自由に使えるお金を増やす方法 ~知っておくべきお金の知識

お金 お金

スポンサーリンク



自由に使えるお金を増やす方法

私たちの生活には欠かせない「お金」についての知識を身につける必要があります。

それは一般の人のほとんどの悩みがお金に纏わるものだからです。

 

例えば、今お付き合いしている男性と結婚したいけど、現在の相手の収入だと不安だと感じることや、

好きなことややりたいことはあるけど、上手くいかなかった時のことを考えると行動に移せないといったことがあるからです。

 

では、こういった自分がしたいことをするためには根本的な解決として何が考えられるでしょうか?

それは下記の二つがそれに当てはまると思います。

  1. 現在の収入をあげる
  2. 支出を減らして自由になるお金を増やす

この2つにはどういう方法なのかご説明していきます。

 

 

現在の収入を上げる

現在、会社員の方で堅実な方法だと下記の方法があると思います。

  • 資格取得
  • 副業
  • 投資

 

資格取得

資格取得

これはもしかしたら、みなさんは現在やられていることかもしれませんが、自分のできることを増やす、能力を証明するという方法です。

資格は形ある技術や知識の証明するために最も有効な方法です。

企業の資格では汎用性の高い、かつキャリアアップのサポートをしてくれる「ファイナンシャルプランナー」や「日商簿記」などがあげられます。

IT企業などはその他に、応用技術者やプログラミング言語の資格などがあげられますよね。

 

また、しっかり勉強すれば、必ず取得できるものが多くあるので取り組みやすい堅実な方法です。

そういう私も、IT企業に勤めていた頃は応用技術者やJAVAとRUBY、ファイナンシャルプランナーを取得して給料を上げていましたね。

 

副業や独立して働くフリーランスが増えてきていますので、そんな時に実力の証明ができるように資格取得を考えてみてください。

現在ではクラウドワークスランサーズなどの個人と企業で繋がれ、案件が取得しやすい環境になっています。

気になっている方は無料ですので会員登録してどんな案件があるか確認してみてください。

 

 

副業

副業

仕事後や休日にアルバイトをしたり、パソコンでできる案件やネットビジネスなどがあげられます。

この方法は自身の休む時間や遊ぶ時間を削って働くということです。

ですが、これをしておくと将来に必要な時に備えることができますよね。

家の購入や、共働きご家庭の場合は奥さんが働けなくなった時や、お子さんの教育費といったことが考えられますよね。

 

中には、働かれている会社の決まりで副業できないという方もいらっしゃいますので、会社の確認後してみてください。

 

 

投資

投資

お金を使ってお金を稼ぐ方法です。

たくさんのビジネス本でお金持ちになるにはお金を働かせることが大切と言われていますよね。

投資にはFX、株式投資、不動産投資、投資信託などがあります。

 

株式や不動産は大きな損失がでるリスクがありますので、十分な勉強をしてから始めてみてください。

投資は初心者という方にお勧めなのがFX(通貨証拠金取引)です。

簡単にご説明すると円と外貨を売り買いして利益を得る取引です。

例えば、買いのポジションで取った場合、ドルが上がって決算すると利益になるのです。

私自身も初めに選んだ投資はFXです。

小額(5万円以上)から取引ができ、取引手法によっては低リスクでできると考えたからです。

FXも十分な勉強が必要ですが、取引しながら覚えていったのでとても勉強しやすかったです。

もしも、FXが気になっている方はツールが使いやすいDMM.com証券がお勧めです。

早いうちから投資の勉強を始めておくと、将来の資金の心配がなくなるのでぜひ取り組んでみてください。

 

スポンサーリンク


 

 

支出を減らして自由になるお金を増やす

収入を上げるよりも簡単に結果がでる方法です。

  • 節約
  • 定期的な支出の金額を減らす

 

節約

節約

これはみなさん実践されている方もいらっしゃると思いますが、食費、電気代、衣類など無駄な支出をなくすということです。

これが一番簡単に実践できる

私自身、社会人になりたての頃は、東京にあるお店は少し値段が高かったのでお昼はお弁当にしたり、夏のエアコンは28℃にして扇風機を回したりとか色々していました(笑)

その浮いたお金を本や資格取得にあて、自己投資にあてていました。

 

そうでなくても、不景気なご時世なのでできるだけ支出はおさえておきたいですよね。

 

 

定期的な支出の金額を減らす

保険

保険といった定期的に支払う支出が対象です。

最近では保険の見直しを勧める広告などをたくさん見かけますが、現在の状況にあった保険にしなければ必要以上に支払っている場合があります。

社会保険現在の国の医療技術お子さんの年齢などを考慮した料金設定にすることが大切です。

社会保険では1か月の治療費が高額になった際には高額療養費制度なんてものもありますので医療保険の料金の見直しもできますよね。

現在の病気での入院する期間は縮まっていたり、最近ではガン治療は通院で済むといった医療技術の進歩も考慮しなければなりません。

 

私の考えですが、お子さんがまだ小さい場合は生命保険をお子さんが成人するまでの期間の定期タイプにして、もしもの場合に備えます。

がん保険は積み立てタイプにして医療保険は控えめのものと考えています。

保険の契約の際はたくさん特約を付けて安心したいという方もいらっしゃいますが、必要以上に特約を付けていると最低限の特約にしているのでは料金の差額に大きいな開きがあると考えられます。

 

こういった定期的な支出はよく考えて設定してみてください。

 

<5万円から始める投資FX>

 

 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント