FX初心者にオススメする絶対に買って後悔しないテクニカル分析の本

  • 2018.03.13
  • 2018.05.05
FX初心者にオススメする絶対に買って後悔しないテクニカル分析の本

 

投資に興味がある方の中には「FXで儲かるって聞いた」という理由でFXに興味を持たれた方もいらっしゃるかと思います。

 

もちろん、FXで儲けている人もいれば、資金が底を尽きる人だっています。

ですが、投資はお金を使って、大きな利益を得ることができるわけですから、どちらもいて当然なのです。

 

そのため、「FXだから儲からない」「株は儲からない」という人がいて当たり前なんですね。

それでも、それぞれの投資で成果を上げている人がたくさんいる以上、完璧な博打ではないのが事実です。

 

FXも投資なので同様のことがいえます。

ですが、トレーダーによっては、FXが博打になってしまっている人がいらっしゃいます。

 

なんとなくでエントリーをして、「上がるか下がるかは運任せ」みたいな。

 

そのFXを博打にしないために「分析」が重要になってくるわけです。

そして、FXは経済について分析である「ファンダメンタルズ分析」よりも、チャートの傾向から分析をする「テクニカル分析」が収益を挙げられます。

経済指標の結果や国の景気は、ある程度の期間があれば分かるので、ほとんどのトレーダーはそれを見越して、エントリーをしています。

そのため、緊急発表でない限り、為替に影響を与える要因はそれ以前のチャートに織り込み済みなわけです。

ですので、長期的なポジション保有をするでない限り、ファンダメンタルズ分析は必要ないと考えられます。

 

上記でFXは分析が大切で、その分析の中でも「テクニカル分析」が重要だとご理解いただけたかと思います。

この「テクニカル分析」ですが、トレーダーによって考えが違えば、手法も変わってきます。

ですので、FXではたくさんのトレーダーから学ぶと頭がぐちゃぐちゃになってしまいます。

 

これはつまり、「できるだけ少ない参考文献から勝てるチャート分析を学ばなければいけない」ということでもあると考えています。

そこで、私がオススメするテクニカル分析の本は”FX チャートリーディング マスターブック”なのです。

 

 

 

私は多くのFXの本を購入しましたが、結局最後に残ったのは、この1冊だけでした。

むしろ、これ以外、FXのテクニカル分析の本は必要ないとハッキリ言えます。

 

ですので、本記事ではこの”FX チャートリーディング マスターブック”についてご紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

FX チャートリーディング マスターブックの感想

 

この本を購入された方がパーッと流して読んでみたとき感じるのは、きっと「まさに、テクニカル分析に特化した本だッ!」といった感想だと思います。

 

それぐらいFXのテクニカル分析に特化した本なのです。

 

そんな”FX チャートリーディング マスターブック”の魅力を紹介していきます。

 

分析の仕方を一から学べる

この本の最大の魅力だと思っているのは”分析の仕方が詳しく書かれている”という点です。

FXのトレードにおいて、インジケーターを使わないことはほとんどないと思います。

「ローソク足」「移動平均線」「MACD」「ポリキャーバンド」など、それぞれの使い方がしっかり説明されています。

きっとFX初心者はインジケーターの勉強から入ると思いますので、この本は間違いなくオススメしたいんですよね。

 

また、それぞれのインジケーターを勘違いして間違った使い方をしている方も中にもいるかと思います。

ですが、そういった方は間違っていることを自覚することも難しいと思います。

そんな方のための本でもあるので、ぜひ読んでみることをお勧めします。

 

私がFX初心者だった頃、FXで損失を出し続け、収益が伸び悩んでいる時期がありました。

そこで、いろんなサイトで調べて、この本に行きつき、購入しました。

 

この本を購入して読んだとき、いままでのトレードがあまりにも杜撰だったかを自覚したタイミングでもあります。

それから、この本を読みこんで、トレードをして、読みこんでを繰り返して、FXで少しづつ稼げるようになってきました。

 

これはこの本を読んで、分析の仕方を理解することで、トレードは難しいモノだという先入観を捨て、シンプルにトレードに徹することができたからだと実感しています。

 

そういった経験をしたから、この本を胸を張ってオススメしているんですよね。

 

途轍もなく分かりやすい

専門書と聞くと、文字だらけで専門用語がたくさん出てくるイメージを持たれがちです。

ですが、この本はとても分かりやすく図やチャートが程よく組み込まれています。

そのおかげで、「もう読みたくない…」といった感情はほとんど感じませんでしたね。

 

それに加えて、「こういう時はこう考える」といった、チャートを用いた説明が多いので、頭にスーッと入ってきます。

それで言って実践的なことが豊富に載っていますので、実践を積みながら、理にかなった知識が蓄えられていくことが実感できました。

 

こういった理解しやすさがあることからも、FX初心者にオススメするテクニカル分析の本だと考えています。

 

 

この本が向いていない人

 

もちろん、誰でも必要とされる本なんてあり得ません。

ここで紹介している”FX チャートリーディング マスターブック”も同様です。

 

この本が向いていない人は

  • 専門用語を重視している人
  • 自分に投資できない人

の二つだと考えています。

 

この本はFX初心者で理解しやすいように無駄な専門用語は使用していないと思われます。

それゆえに、「FXを専門用語含めて、ゴリゴリに勉強したいんだよ」という方は不満に感じるかもしれません。

 

ですので、専門用語を期待して購入されると後悔してしまうかもしれませんね。

ですが、正直の話、FXの専門用語を重視して勉強をしたところで、FXで稼げるようになるわけではないので、時間の無駄になるかもしれないということは覚えておいてください。

 

あとは、このテクニカル分析の本は定価で「2,800円+税」となっています。

それに加えて、アマゾンで中古で購入しようにも、それほど値段に差があるわけではありません。

ですので、結局、新品で購入することになると思うのですが、一般の本と比べると少し高価と感じると思います。

 

ですが、私はこの本は金額以上の学びが得られると実感しているので、今では高いとは感じてはいません。

売られているものだけでも。FXの本には結構の数があります。

それも玉石混交で購入して損された方もたくさんいらっしゃるはずです。

 

ですので、たくさんの本を購入して、結局たくさんのお金を払うのであれば、良書である”FX チャートリーディング マスターブック”を初めに買ってしまったほうが結果的に安く済むかもしれません。

 

ですので、FXを分析力を上達させたい方で、初心者で何を買ったほうが良いか悩まれている方は、ぜひまずはこの本を購入することをお勧めします。

 

ぜひ、この本を読んで、FXで稼げるようになってください!

 

 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ