成功者に共通する考え方や行動といった一般人との違いとは

マインドセット

 

一般の人は成功者と呼ばれる人は「才能があるからできるんだ」といった、生まれつき出来が違うと考えて、覆すことができないことだと考えている方も多いかと思います。

 

ですが、実際は例外を除き、成功者と呼ばれる人たちのほとんどは私たちと変わらなかったりするんですよね。

 

巨額の富を得ている成功者の話を実際に聞いてみても、「別に特別じゃなかった」「学生の頃は勉強もできなかった」といった、むしろ一般の人よりも劣っていたという方も少なくありません。

 

 

では、成功者と一般の人達とでは何が違うのか。

 

それは”考え方”と”行動”に違いがあると考えています。

 

成功者の方々は人生の中で大きなきっかけとなるイベントがあり、そのイベントから考え方や行動を大きく変えたことが1つの大きな理由だといえるかと思います。

 

本記事ではそんな成功者の考え方や行動について説明していこうと思います。

 

スポンサーリンク



一般人とは努力量が違う

 

成功に欠かせないのが”努力”です。

 

一般の人は頑張っていても、成功者の努力量を勝ることができていないということに気づくことが大切です。

 

基本的に何かに優れている人は、その分野において途轍もない努力をしているものです。

 

よく何かに取り組んでいる際に、一定の目標、例えば資格の場合「資格に最低限合格できるようにする」と考えてる方が多いかと思います。

 

ですが、成功者は「資格の知識を実用化できるまで勉強しよう」と考えるわけです。

 

そして、成功者は「一般の人はやってもこれぐらいやるだろう」という量の倍以上の努力をこなします。

 

それが決して途方もない量だったとしても、その量をこなすことで一般という基準を超えることができ、そこらへんにいる一般に埋もれるようなことはしないようにするのです。

 

 

結局、努力は日の目を見ないような結果に終わってしまえば、周囲からの自分に対する印象もかわらなければ、実績や成果だって出すことができません。

 

ですので、努力をするのであれば、極端に努力することで、「自分は他人にはできないこういうことができるんだ」と思えるようなユニークな能力を確立できるようにするのです。

 

スポンサーリンク

予測を立てて行動する

 

成功者は独自で情報収集、考察をして予測を立てます。

 

そして、その予測を基に行動に移します。

 

 

きっとこの行動パターンは一般の人はできていないと考えています。

 

なぜなら、「自分の考えが正しい、自信を持っている」という方が少ないと考えているからです。

 

 

成功者はアンテナを常に立てて多くの情報を得ようとしていますし、本やネットを用いて知識を蓄えています。

 

そのため、多くの事例を知り、知恵を身に着けていることから、自分の頭の中で制度の高い自信が持てる結論をだすことができます。

 

これにより、「こういう状況になるから、こういう取り組みをしておいたほうがいいな」と考え、将来に向けて早い段階で行動に移し始めるのです。

 

 

ですが、一般の人は「周囲の多くの人がしてることが正しい」と考える傾向にあります。

 

そのため、自分で考えるよりも先に周囲を見て、それと同じ行動をとってしまうのです。

 

会社で働くのもそうですが、何より就職活動の時の光景なんて顔と背丈以外全て同じような状況でも疑問に思う人は少ないですよね。

 

このように意味のないことでも、周囲がしていれば「それは正しい」という考え方は確実に自分で考える習慣を失わせるきっかけとなります。

 

そして、時代の流れで、職を失ったり、お金に困り続けたりと何も考えずに行動してきたツケを払うことになります。

 

 

また、自分の考えに自信がないから、予測を立てての行動に移すまでには至りません。

 

その結果、自分が想像していた最悪な状況になってしまい後悔する方もいらっしゃるのでしょう。

 

 

このように成功者と一般の人では、予測を立てて行動している成功者とでは

 

スポンサーリンク

一般と同じ選択をしない

 

成功者は一般の人と同じ行動をとっていても、成功はできないことを理解しています。

 

一般と同じような行動をとれば、そこらへんで実現している一般の人の成果でとどまることになります。

 

 

例えば、「お金が欲しい」という理由で、会社で成果を上げるために努力して、出世した人がいたとします。

 

その人はそれなりに高い立場になって、年収1000万円を会社から給料としてもらえるようになったとします。

 

ですが、そんな人は20年をその1000万円を勝ち取るまでに時間を費やしたとします。

 

そして、きっとその人のように努力をしていたのに、ポストに限りがありますから、その半分の給料しかもらえていないという方も多いと状況になるかと思います。

 

このように、現代でいわゆる会社に勤めてお金を稼ぐといった「正攻法な収入の得方」では、かなりの努力が必要だったりします。

 

 

ですが、少し考えてみてください。

 

成功者と呼ばれる人に「会社に雇われている」という状況で成功者と呼ばれる人がどれだけいるでしょうか?

 

きっと成功者は「一般の人が進んで行っている取り組みをされている人は少ない」と考えています。

 

なぜなら、働き方に関しては、「会社に雇われるほど簡単にお金を稼ぐ方法はなく、効率の悪いお金の稼ぎ方はない」と考えているからです。

 

ですので、成功者は逆に「会社に雇われない」「個人で稼ぐ」といった一般の人から否定されるような働く方を選択するのです。

 

 

現状では一生懸命働いているけど、給料もあがらなければ、勤続年数が増えれば増えるほど責任を負うことになり、今まで以上にはたらかなければいけないという状況になりがちなので、いくら働いても楽になることはありません。

 

また、会社での働き方を学んでも、ほかの使える技術以外にもローカルでしか使えない技術や能力も身につけなければいけないので、汎用性の高い技術や能力が思うようにストックされないという状況になりかねません。

 

そうなれば、将来的には「無駄な能力を身に着けるために時間を費やしてしまった…」と後悔することになったりするわけです。

 

 

こういった状況にならないために「時には一般の人と同じ選択をしない」ようにするといえます。

 

スポンサーリンク

あえて一般の逆の行動をする

 

 

投資の世界では「プロの投資家は一般のトレーダーの逆の行動をとる」ということをたまに言われることがあります。

 

これは株式の場合は一般のトレーダーが株を買っているときに売り、売っているときに買うといった行動を指します。

 

これはどういう状況かというと、一般のトレーダーが「この銘柄は上がっているから、これから上がるぞ!」と考えているときに、投資家は前もって買っておいた株を売りさばくという行動をとるということです。

 

こうすることで、投資家は安く買った株を何倍もの価格で売ることができる状態なんですよね。

 

 

これはどんなことにもいえることなのですが、上記でも説明した「予測を立てて行動に移す」で先立って仕組みを構築し、注目され始めるときに大きな利益を得るような形にしているんですよね。

 

つまり、「周りがやり始め時には遅い」ということですよね。

 

この周囲がやり始めた時には遅いということで、成功者は周囲より先だって行動に移しますが、一般の人からしてみれば「目新しいものに時間を費やさない、無駄になる」という考えを持たれている方が多いですから、逆の行動をとっているという状況になっているかと思います。

 

 

また、そもそも「一般の人は周りと同じ行動をとって安定を担保しようとするが、それが逆に効率の悪さを引きを越している」という本質的な考えから、結果的に一般とは逆の行動をとっている状況になっていると考えられます。

 

 

どちらにしろ、成功者は基本的に一般とは逆の行動をとることで、ほとんどの場合が良い結果に結びつくことを理解していることから、一般とは逆の行動をとっているといえます。

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント