個人で働くのに慣れるために、既存の稼ぎ方を真似るのも有効なやり方だと考えています。

 

現在、個人で稼いでいる方で多くの収入を稼いでいる方がたくさんいらっしゃいます。

そして、私が個人で稼ぐ働き方でおすすめなのが「フリーランス」と「サイト運営」です。

 

少ない金額でも個人で稼ぐイメージを持つことができれば、さらに考えを凝らして収入を大きくしていけると考えます。

また、多くの人が取り組み始めていることから、現在ではさらに収入を得るのが容易になっていたりします。

 

そういう状況であることで取り組み始めやすいこと、フリーランスでは個人で稼ぐ技術を磨き、サイト運営では知識、個性を売り込む方法を学んでいくことができるかと思います。

 

 

フリーランスとサイト運営はとても簡単に始めることができます。

 

フリーランスなら、『クラウドワークス』などのクラウドソーシングに登録して、自分に合った案件に取り組めば、今日にでもそれなりの収入が得られるようになるかと思います。

 

サイト運営では無料ブログでも良いですし、長期的に収益化をしていきたいのであれば、『エックスサーバー』で独自にドメインを取得してしまえば、いつでもいつまででも情報発信をすることができます。

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント