FXの急激な相場変動でのトレードで短時間で稼ぐには「引き際」を意識すべき

FX

 

FXで急激な相場変動に振り回されたことはありませんか?

きっとFX取引をしている方であれば、一度は相場の変動に振り回されて、損失が膨らんでいってしまったという経験をされた方も多いかと思います。

 

それは損失だけではなく、利益を得る際にも同様なことが言えます。

 

例えば、「急激な相場変動により、利益を逃してしまう」ということも挙げられます。

 

急激な相場変動の1つの引き際ポイントをご紹介します。

 

スポンサーリンク



収益を上げ続けるには「引き際」が大事!

 

どんな投資でも、損益決算のタイミングがとても大切です。

それを本当の意味で理解できている方が少ないというのが現状です。

 

利益が出ていたとしても、いいタイミングで利益確定できなければ、安定して収益を挙げ続けるのは難しいといえるでしょう。

 

 

その利益確定するときの引き際の悪い稼げない方の考え方をご紹介します。

 

稼げないトレーダー

得られる最大の利益を狙ってやるぜッ!

 

うぉぉ、これ以上は伸びないだろう、今だ決算だ!

 

運営者

トレンドの頂点を狙おうとすると、

かえって、利益を逃すことになりかねないですよ

 

よく初心者の方がやりがちな、「トレンドの頂点を狙って決算しようとする」考え方です。

現在進行形でトレンドで進んでいるときに、相場観ではなく、「自分の勘」で決算タイミングを決めてしまうというやり方です。

 

このトレードの仕方ってあまり良くないんですよね。

これが熟練のトレーダーの勘であれば、もしかしたら間違っていないかもしれませんが、初心者の方の勘は当てになりません。

 

 

この決算のやり方でトレードをしているときに、大きなローソク足を作るような急激な相場変動があった場合、「ポチポチ病状態」になってしまい、利益が損益に代わってしまうことがあるのです。

 

トレンド中だが決算(利益)

→まだ伸びるようなので再度同じ方向にエントリー

→逆方向に値が動いたので、決算(損益)

→トレンドが伸びたので、再々エントリー

→また逆方向に…(損益)

 

上記の流れが繰り返されて、初めの利益が徐々に減っていき、最終的には損失に変わってしまうなんて言うことも考えられるのです。

 

これは、引き際を考えていないことで、結果的に損失になってしまう典型的な悪いトレード内容といえるでしょう。

 

そのため、急激な相場変動の際は、引き際をわきまえてトレードをしていく必要があるのです。

 

 

急激な相場変動の「引き際」とは

 

ここでご紹介するのは、急激な相場変動時の引き際は、「ローソク足をヒゲ」を判断材料にしたやり方です。

 

下のチャートをご覧ください。

 

 

このチャートを見てもわかるように、15分足のチャートなので、「1時間程度で60pips程度」下落しています。

これだけ大きい下落だと、下落している最中はどこが引き際なのかわからないことがほとんどです。

 

そういう時は、その変動の安値部分に着目することが望ましいと言えます。

 

上のチャートを見ていただくと、白い線を引いていることが分かるかと思います。

これは白い線付近で強い引き戻しがあることが分かります。

そして、再度白い線付近まで迫って引き戻されています。

 

つまり、白い線付近、ローソク足の下ヒゲの安値部分には強い抵抗を持っているということになります。

 

基本的には、大きな相場変動が起きれば、それだけ大きな引き戻しがあります。

 

そして、それ以降はその大きな相場変動の安値部分をトレーダーは意識するので、その値以上に相場が伸びる可能性はとても小さくなります。

 

ですので、上のチャートのように「急激な相場変動 + 安値部分に長いヒゲローソク足ができた」という状態であれば、相場の動きが転換する可能性が高いので、ベストな引き際だと考えられるのです。

 

もしかしたら、そのまま急激な相場変動でできたローソク足の長いヒゲの安値(もしくは高値)を更新するかもしることもあります。

ですが、傾向的に引き際として認識して取引を行えば、総合的に良くなったりするということです。

 

 

FXの急激な相場変動は稼ぎ時!

 

ちなみに上のチャートは「2018/01/09のトレード日記」のものです。

 

そのトレードでは50.8pipsを1時間程度で稼ぎました。

 

この時に関してはトレード技術以上に運が良かったのですが。

運営者

下落の勢いが強いぞッ!

 

損切ライン設定して乗っかっちゃえ!

 

といった感じで取引をしていたような気がします。

 

相場変動の根元でエントリーできれば、あとは引き際をわきまえて動向を見守るだけですからね。

だから、私は常にトレンドの転換点や移動平均線の収縮している状態を見逃さないトレード手法をとっているのです。

 

なので、大きな相場変動は引き際をわきまえて、積極的にトレードしてみても良いのではないでしょうか?

 

<テンチューズ運営者お気に入りのFX口座[DMMFX]>


 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント