ビジネスを成功させる必要な原則 ~ユダヤ人大富豪の教えから学ぶ

ビジネスを成功させる必要な原則 ~ユダヤ人大富豪の教えから学ぶ

スポンサーリンク

ビジネスを成功させるために必要なこと

 

最近、企業の中には副業を認めるといった、会社員が個人で自発的にお金を稼ぐことに繋がる行動がしやすくなってきています。

そういった時代の流れから個人でビジネスを持とうと考えている方も増えてきたと思います。

 

そんなビジネスに必要なことはあなたの商品やサービスに対して、相手がお金を払っても良いと思えるほどの価値があるものを提供するということです。

それに加え、ビジネスを日本語に訳すと「仕事」という言葉になりますが、一般的に言われるビジネスは効率的に利益をあげる行動をいいます。

そのために、人に喜んでもらえるビジネスで、効率良く収入を上げるということが求められます。

 

本記事ではそのビジネスで成功に必要なことをご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

好きなことを見つける

楽しい

商売でもビジネスでも同じことで自分が満足できる、楽しいと思うものでなければなりません。

それは自分が満足、楽しいと思えるものでなければ、当然利用していただくお客様にも喜んでもらえないわけがないからです。

 

では、そのビジネスのテーマはどう見つければ良いと思いますか?

それは自身が見たり聞いたり、実際に取り組んでみたりするとよいかもしれません。

そして、明確に「好きだ、楽しいな」と感じたものを見つかるまで行動し続けることが大切です。

そのために何度も行動した後、「どこが良かったか、悪かったか」といった考察と自問自答を繰り返すのです。

それが経験からくる異性にモテるテクニックだったり、ゲームの裏技を見つけるでも何でもかまいません。

 

その分野で誰よりも努力ができると自信が持つことができて、かつ突き抜けることができるというものが望ましいです。

見つけたら、その好きなことをどう活かして、お客様に喜んでもらえるかを考えることでビジネスの基ができるのです。

 

スポンサーリンク


 

そのビジネスで成功に必要なものをすべて学ぶ

学ぶ

自分の好きなものが見つかり、それを活かしたビジネスが決まったら、その分野で活躍している人を探してみましょう。

まったく同じビジネスでなくても、そのビジネスの大切な要素が含まれている似た分野で構いません。

 

1つのビジネスで成功させるために必要なものは無数にあります。

その必要な無数なものを学びきる必要があります。

そのため、参考にするビジネスを見つけたら、それを100%学びきるまでは辞めてはいけません。

というのも、「この程度で良いか」といった及第点ぎりぎりのクオリティは平均的な成功しか納めることができないからです。

一流のプロスポーツ選手の功績は、一般のスポーツ選手の何倍もの練習があって初めてだすことできるように、ビジネスも同じなのです。

 

 

小さなスタート、短期間で大きくしない

砂時計

ビジネスが決めまり、必要なことを学び終わったら、小さなスケールで始めることが大切です。

例えば、世の中に需要があるかわからない状況で銀行から多額の借り入れをしたとします。

ですが、そのビジネスがうまくいかなかったときのリスクを自ら高めてしまうことになります。

うまくいかなかったら、借金が残ってしまって身動きが取れなくなってしまう可能性が大きいですよね。

ですが、ビジネスのスケールを小さくしてスタートすれば、上手く行かなくても方向性を変えたり、引き返すことだってできます。

 

また、ビジネスが動き始めると、事業規模が小さいことでお客様の要望を裁き切れなくなります。

その場合、事業規模を拡大することを検討しなければならないと思います。

そこで、一気に事業規模を大きくするのではなく、少しずつ大きくしていくことを意識したほうが良いと考えられます。

というのも、一気に費用をかけて大きくしたはいいが、大きくし終わった時にはブームが終わってしまっているかもしれません。

そうなったら、ただ資金の消費が激しいビジネスだけが残るといったことになりかねません。

そうならないためにも、お客様を待たせてしまっているぐらいが丁度良いと考え、ゆっくりと事業規模を拡大していくことを意識するようにしましょう。

 

スポンサーリンク


 

儲かるシステムをつくる

お金を稼ぐ

ビジネスは「利益 = お客の喜びがお金に転換されたもの」とユダヤ人大富豪の教えには書かれています。

お客さまに喜んで頂ければ、そのお客様は一生お金を持ってきてくれる可能性があるのです。

お客様自身が喜んで、ビジネスの儲けに繋げてくれるようなビジネスシステムをつくることが出来れば理想的だともいっています。

 

例えば、商品を購入したお客様が本当に満足させることができた場合、その商品を見せびらかすという行動が予想できます。

それに加えて、そのお客様が他のお客様を顧客にするという仕組みを作り出すことができれば、多額な収入を作り出すビジネスになるということです。

このように、自分以外の本来収入に繋がらないようなものがビジネスを成功させる鍵になるかもしれないのです。

 

 

自分がいなくてもまわるシステムをつくる

自動化

ビジネスで収入が得られるようになったら、次にすることが「自分がいなくてもまわるシステムを構築する」ことです。

これは「お客様にもっと喜んでもらえるようなサービスを考える」といった、大切な時間を作るために欠かせないことです。

これができなければ、お客様が離れていってしまう可能性がありますし、収入を今以上は見込めないと考えられます。

そのため、一度儲かる仕組みを作った後、そのビジネスを誰が管理してもうまくいくようにすることが必要なのです。

または、どこかに委託したり、システム構築して自動化する方法も考慮しても良いかもしれません。

これができれば、違った試みもできますので、新しい収入源を得ることも可能性を高めることができます。。

 

 

最後に

本記事ではビジネスは「好きなことで」「必要なことを学び」「拡大はゆっくりと」「利益を上げる仕組みを考え」「自動化をする」といったことを簡単に説明しました。

自分のビジネスを持とうと考えている方は本記事の内容を頭の隅に置いといてください。

きっとビジネスを作り実行していく中で役に立つときがくると思います。

その時に感情のままに行動をするとうまくいかないことがあると思います。

そんなときは冷静に対処することを心がけるようにしましょう。

 

本記事の関連記事の『お金持ちになるためのお金の法則 ~ユダヤ人大富豪の教えから学ぶ』もぜひ読んでみてください!

 

<自分の市場価値を調べてみる【MIIDAS(ミイダス)】>


 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ