フリーランスとは – 『会社で働く』から『個人で働く』時代へ

フリーランス

 

スポンサーリンク



フリーランスとは

 

フリーランスと言われても、どんな人でどんな働き方をするか分からないという方も多いかと思います。

 

フリーランスをwikiで調べてみると、下のようなことが書かれています。

 

フリーランス(英: freelance)は、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。日本では『自由業』『自由職業』[1]『フリーランス』と呼ばれる。請け負った業務を実際に遂行する本人はフリーランサーと呼ばれる。

出典:ウィキペディア

 

 

つまり、会社に雇われていない個人で仕事を請け負う個人事業主のことを言うらしいですね。

 

独立して個人で企業と繋がっている方も増えてきていますが、そういった方々はフリーランスという働き方をしているということになりますね。

 

 

あと、よく平日の昼間に喫茶店に訪れると、私服でパソコンで何かをしている若い世代の人たちがいますが、そのほとんどがフリーランサーだといえます。

 

スポンサーリンク

個人でどうやって仕事にありつくの?

 

昔は自分で企業に伺い、仕事をもらうというのが一般的でした。

 

ですが、現在では『クラウドワークス』や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサイトで、多くの案件が掲載されているため、簡単に仕事にありつくことができます。

 

特にシステム開発などのIT関連の案件が豊富だったり、初心者でもできるライティングの案件なんかもたくさん掲載されています。

 

これにより、企業でプログラミングの業務をこなしていた会社員の方なんかは退職をして、こういったクラウドソーシングサイトを利用して、会社からもらっていた給料の何倍も稼いでいる方もいらっしゃいます。

 

 

下の記事ではクラウドソーシングで実際にライティングの案件の仕方を説明していますので、ぜひ併せて読んでみてください。

 

https://ten-choose.com/freelance/クラウドワークス/

 

 

フリーランスのメリット

 

フリーランスのメリットは下のようなモノがあります。

 

  1. ライフスタイルを自由にできる
  2. 自分の実力と同等の収入を得られる
  3. 人間関係に悩まなくて済む

 

受託案件であれば、場所を問わず仕事ができるので、自宅あるいはネット環境が整っていれば喫茶店や旅行先なんかでも働けてしまいます。

 

ですので、フリーランスという働き方を選ぶと「会社に行かないといけないから…」とか「上司や同僚の顔色を窺うのにつかれた」といった自由を制限される理由や悩みを解消できるのが大きなメリットかもしれませんね。

 

 

また、会社ではどんなに頑張っても、ほかの人よりも仕事をしていても、決められた収入しか得られないという状況は雇われている側からしてみたら不満の原因にもなります。

 

ですが、フリーランスであれば、自分で効率よく動いたり、実力を磨くことでそれに見合った収入が得られることになります。

 

この「自分の能力と同等の収入が得られる」というのは仕事をする上で途轍もなくモチベーションを保つことができる条件でもありますよね。

 

 

上記のようなメリットがあることから、最近では多くのエンジニアなどの労働者が個人で働くスタイルを選択しているのだと思います。

 

スポンサーリンク

フリーランスのデメリット

 

フリーランスの主なデメリットは

”生活していけるだけの仕事が見つからない”

ということでしょうか。

 

このデメリットは結構深刻ですよね。

 

「フリーランサーとして働こう」と決断して、今まで勤めていた会社を退職したのはいいけど、実際にやってみたら「仕事にありつけない…」なんていう状況になりかねないということです。

 

確かに案件はたくさんあるのですが、割と専門性が高かったり、単価が低くて死に物狂いで働かないと生きていけないという方もいるのが現状です。

 

基本的には個人で保有している知識や技術を活かして働くといった専門性が問われる働き方だったりします。

 

専門的な知識がなければライティングでは低単価の案件を数多くこなさないといけませんし、技術がなければ1か月丸々使ってやっと生活できる収入になるという方もすくなくありません。

 

 

ですので、現在では会社に勤めながら副業としてフリーランスをしている方や、アルバイトやネットビジネスと併用している方もたくさんいらっしゃいます。

 

ですので、現状ではフリーランス1本で生きていこうとするのは難しかったりします。

 

 

フリーランスで働く環境が整い始めている

 

デメリットが際立つフリーランスではありますが、最近ではフリーランスの働き方をサポートするような取り組みも始められています。

 

例えば、大手クラウドソーシング「ランサーズ」にて、フリーランスの仕事保障をする「ベーシックワーク」という制度の実験を始めています。

 

https://www.businessinsider.jp/post-169767

 

 

このベーシックワークでも、1か月に「3万円」「5万円」「10万円」の仕事をフリーランスをされているフリーランスに用意してくれるという制度です。

 

この制度が本格的に始動すれば、会社員の人が会社だけに依存しない収入源の確保ができるようになります。

 

こういった取り組みが増えれば、自分の時間を確保したいと考えている起業を目指す方たちも行動しやすくなりますから、ぜひともこういうサポートが増えていってほしいものです。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント