後悔ばかりの人生は「3つの不安」が原因で引き起こされているかも

マインドセット

行動できない人の多くに共通していることが「不安」という気持ちです。

その不安を持ち続けることは人生の後悔のもとです。

現在、本記事の「過去」「現在」「未来」のどの不安に当てはまるか考えてみてください。

また、現在の自分がうまくいっていないと感じている方も3つの不安から引き起こされているかもしれません。

これからの人生のために不安に対して理解をしておきましょう。

 

過去による不安

 

ここでの不安は、過去にあった嫌な記憶についての不安です。

「過去にやったけどうまくいかなかった」という不安から、チャレンジするのをやめ、自ら自分の可能性を狭めていたりします。

また、「上司やお客さんからお叱りを受けた」といった不安から、仕事に対しての意欲がなくなるのはもちろん、自分のパフォーマンスを発揮できない状態に陥ってしまいます。

このような過去の出来事の嫌な記憶、失敗した記憶を何をするにも思い出してしまうのです。

その結果、不安を感じることでマイナスな行動を選択してしまうのです。

 

人はうまくいくというイメージが持てなければ、うまくいくことはほとんどありません。

これにより、仕事では成果を上げられないどころか失敗を繰り返してしまうことだってあります。

それ以上に、物事に意欲が持てないことで、自分は何もできない人間になってしまうことだってあるのです。

 

 

現在による不安

 

ここでの不安は、今現在自分が思っていることの不安です。

「最近、うまくいってないな」とか「失敗やミスによる今の悪い現状」といったネガティブな感情からくる不安です。

こういった失った自信をそのまま放置するということは、これからもその不安を引きずることになります。

そのため、その失敗を返上するように働き掛けをしなければ、不安を蓄積されていくばかりです。

その不安が蓄積されていくことで、今以上不安が大きくなり、自分自身の行動を制限することにつながります。

そして、現在の不安を払拭しなければ、自分の未来への積極性もなくなっていきます。

 

 

未来による不安

 

ここでの不安は、これから起きることへの不安です。

この不安はこれまでの経験や考えすぎることで生じる不安です。

 

「お客さんからクレームが来たらどうしよう」「失敗したらどうしよう」といった考えから、行動ができなくなってしまうのです。

こういった不安は悪いほうへ悪いほうへと考えてしまうものです。

やってみなければ分からないことに対しても不安で仕方がないのです。

これに関しては、十分な対策を講じておくことで和らげることができる不安です。

 

スポンサーリンク


 

 

不安を払拭するためには現在の自分を変える

 

現在は過去の行いが引き起こした結果です。

そして、未来の良い進展の一歩を作り出すのが現在であることを覚えておいてください。

 

人は人生の中で小さいな失敗から人生を壊しかねないような大きな失敗をするものです。

ですが、その失敗はそのままでは失敗のままです。

その失敗を糧に行動し続けることが何より大切か理解しなければなりません。

きれいごとに聞こえるかもしれません。

ですが、成功者は今の私やあなた以上に、つらい経験をしながら行動しながら積み重ねてきたのです。

その結果、大きなことを成し遂げることができたのです。

 

エジソンが20000回もの失敗を重ねて電球を発明したように。

カーネルサンダーが飲食店に飛び込み営業し1009回も断られながらも、世界中で食べられているフライドチキンを広めたように。

 

始めは小さくても良いので、成功体験を積み重ねていきましょう。

「友達を喜ばせることができた」「資格を取得することができた」といったことから、だんだん大きくしていくのです。

そうすれば、あの時にこういった成果を挙げられたから、自分はやればできるんだと自信が持てるはずです。

 

過去を変えることはできませんが、未来を限りなく良くすることができるのは現在なのです。

そのために、過去にとらわれた不安よりも、自分の未来をよくすることだけを考えていればいいのです。

なんせ、過去のことをいくら考えても、その結果が変わることはないのですから。

 

<5万円から始める投資FX>

 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント