個人向け国債とは – 銀行よりも金利が高く国家保障で安心して資産運用ができちゃう!?

お金

 

「将来が不安だから貯金をしておこう」と考える方が多いかと思います。

 

そのため、自分が持っているお金をすべて銀行に預けているという方もいるかと思います。

 

ですが、銀行に預けているだけでは「ただお金を銀行で眠らせておくだけ」ということになってしまいます。

 

現在では銀行にお金を預けていても、ほとんどの銀行の金利は0.01%なので大してお金は増えることはありません。

 

つまり、「会社で働いて稼いだお金を一定期間で積み重ねているだけ」ということになります。

 

それではお金は自分自身の働きに比例するので、将来的に余裕のある生活を送るだけの資金を貯めるのはとても苦労します。

 

ですので、「できるだけ安全に、そして少しでも資金を大きくできるようにしたい」と考えるのは当然だと思います。

 

 

そこで、少しでもお金を増やしたいという方におすすめなのが”個人向け国債”という金融商品を購入するということです。

 

本記事ではその「個人向け国債」について説明していきたいと思います。

 

スポンサーリンク



国債とは

 

国債とは、簡単にいうと”国の借金”です。

 

国の政策において足りない分の資金を投資家から集め、補填する目的があります。

 

つまり、それを買うということは”国にお金を貸す”ということになります。

 

お金を借りる代わりに貸し手に対して「お金を貸してくれたら、利息をつけて返しますよ」というものになります。

 

そんな国債は国が責任をもって利子や元本の支払いを行ってくれます。

 

そのため、国債は比較的低リスクの投資だといわれ、一般の人に好まれている金融商品だったりします。

 

 

そして、国債を個人でも購入しやすいようにしたものが「個人向け国債」です。

 

 

国債の金利は?

 

国債の最低利率は”0.05%”です。

 

利率は低いものの、銀行の0.001%よりはよっぽどマシだといえます。

 

そして、この国債の利率は0.05%以下にはならないと定められているので、銀行のように下がることはないので安心です。

 

そのため、銀行に預けておくぐらいだったら、国債を買って持ち続けたほうがよさそうですよね。

 

スポンサーリンク

日本の国債を買っても大丈夫なの?

 

「借金だらけの日本の国債を買うなんてリスク高くない?」とお考えの方も多いかと思います。

 

現在の日本は国の借金として1000兆円あるといわれています。

 

そうなれば、そんな国の国債を購入したのちに「返済できない、すみませんm(__)m」なんていう状況になりかねないと考えてもよさそうですよね。

 

ですが、そこらへんは気にしなくてもよさそうです。

 

なぜなら、国債が払えないという状況になるということは、日本自体の最悪な状況であるということだからです。

 

例えば、日本が他国に占領されたり、借金が膨らみすぎて「財政破綻」で首が回らないといった場合です。

 

そうなれば、日本国民が「お金が無くなった、悔しい!」なんて言っている場合じゃないわけです。

 

 

また、国債の返済ができないとなれば、国がお金を刷って返済すると考えられます。

 

その場合は需要と供給の関係上、お金が増えるわけですから、お金の価値が下がり、物価が高まる「インフレ」状態になることが想定できますが…。

 

 

そのため、国債の返済がされないという状況、本当の最悪な状況ですので、そこまで考えなくても大丈夫かもしれません。

 

もちろん、「100%リスクがない」なんて言い切れませんし、投資でそれはありえませんので、そこらへんは自身が許容できるリスクかを考慮してから始めることが必要です。

 

スポンサーリンク

個人向け国債はどこが魅力?

 

上記でも少し触れましたが、金融商品の中では比較的安全だといえるものだということです。

 

なぜなら、この国債は国が保障してくれる金融商品だからです。

 

銀行に預けるよりも利率が高いですし、銀行の預金の場合は銀行が「預金保険制度」があるものの銀行が潰れた時は自身の預けている資産が全て保障されているとは限らないのです。

 

また、銀行と国どちらが先に潰れるかと考えると、国よりも先に銀行がつぶれると考えられるので、そういった将来性的にも国債が優れているといえます。

 

 

このことから、利率面や安全性においては銀行にお金を預けるよりも国債を購入したほうが良いと考えられているのです。

 

 

国債に種類はあるの?

 

個人向け国債には「固定3年」「固定5年」「変動10年」の3種類があります。

 

この「年数」は満期の期間を表しています。

 

そして、「固定」は満期まで金利が一定で、「変動」は金利が変動するということです。

 

この3種類の中でおすすめなのが”変動10年”です。

 

3年、5年の場合、金利が一定ですので、もしも銀行の金利のほうが高くなったら、国債を買うよりも銀行に預けたほうが得になってしまいますよね。

 

ですので、現状の金利に合わせて金利が変動する「変動10年」が良いというわけです。

 

 

国債は満期にならないと解約できないの?

 

国債は購入してから1年間以降であれば解約することができます。

 

その解約の際にはペナルティーとして、「1年分の金利」を支払わなければならないのです。

 

例えば、新規発行された国債「変動10年」を満期を満たしていない3年間で解約した場合、本来だったら3年間の金利分が増えていますが、それが1年間分差し引かれて、2年分の金利だけが残る状態になるということです。

 

そのため、1年間で解約をしてしまえば、+-0となり、もともとの金額から増えることはないということになります。

 

逆に言うと国債を購入しても、ほとんどの場合が”元本割れすることはない”ということです。

 

スポンサーリンク

国債の購入の仕方

 

国債は”ネットの証券会社”で簡単に購入することができます。

 

そして、証券会社でおすすめなのが楽天証券です。

 

というより、株式投資などの取引でお勧めだったりします。

 

 

手始めに国債を始めて、「もっと資産運用の恩恵を受けたい」と考えた方は、そのまま投資信託も始めるかと思います。

 

その投資信託を始める際にとても魅力的なのが「楽天銀行」。

 

なぜなら、楽天銀行の場合”楽天スーパーポイントで投資信託を購入することができる”という他にはない魅力があるからです。

 

また手数料にもポイントが付くので、取引においてのコストも抑えることもできてしまいます。

 

楽天証券にご興味がある方は楽天証券の詳細ページで一度確認してみてください。

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント