ビットコインって何? 仮想通貨について簡単でわかりやすく解説!

お金

 

最近よく聞く「ビットコイン」。

話題になるから、名前は聞いたことがあるけど、どういうものか知らない方が多いかと思います。

 

また、実際にビットコインを持っているけど、「長期的に保有しておくことで稼げる」といった知識程度かもしれません。

 

それがどういうものなのか知らない方ってたくさんいらっしゃると思います。

ですので、本記事ではそんな方に理解して頂けるように簡単に説明しています。

ぜひ、読んでみてください。

 

 

スポンサーリンク



そもそもビットコインって何?

ビットコイン

 

ビットコインを一言でいうと、”仮想通貨”です。

インターネットを介して不特定多数の方々と商品やサービスの取引ができるといったお金と同等の価値を持つものを仮想通貨といいます。

 

「コイン」や「通貨」という言葉が入っていることから、私たちが普段から使っている日本円と同じ、お金ということです。

ですので、日本の通貨であれば「円」、米国の通貨であれば「ドル」といった通貨の単位も存在します。

ビットコインの場合は「BTC」という単位になっています。

また、現在のビットコインの取引では0.1BTCといった、1BTC以下も存在しています。

 

 

一般のお金と最も異なるのが、特定の国に属していないことです。

仮想通貨は各国で価値を証明することで信用される本来のお金とは異なり、どこの国も価値を証明はしていません。

本来の通貨は国が一元管理することで、通貨の価値や信用を保っています。

 

ですが、ビットコインはどこかの国や中央銀行にあたる組織が発行しているわけではありません。

それでも、ビットコインの仕組みや不正に対するセキュリティ面が優れていることから信用されています。

そのため、ビットコイン自体が自らの信用を作っていることで世界全体で認められ、信用されているという点が一般の通貨と「ビットコイン」との大きな違いでもあります。

 

これにより、ビットコインは「世界共通のお金」と呼ばれるようになったのです。

 

 

なぜビットコインの価値が上がり続けているの?

 

現在ではビットコインの価値がどんどん上がり続けています。

これは一般の通貨であれば、ここまでの通貨の上昇はほとんどあり得ないのです。

なぜなら、本来の国が管理している通貨の価値が極端に上下すると、その国に住む国民の生活や国同士の貿易に支障が出てしまうからです。

 

では、なぜビットコインはこれほどまでに、価値の変動するのかの説明の説明をします。

 

ビットコインの価値は流通量を制限することで価値を保っています

「金」のように地球上の埋蔵量(上限)が決まっていることである程度の価値は守られていますよね。

それと同じようにビットコインの発案者達も、2100万BTCまでという上限を決めることで価値を保つようにしたのです。

それにより、ビットコインを新しく発行して、通貨としての価値を下げてしまうようなことができなくしたのです。

 

その結果、ビットコインの需要が高まっても供給が増えないので、そのままビットコインの価値が高くなっていくというわけです。

 

これは一般の通貨であれば、極端に通貨の価値が変動しないように、金融政策をして通貨の価値を一定範囲で保つことができますが、ビットコインはどの国にも属していませんので価値を安定させるのは難しいという違いがあるんです。

 

 

ビットコインが信用される理由の「仕組み」について

 

ビットコインは不正や改ざんができないような仕組みが組み込まれています。

それはビットコインのやり取りを全ビットコイン使用者に送信するという仕組みです。

これには正確なデータを残すことができるということと、利用者が監視できるというメリットがあります。

また、証拠を自分の管理下に置いておけるので、とても信用性の高い情報だといえます。

 

例えば、AさんがBさんに10BTCを渡したとします。

そうした場合、100万人の人がビットコインを使用しているとしたら、その100万人にそのやり取りの情報が送られるということです。

これは、つまり使用者全員が監視できる仕組みといえ、かつ全ての使用者が履歴をもっていることから、膨大の量の改ざんをしなくてはいけないことになり、改ざんはとても困難だということになります。

 

このように参加ユーザーがお互いにやり取り承認しあうことで、「取引の正しさ」を担保しているのです。

もちろん、ビットコインといえどもお金ですから、他人に自分のお金のやり取りを見られるってことじゃないかと不安に思うかもしれません。

ですが、その点はデータは誰と誰とのやり取りかと分からないように暗号化されているため、特定できないように暗号化されていますので、安心してください。

 

 

また、ビットコインは現在のそのビットコインの所有者がわかるようになっています。

一般の通貨であれば、ただ手元にお金がある状態で、お金を落としてしまえば、それは本人のものでなくなるに等しいですよね。

ですが、ビットコインは「電子署名」といった暗号技術によって、現在の所有者がわかるようになっているのです。

これにより、勝手に他人が自分のビットコインを使ったり、送金したりすることができないようになっています。

 

このようなやり取りのデータをビットコイン使用者全員で保有できるという仕組みにより、個人が監視者となって利用できることから、利用者の信用が得られているのです。

 

それにより、「お金」として認められるようになっているのです。

 

 

ビットコインを使うメリット

 

現在はビットコインの価値が上昇傾向にあるため、ビットコインを持っているだけでお金が稼げる「投機」として用いられることが多いです。

 

ですが、ビットコインの本来の目的は投機ではなく、便利な通貨として使われることです。

ですので、ビットコインの投機ではなく、本来のメリットをご紹介したいと思います。

 

このメリットがあるからこそ、ビットコインの将来性に投資するユーザーが多くいらっしゃるんです。

 

国際的決算手段として楽である

本来のお金であれば、自国で使っているお金と外国で使われているお金の価値(為替により)は異なります。

そのため、外国に行くときには日本人の方であれば、日本円をドルやユーロに両替するという手間が必要になるということです。

 

ですが、ビットコインであれば、「世界の通貨」として認識している国も多いため、ビットコインの受け入れ設備が整っていれば、両替の手間がなくなります。

 

それにより、国内はもちろん、国外でのお金のやり取りも一般の通貨よりも無料か格安な手数料で済み、ユーザーが積み重なる出費を減らすことができるのです。

 

両替の手間がなくなるということで、ネット通販でも便利になります。

例えば、インターネットで違う国にある商品を買おうと思ったとき、両替したり、両替手数料とか取られるのは嫌ですよね。

また、値段は書いてあるけど、外国の金額表記では日本円でいくらか分かりづらかったりします。

ですが、ビットコインであれば、手数料はもちろん、為替による金額のわかりづらさ、外国通貨の価値の変動を気にせずに済むということです。

 

このことから、違う国との売買といった国際的な決算手段としてはとても便利であることは間違いないです。

 

 

日常的な支払いをスムーズにできる

買い物や支払い際、外出先でお金で払うのが面倒だったりしますよね。

それこそ、お釣りの数え間違えや小銭で払うのが大変だったりしますよね。

 

そういった面倒くささから、買い物などにクレジットカードを使われると思います。

ですが、クレジットカードも手数料を取られたり、使えないところがあって不便になったりします。

 

そこで、ビットコインが現在の価値変動が安定して、世の中にあるお店で受け入れ態勢が整えば、そんな不便はなくなるわけです。

 

 

ビットコインに投資は儲かるの?

 

数年前のように一気にビットコインの価値が上昇しているというわけではないので、儲かるかどうかはわかりません。

 

ですが、需要と供給の関係上、ビットコインの限度枚数が決まっているので、ビットコインの利用者が増えれば、ビットコインの価値も高くなっていくのは当たり前の話です。

で、現在はビットコインの新規利用者が増えていっている現状なので、まだまだ上がっていくことが予想できるかもしれません。

 

周囲でも「〇百万儲けたッ!」という方もいれば、損失を出している方もいらっしゃいます。

そのため、こればかりは一概に「儲かる、儲からない」といった無責任な結論を出すことはできないです。

 

投資には必ずリスクが伴うモノなので、注意しなければなりません。

ですが、数万円といった余裕資金を使って、ビットコインとして持っておくというのも、もしかしたら「いつの間にか儲かってる!?」なんてこともあり得るわけですから、やってみても良いかもしれません。

 

実際私もビットコインで儲けるというよりは、ビットコインの価値の急上昇を期待して、数万円程度持っている状態です。

いわば、その数万円で夢を買ったわけです(笑)

 

ビットコインに興味がある方はビットコインを持っておくだけでも、面白いかもしれませんね。

 

https://ten-choose.com/お金/ビットコインって儲かるの?/

 

 

ビットコインの取引所の選び方

 

最近では「マウントゴックス事件」や「coincheckのNEM流出事件」により、仮想通貨の取引に対して、とてもネガティブな印象を持たれる方が増えてきました。

 

ですが、それでも仮想通貨の可能性には世界中が期待しており、一時は仮想通貨全体の価値が低下しましたが、現在では徐々にそれは回復傾向にあるといえます。

 

そして、仮想通貨の取引をする際に利用者が最も意識されるのが”取引所の安全性”となりました。

 

「coincheckのNEM流出事件」ではビットコインの仕組み自体には問題はなく、すべてにおいて「coincheck」のセキュリティー面の脆弱性が今回の事件を引き金となっていることが明白だからです。

 

この事件が起きたことで、利用者は預けていた資産を盗まれたり、消えたりするリスクに現実味を帯びてきたといえるでしょう。

 

そのため、これから仮想通貨を始めようと考えている方は、セキュリティー性の高い取引所を選ぶことから始めなければならないということになります。

 

 

といっても、仮想通貨の取引所はたくさんあって、初心者の方にはどれを選べばいいのかわからなかったりします。

 

ですので、取引所を選ぶ際の具体的なポイントとして、

  • 金融庁の「仮想通貨交換業者」の登録者であるかどうか
  • その取引所の規模の大きさ

などが参考にできるかと思います。

 

 

ビットコインの取引でオススメのところは?

 

 

私が調査した結果、

取引がしやすく、セキュリティー性が高い『GMOコイン

がお勧めできるといえます。

 

なんといっても、東証一部上場している「GMOグループ」といった大規模で信頼性の高い企業が運営する販売所となっています。

もちろん、「金融庁認定取引所」でもあります。

 

GMOグループといった、組織規模を持ち合わせていれば、破綻リスクも抑えられているだろうし、なにより資金力があるので、高度なセキュリティー対策が取れると考えられますよね。

 

そのため、私はGMOコインであれば、安心して資産を預けられると考えています。

 

また、取引所ではなく、販売所なので、実際に利用者が取引相手は「GMOコイン」自体となります。

そのため、利用者は自分が思ったような金額で仮想通貨を取引することができるということになります。

 

ビットコインを始めようと考えている方は「GMOコイン」を使ってみてください。

 

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント