フリーランス初心者はランサーズ、クラウドワークスでは稼げないの?

フリーランス

 

よく会社員の方が「フリーランスでは稼げない」なんてことをおっしゃっていたりします。

特に「ただでさえ、フリーランスは稼げないのに初心者がやっていけるわけがない」と言われることがほとんどです。

 

それゆえに、フリーランスを始めたくても、「どうせ自分にはできない…」と考えられがちで、とても敷居が高いものだと思われている方も多いのではないでしょうか?

 

 

夢見る会社員
自分なんかがフリーランスで稼げるわけがないよな…
運営者
最低限の生活だったら、初心者でもできるんじゃないかな

 

実際に私も『クラウドワークス』で主に空いた時間を使って、フリーランスとしてライティングをしてみています。

ですが、「時給数百円」といった極端に低い状態にはなっていないのが現状です。

 

大抵、時給1000円か2000円になることがほとんどで、案件が効率よく見つけられれば、無駄なくお金を稼ぐことができていますね。

それこそ、「1日2,3つの案件をこなせば最低限の生活はできるんじゃないかな」と思っています。

現在、その検証中です。

 

ということは、クラウドワークスを使っても、フリーランスではお金を稼ぐことができないのではなく、もしかしたら、取り組んでいる方に問題があるのではないかと考えています。

 

スポンサーリンク



稼げないワーカーはこんなことをしている

 

まず、稼げないワーカーはどんなことをしているのかを説明したいと思います。

もしフリーランスをしていて、稼げないという方はこれに当てはまっているのではないのかと考えています。

 

 

単価が低い案件しか取り組んでいない

 

稼げないフリーランス
時給200円かよ…
運営者
なんでそんな単価の安い案件やってるの?

 

 

初心者の方はライティングの単発の「タスク」から取り組み始めるかと思います。

文章作成に慣れていない方は、文章を書く経験を積むところから始めるべきなので、間違ってはいないかと思います。

 

ですが、自分でサイト運営をしていたり、ある程度ライティングの経験を積んで、ある程度の技術と知識をもっているのに、極端に単価が低い案件ばかりをこなしている方が結構いらっしゃいます。

例えば、1時間かかる作業量なのに200円といった、あまりにも割に合わない案件に取り組み続けているのです。

このように、自分の能力を過小評価しすぎている方は稼げないということです。

 

 

また、単価が安い案件は基本的に、クライアント側も技術力をあまり求めていないことがほとんどです。

ですので、そんな案件をやっていても求められていることが少ないため、タイピングが早くなる程度で、自分の単価を高める技術は身につかなかったりします。

大体、単価が安ければ、取り組む側もテキトウにやってしまいがちなので、本当の時間の無駄になりかねないですよね。

 

ですので、実績を積むためといえども、安い案件ばかりやっていても意味がないわけです。

そんなことに時間を使うぐらいだったら、自分のサイトを運営し始めて、そのサイトを記事を作成していたほうがよっぽど将来的利潤は大きいですよね。

それこそ、勉強に時間を使って、自分にできることを増やしたほうが、よっぽど有意義な時間になると思いますよ。

 

 

自分の単価を高めようとしていない

 

稼げないフリーランス
自分にできる案件が少ないから、収益を上げることができないや…
運営者
なら、できることを増やすように努力すればいいだけ

 

 

たまに、フリーランスを一時期やっていたけど、儲からないからやめてしまったという方がいらっしゃいます。

それこそ、「フリーランスは儲からない」と結論を出し、周りに言いふらしている方もいますよね。

 

そういう方は、「今の自分の能力がないことを認められていない」方だといえるかと思います。

自分にできることが増えれば、それだけ単価の高い案件に取り組めますし、現在の給料よりも稼げることだってあるかもしれません。

 

それこそライティングなんてものは、自宅でパソコンでひたすら文章を書けばよいのですから、ほかの体を動かして働くよりも、効率よくお金を稼げるかもしれませんよね。

自分自身の文章能力あと豊富な知識があればあるほど、多くの案件をこなすことができるわけですから、これほど実力に見合った報酬が手に入る働き方はないかと思います。

 

ですので、フリーランスのライターとして、お金を稼ぎたいのであれば、文章を書くことはもちろん、知識を蓄えるように努力をしていく必要があります。

 

 

フリーランスで稼ぐためには

 

私がフリーランスで意識していることは下記のとおりです。

正直、フリーランスのライターとして稼いでいる方も同じことを考えているのではないかと思います。

 

単価の高い案件に取り組む

 

案件の単価が高くなれば、それだけ求められることが多いので、時間もかかりますが、それ以上にレベルの高い記事が書けるようになってきたりします。

そして、単価が高ければ、その案件の報酬を時給換算しても、自分が満足できる報酬の許容範囲内に収めることができることが多いです。

 

3,000文字2,000円の案件を2時間で終わらせれば、時給は1,000円になるわけですから。

これなら、「まぁまぁな報酬だから、もっと案件に取り組もう」というモチベーションでいられますよね。

 

最近ではフリーランス経験が少なくても、「初心者歓迎」といった、案件を通してライターを育てていこうと考えているクライアントもたくさんいらっしゃいます。

 

 

ですので、基本的には自分に見合った報酬がもらえる案件がなければ、やらない選択をして違うことに時間を使ったほうが良いかもしれません。

私の場合は、異常なまでに単価が低い案件や自分が書ける案件がなければ、取り組まないようにしています。

 

その代わり、自分のサイトの記事を書いたり、勉強をしたり、投資に時間を費やすようにしています。

私の場合はフリーランスが本業ではないので、当たり前なのですが。

 

ですので、「フリーランスに取り組まなければいけない」と常に考えるのは良くないかと思います。

どれだけ、効率よくお金を稼げるかを考えて取り組んでいくことで、結果的に無駄な時間がなくせ、フリーランスとしての収入も安定してくると思いますよ。

 

 

時給換算で自分の許容範囲を設定しておく

 

新米フリーランス
俺は1時間750円以下の案件はやらんぞッ!!

 

例えば、会社員の収入で考えてみて時給1500円だとしたら、その半分の750円は欲しいなと考えれば、それ以下の時給になりうる案件は取り組まないというスタンスでいても良いかと思います。

 

ときに200円、ときに1000円なんてことをやっていたら、200円の時の案件をやるなんて時間がもったいないと、自然に考えられるようになると思います。

 

なんでもそうですが、「成長ができない」「お金が稼げない」なんていう状況を作りだすのは、間違いなく時間を無駄に浪費するだけです。

なので、まずは自分の許容できる時給の範囲を設定して、徹底して行うということをしたが良いかもしれませんね。

 

 

相場と需要をチェックする

 

新米フリーランス
このテーマが最近注目されているのか

自分も興味があるし、勉強して語れるようになるかな!

 

これが一番、フリーランスとして生きていくには必要なことかもしれません。

フリーランスというのは、どこからでも案件が転がってくるというわけではありません。

 

ベテランのフリーランサーであれば、様々なクライアントから案件を依頼されるかもしれません。

ですが、基本的には積極的に案件を取りにいかなければなりません。

 

 

その時に重要なのが、「相場を知ること」、そして「需要を知ること」だと考えています。

様々な案件がある中、各テーマごとにどれぐらいの報酬もらえるのか、最も多い案件は何んなのかが分かれば、それに合わせて自分も成長すれば、さらに収入を増やすことができると考えられます。

 

ですので、文章能力は経験が身に付いたら、次に需要があるテーマについて、知識を深めて自分がこなせる仕事の範囲を広げていきましょう。

大抵、そのテーマについての本を5冊程度読めば、ほとんど語れるようになりますから、自分の可能性に制限をかけて収入が上がらないといったことのないように成長していきましょう!

 

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント