働きたくない人の「働かなくてもいい」を実現するための方法

お金

 

「もう働きたくない…」

「毎日が憂鬱だ…」

 

社会人の方の中にはこういった働くことへネガティブな印象を抱き、どうしようもなく今の生活を抜け出したいと考えている方もいるかもしれません。

 

ですが、そんなことを考えていても実際に労働から抜け出すことができるのは年金がもらえる年齢になってからですよね。

 

この途方もない年月をどう乗り越えるかと考えることはあっても、この状況から抜け出す方法を考えないのが一般の人だったりします。

 

 

ですが、ここでは一般の人が唯一、労働から解放される方法だといえる『お金の働かせる』という考え方を紹介したいと思います。

 

ですが、実際にこの考え方を実施するとリスクが伴うため、この考え方は敬遠される方が多いと思います。

 

なぜなら、お金を働かせるというのはリスクを伴うからです。

 

「損をしたくない」と強く思えば、それだけリスクはとりたくないと考えてしまうのは当たり前なことなのです。

 

ですが、このお金を働かせるというのは、ほとんどのお金持ちが行っていることだといえます。

 

別に現在お金がなくてもこれからこの考え方を実践できるように行動に移していけばよいだけなので、行動するまでに諦める必要はないかと思います。

 

 

では、「お金がない…」という方にこのお金を働かせるやり方について説明していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク



まずは必死に働く

 

「今すぐに働かなくていい」なんて都合の良い世の中ではありませんよね。

 

ですが、将来的に働かなくてもいいような状況を作りだすように準備をしておくことが大切です。

 

そのためには第一歩としてまとまった資金を集める必要があるといえます。

 

 

「えっ!?お金がなくて困っているのにお金を稼げって!?( ゚Д゚)」

 

と考える方も多いかと思います。

 

正直これができれば、「今現状にお金に困っている人はいないし、そもそも働きたくないから本ページを見てるんだよ!」という方もいますよね。

 

でも、働いてくれるお金の数が多いほうが、それだけお金を稼げる機会に恵まれるのは事実です。

 

働かなくてもいいだけのお金を生み出すにはそれだけ資金が必要だというのは当然です。

 

 

ですので、まずは必死に資金を集めるところから始める必要があるわけです。

 

 

この資金を集める時には下の2つのやり方があると考えています。

 

 

できるだけ単価の高い仕事をする

 

この単価の高い仕事をするというのはとても重要な考え方です。

 

会社員の方は毎月決まった金額が振り込まれると思います。

 

そのまとまった金額を見ているから気づかれていないことがありますが、結構1時間に対しての賃金が低かったりします。

 

特に20代なんかはボーナスを含めて12か月で平均を出すと24、25万円程度だったりします。

 

生活費に20万円として、遊びでお金を使ってしまったら、ほとんど手元にお金は残らないなんていう状況なのではないでしょうか?

 

これだと、30代40代になるまで一向にお金は貯まりません。

 

「働くことをやめたい」と考えている人がそれだけの長い時間を耐えるのは難しいかもしれません。

 

それだったら、労働時間を長くしてでも、資格を取得して専門性の高いアルバイトを朝と夜で掛け持ちして働いたほうがよっぽど短い期間でお金を貯めることができるかと思います。

 

「短い期間で一気に苦しむ」か「長期的にじわじわと苦しむ」かといった選択になるかと思います。

 

もちろん、体のことを考えて許容の範囲内で働くというのは絶対条件にはなりますが…。

 

そういう無茶な働き方も若いうちのほうが身体的にも、周囲からの見られ方も楽だと思います。

 

 

やったら、やった分だけお金になる環境をつくる

 

能力関係なしに、働く時間を増やせる「やった分だけお金が稼げる」といった状況を作りだすことも大切です。

 

これは上の「専門性を高めて、単価の高い仕事をする」の例で挙げた「アルバイト掛け持ち」に近い労働時間を増やすに近いですが、ここでは少し考え方が違います。

 

これは”働く時間を増やせる環境を整える”ということです。

 

どうしても企業などに雇われると働ける時間が制限されてしまいますから、体力が有り余っていても働くことができなかったりしますよね。

 

そういう状況に身を置いていると「働けないんだったら、ゲームしたり、同僚と飲みにいったりしよう」と考えてしまうわけですよね。

 

こういった”一般の働く環境はお金が出ていくような状況をあえて作り出してしまっている”状況を作り出さないようにしないといけないのです。

 

そのためには、安定した収入を確保しつつ、個人で働くなどの方法をとるべきだと考えています。

 

つまり、『副業禁止』の企業に勤めている方は副業が許される職場に転職するということが前提となります。

 

そして、できれば在宅で働けるフリーランスなどを選択するとよいかと思います。

 

フリーランスなら空いている時間に仕事ができて効率的ですし、休みたかったら休めばよいという選択も可能になります。

 

現在はクラウドソーシングサービスを提供している大手クラウドワークスでは、プログラミングといった専門性の高いものから、ライティングといった初心者の方でもすぐに着手できる案件がたくさん掲載されています。

 

こういった働き方を取り入れて、今以上に収入を上げて資金を貯める方法がおすすめです。

 

 

他にも下の記事で副業について書いていますので、ぜひよんでみてください。

 

サラリーマンにおすすめなネットを使って在宅でできる副業を紹介!
「副業したいけど何をしていいか分からない」「会社の給料が低いから副業を検討している」こんな考えを持たれている方は実際にかなり増えてきてます。副業に関して、最近では企業側も関心を持たれるようにもなってき...

 

スポンサーリンク

お金を働かせる

 

ある程度の資金が貯まったら、さっそく「お金を働かせる」というフェーズになります。

 

ここでの内容は下の記事と重複しますので、ここでは簡単に説明をしたいと思います。

 

詳しく知りたい方は下の記事をよんでみてください。

 

「お金を働かせる」という習慣が労働から解放されるお金持ちになる方法である
「お金持ちになるには、とびぬけた才能が必要」「大手企業で出世するとお金持ちになれる」あなたはお金持ちへのイメージはこんな感じではないですか?このイメージは正しいようで正しくなかったりします。...

 

 

基本的には集めた資金は下のものに費やすとよいと考えています。

 

  1. 自分が持っている「ビジネス」
  2. 株式や為替といった「金融関連」
  3. 企業に融資する「オーナー」

 

この上の3つは「やりがい」と「お金を稼ぐ効率が高い」と私は考えています。

 

では、簡単に上の説明をしていきます。

 

 

ビジネス

 

ここでのビジネスは別にこの時代において画期的なビジネスである必要はありません。

 

会社員の方がよくやられている「サイト運営」なんかも当てはまります。

 

別に特別高度なことをしているわけではなく、必要な人に必要な情報を分かりやすく伝えるというのが趣旨になるビジネスです。

 

 

このサイト運営の場合だと、例えば『アフィリエイト』というサイトで商品を紹介して、そのサイトから購入者がでたら報酬が発生するというものです。

 

これはいってみれば、サイトの「ページ数」や「量質なコンテンツ力」が重要になってくるビジネスです。

 

 

これを「自分で作るのではなく、サイトを作ってくれるライターさんを雇ってサイトを作る」といった、”お金を使って労力を買う”というのがここでのお金を働かせるということになります。

 

これならお金を使ってお金を稼ぎ、その稼いだお金でさらにサイトを大きくしたり、サイトを増やしたりすることが可能になります。

 

 

ブログの始め方が分からない方は、下の記事でサイトの始め方を説明していますので、興味がある方は読みながら始めてみてください。

 

ブログの始め方【エックスサーバーでWordPressを始める!】
「エックスサーバーでWordPressを使ってブログを始める」をテーマに書いています。設定が面倒だと感じるかもしれませんが、意外と簡単です。そんなブログ開設・始め方を初心者の方でもわかりやすくまとめています。

 

 

金融関連

 

リスクが大きいと敬遠されがちな『投資』。

 

ですが、お金持ちのほとんど株式に投資をしていたり、個人でお金持ちなったきっかけがFXだったりという話をよく聞きますよね。

 

お金を稼ぐ最も早く大金を稼ぐ方法として、”お金を失うリスクをとってお金を働かせる”と考えています。

 

 

この投資とは”お金を使って将来的な国や企業の利益を還元してもらう”というお金の働かせ方です。

 

個人で生み出す利益はたかがしれますが、国や企業という組織を働かせて大きな利益を得ようというのが投資ということですね。

 

 

また、下の記事でも書いていますが、歳を重ねるごとに「若いうちに投資に触れておけばよかった」と後悔する人がいたりします。

 

https://ten-choose.com/お金/投資は若いうちに始める/

 

 

これは投資について知識が乏しければ「やらないほうがいい」と考え、投資を理解した人は「投資を始めてよかった」と考えるということだと思います。

 

 

なにより、興味のある企業に投資をしたり、将来的な世の中の動きを予測することは、自分の成長にも繋がるのはもちろん、視野の広い働き方ができる優秀な人材になるきっかけにもなるかと思います。

 

 

オーナー

 

新しい事業に資金を融資して、成長したときにその事業の利益を還元してもらうというのが『オーナー』のお金の働かせ方です。

 

いってみれば、”人の可能性の秘めたアイディアや人材にお金を使って後々利潤を得る”ということです。

 

結構、会社員の方でもオーナーになられている方もいたりして、特別珍しいことではないと考えられます。

 

 

基本的には、事業をしたいという人にお金を出して、企業の成長を見守るというのが一般的だったりします。

 

ですが、中にはお金を出して一緒に働くといった、オーナーの立ち位置から外れているような方もいますね。

 

それでも、雇われて働くよりも、自分のモノのために働いたほうが絶対にやりがいはあると考えられます。

 

スポンサーリンク

最後に:働きたくないなら、お金を働かせる技術を磨くべき

 

労働から解放されるには、

”一生生きていけるだけのお金を持つ”

”ビジネスや事業で成功させる”

”お金を生み出す『お金の働かせる』能力を手に入れる”

だと考えています。

 

上から2番目までは、運や才能といった特質したモノが要求されるため、比較的困難な選択だといえます。

 

ですが、『お金を働かせる』というのは経験を積んでいけば身についてきますから、「実現できない」なんてことにはならないかと思います。

 

 

ですので、もしも現在、「もう働きたくないよ…」と考えているのであれば、すぐには無理でも、将来的に働かなくてよいという状況を作りだす準備をしておくとよいと思います。

 

この「お金を働かせる」ということを知らないことで、多くの人が「会社をクビになること」や「定年まで働き続けなければいけない」という不安を抱きながら、日々を過ごすことを強いられているのではないかとかんがえていたりします。

 

ぜひ、お金の働かせ方を身に着けて、自由な人生をてにいれてみてください!

 

 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント