投資初心者が投資を始める絶好のタイミングとは?

お金

 

投資に興味があるけど、どれくらいで投資を始めればよいのかわからず、投資を始められない方が大勢いらっしゃるかと思います。

 

現在では30代から40代から投資を始めるという方が増えてきています。

 

ということは、「30代あたりから投資を始めるのが一番良いタイミングなの?」と考えるかもしれません。

 

ですが、実際はそうとは限らないのが現状です。

 

「だったら、いつ投資を始めるのがいいのか」と悩まれる方に向けて、本記事では”投資を始める絶好なタイミング”について説明をしていこうと思います。

 

スポンサーリンク



相場状況をみて始める
というのは遅すぎる

 

たまにサラリーマンの方で「株価が全体的に下がっている今が株式投資の始め時だ!」といった考えを持たれている方がいらっしゃいます。

 

もちろん、それは株式投資の始め時ともいえるかもしれません。

 

だからといって、日本の景気が悪くなっていることから生じている株価の下落ですから、そのまま低迷してしまうことだって考えれます。

 

そういった投資を始めるきっかけになるわけですから、良いことのほうが多いのかもしれません。

 

 

ですが、そういった機会に恵まれなければ投資を始めないというのは、なかなかに取り組みの初動としては遅すぎるとも言えます。

 

そういった機会をモノにできる方々は、それ以前に投資の技術を磨いている人たちです。

 

逆に投資の技術が身についていない、投資初心者がせっかくの収益を挙げる絶好のタイミングなのに、思うように利益が上げられず、結局損失を抱えて投資からリタイアなんてことも考えれるわけです。

 

 

こういった理由から投資で収益を挙げたいのであれば、絶好のタイミングが来てから始めるのではなく、前もって投資に取り組み、ある程度の実力を身に着けておくことが大切なのです。

 

 

十分に勉強してから
始めるは無駄になるかも

 

投資に興味を持ったとしても、「まずはしっかり知識を貯めてからだ!」と考え、投資を始めるのを見送る方がとても多いです。

 

ですが、やはり投資も机上の学びのみで勉強しても、知識があるだけでは投資未経験者と実力面では全く変わらないのが現状です。

 

それこそ、勉強だって正しい実用的な知識を貯めなければ意味がないのに、どうでもよいそれっぽい知識を身に着けて、「前に進んでいるぞ!」と考える方が多いように感じます。

 

ですが、実践を経験していない以上、本当に必要な知識を蓄えられているのかというのは分からないわけですよね。

 

そうなれば、役にも立たないような知識だけ積んだ無駄な時間となってしまうことだってありえます。

 

そのため、「投資はしっかりと勉強してから」という考えではなく、臨場感をもって学ぶために、少額でリスクを抑えて、投資をしながら必要な知識だけ身に着けていくといった効率的な知識のつけ方を選択したほうが、よっぽど楽で結果に結びつくといえます。

 

スポンサーリンク

大金があるときに
始めるとカモにされる

 

投資を始めるのは資金面で敷居が高いと考えている方がいらっしゃいます。

 

そのため、まとまったお金を長い時間かけて集めてから、投資を始められる方も中にはいらっしゃいます。

 

ですが、そういった大金を持った状態で投資を始められる方のほとんどが大きな損失を被ってしまうといえるのです。

 

基本的に投資は金額が大きくなればなるほど、損失を出した時の金額もそれに比例して大きくなります。

 

これは”株式投資”にしかり、”為替(FX)”にしかりです。

 

それでいて、大きな金額を扱う取引を行うのに、投資家としての経験はほとんどないわけです。

 

そうなれば、相場の餌食になるのは目に見えていますよね。

 

「それなら、初めは小額でやればいいだけじゃん!」という方もいらっしゃいますが、理性が効かないのが投資の恐ろしい特性だったりします。

 

投資をされている方はご理解いただけるかと思いますが、少しでも美味しい思いをすると、「もっと金額を大きくして、利益を挙げたい!」というのが、人の性というものです。

 

そこら辺の理性のコントロールも、熟年の経験者でさえできないことがあるのに、投資初心者の方ができるわけもないので、始めて間もなく、資金が尽きて絶望してしまうという状況に陥るんですよね。

 

そのため、「充分な資金が集まってから」と投資を始める時期を遅らせるよりも、小さな金額から資産を大きくしていくという気持ちで、早い段階で取り組み始めるとそれなりの資金が集まったときにはそれなりの経験値を積んでいる状態で始められるので、大きな失敗でダメにしてしまうなんてことになることも少なくなるかと思います。

 

スポンサーリンク

投資を始める
絶好のタイミングは
『興味を持った瞬間』

 

投資を始めるタイミングは、取り組む投資にもよりますが、最低5万円~50万円の資金が貯まったときに始めるのが良いかと思います。

 

為替取引であれば5万円程度から始められますし、株式では50万円ぐらいあればリスクが低い状態で投資を始められるかと思います。

 

上記で「初心者が大金を使って投資をするとカモにされる」といったことを説明しました。

 

基本的には大金を持ってから始めるのではなく、徐々に投資に取り組んでいって、結果的にある程度大きな資金で投資しているといった状態にしたほうが良いと考えています。

 

なにより、投資は「お金が貯まってから」とか「退職金で始める」といったまとまった資金を貯まるまでは、投資を始められないというのは、投資経験を積む時間を削ってまですることではないといえます。

 

むしろ、投資を全くやったことがないのに、初めから大金を使って投資を始めるのは正直危険にもほどがあるといえます。

 

そのため、”若いうちから投資に取り組み始める”が最もリスクが低く、取り返しのつく時期だと考えられます。

 

なぜなら、歳が若ければ、資金も少ないと考えられるので、その時の全力の資金を失っても、あとから取り返しがつく金額だと考えます。

 

また、下の記事でも書いていますが、投資をしている方々のほとんどが「若いうちに投資を始めておけばよかった」と後悔しているのです。

 

https://ten-choose.com/お金/tousi-taimingu/

 

 

つまり、「思い立ったら吉日」ということばがありますが、現在が自分にとって最も若いわけですから、投資を始めようと考えたら、投資に取り組む準備をしてしまうのが、最もベストなタイミングだといえます。

 

スポンサーリンク

投資でおすすめなのは?

 

下の記事にも書いていますが、私が現在いくつかの投資に取り組んでいます。

 

私がどんな感じに投資について考えているか、詳しく書いていますのでぜひ読んでみてください。

 

「お金を働かせる」という習慣が労働から解放されるお金持ちになる方法である
「お金持ちになるには、とびぬけた才能が必要」「大手企業で出世するとお金持ちになれる」あなたはお金持ちへのイメージはこんな感じではないですか?このイメージは正しいようで正しくなかったりします。...

 

上の記事で説明しているので、ここでは簡単に説明したいと思います。

 

私が現在取り組んでいるおすすめな投資は下記の3つとなります。

 

・為替取引(FX)

・仮想通貨

・株式投資

※現在、”サイト運営”に投資をして収益化する計画も立てています。

 

 

それぞれを簡単に説明すると下の通りです。

  1. 為替取引(FX)
    価値が変動する国同士の通貨を交換して利益を得る
  2. 仮想通貨
    国の通貨と仮想通貨を交換して利益を得る
  3. 株式投資
    企業が発行する株式を買い、その株式の価値が上がれば利益が得られる

 

私は毎日アクティブに投資をするのは為替取引だけです。

 

為替取引は常に各国の通貨は価値変動がありますから、1日に2,3回取引チャンスがあるので見逃せません。

 

ですので、お金稼ぎに積極的に取り組みたい方は為替取引がお勧めかもしれませんね。

 

ちなみに私も使っている国内最大口座数を誇る『DMM FX』なら、取引をすると現金化できるポイントがつき、取引の安定性と効率的な投資が実現できると思うので、この口座を選んでおけば間違いないです。

 

もしくはリスクを抑えるために初めは小額でFXを始めたいという方は、下の記事で紹介している「外為オンライン」であれば5000円から始められるのでお勧めです。

 

https://fxmuchaso.com/wp/fxコラム/外為オンラインの口座開設/

 

そして、”仮想通貨”と”株式投資”は長期保有するという形で取り組んでいます。

 

私の仮想通貨への投資方法は将来性の高い仮想通貨を狙って、取引手数料が現在最も安い『Zaif』で長期保有しているだけですね。

 

仮想通貨の投資で気を付けなければいけないのが、現在価値が低く、価値が上がれば一攫千金といったマイナーコインに投資をされる方もいらっしゃいますが、マイナーコインの中には「詐欺コイン」と呼ばれるモノもありますから、しっかり調べてから投資をするようにしましょう。

 

ですので、初心者の方は比較的メジャーな仮想通貨で取引をすることをお勧めします。

 

株式投資は銘柄の企業分析とテクニカル分析と経済的面でのファンダメンタルズ分析をしてから長期保有している感じですね。

 

専門的な知識を身に着けるまでに時間がかかるかと思うので、初心者の方はまず『ウェルスナビ』などで自動で資産運用をしながら、株式投資に触れていくところから始めるのがおすすめです。

 

 

投資は若いうちから始める!

 

本記事では”投資を始める絶好なタイミング”について説明してきました。

 

基本的に投資を始めるのに「いくら資金が集まったら」とか、「これぐらい知識が貯まったら」といった基準はありません。

 

むしろ、始めるのはできるだけ早く取り組んだほうが、結果的に早く稼げるようになるとしか言いようがありません。

 

ですので、まずは小額でリスクを抑えた状態で投資の経験を積んでいくのがベストだといえます。

 

悩んでいる時間が長ければ、それだけ前に進まないのが投資ですので、まずは多少のリスクを許容して一歩踏み出してみてください。

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント