フリーターで未経験でもIT企業に就職できるの?【ITエンジニアになれます】

フリーター

どうも、元IT企業に勤めていた『むぅチャソ(@mw_chaso)』です。

 

よくネットで「未経験でIT企業に就職できるの?」っていう疑問を投げかけている方たちっていますよね。

 

この疑問の結論を言うと…。

未経験でもITエンジニアになれます!

 

ボクの周りにも「異業種からIT企業に就職したい」と考えている人が結構いたりします。

 

また、フリーターの方が手に職をつけるという意味で志望していることも多いかと思います。

 

なので、本記事では『フリーター&未経験の方のIT企業の就職』について書いていきます。

 

ぜひ、IT企業の就職に興味のある方は最後まで読んでみてください。

 

スポンサーリンク



初めに:ITエンジニアはそこまで敷居は高くない

 

なんか未経験な人が「ITエンジニアになること、IT企業に就職する」のは難しいと考えがちですよね。

 

こういう『難しそう』とか『怖い』っていうのは、対象のことを知らないから生じる気持ちだったりします。

 

確かに、一般的な知識を扱ったり、接客といった業種とは違い、常に成長が必要だったり、頭脳労働が多くなったりするかと思います。

 

ですが、そのITエンジニアと働く入り口はそこまで敷居は高くないのが現実です。

 

というのも、常にIT関連の仕事は溢れるほど存在し、それを賄うための労働力が不足しているからです。

 

これがよく言われる”IT業界は人手不足”ということですね。

 

まぁ、どこの業界でも言われていることですけども…。

 

なので、基本的にはどの企業も人を雇って、育てて労働力に変えたいわけです。

 

だから、「自分には務まらない」と諦めないで、IT業界に飛び込んでみましょう。

 

 

ITエンジニアの仕事内容【体験談】

 

まず初めに、「そもそもプログラマーやSEってどんなお仕事をするんだろう」って曖昧な状態で志望しているかもしれません。

 

なので、ここでは簡単に「入社してから、未経験者は初めにどんな仕事をするのか」について、ボクが未経験で入社後に実際にやった業務や同僚の話をもとに書いていきます。

 

この『ITエンジニアの仕事』について知らなければ、入社したとしても「なんか違うな…」と後悔することになるかもしれませんからね。

 

なので、『ITエンジニアの仕事』について、イメージだけでも持っておくとよいかと思います。

 

では、さっそく説明していきます。

 

案件サポート

案件サポートの内容・資料作り

・取引相手の業界調査[資料にまとめる]

・先輩社員に同行し、取引相手との打合せに参加[議事録付け]

 

企業によっては、初めはエンジニアとしての仕事をしないことがあります。

 

その場合は案件のサポートという形で働くことになるかと思います。

 

案件に必要な資料を作成したり、『金融』や『建築』業界など取引相手が業務で使うシステムを作る際には、取引相手との打ち合わせ円滑に進める、システムを正確に作る目的で業界調査を任されることがあるかと思います。

 

また、取引相手との打ち合わせに参加し、打ち合わせ中はそこで話した内容をメモをとり、チーム全体で共有する資料を作成します。

 

その際に求められるスキルは『PCのタイピング』『Excel・Wordの基本操作』だと思います。

 

むぅチャソ
ボクが入社したときはタイピングは指一本でしていましたし、Excelなんかは使ったことがほとんどありませんでした…。

それでも、働いていたら数か月で上達したので問題ないかと思います。

 

ここでの業務は数をこなせば、誰でもできるようになるお仕事ばかりなので、「とにかく慣れろ」といった感じになるかと思います。

 

もしかしたら、「早くエンジニアの仕事がしたいッ!」ってなるぐらい、やらされることもあるかと思います。

 

見習いとしてプロジェクトに参加

見習いとしてプロジェクトに参加の内容・テスター&エビデンス作成

・課題形式でシステムの一部の修正をする

 

もしかしたら、プロジェクトに入る前にプログラミングの勉強のみをするところもあるかと思います。

 

ですが、プロジェクトに参加すれば、開発中のシステムにかかわる機会も増えます。

 

なので、エンジニアとして技術がそこまでなくても、プログラミングを経験することもあるかと思います。

 

その場合は雇われている企業の納期が離れた比較的ゆっくり進行している案件に入れられ、「この部分を修正してみて」と課題形式で経験を積んでいくところが一般的でしょうか。

 

ボクが勤めていた企業でも、プロジェクトに関係のあるシステムの一部の修正を課題にして、経験を積ませていました。

 

そして、たぶんプロジェクトに入って未経験者の方が最も多く任される仕事として『テスト』『エビデンス作成』です。

 

システムが正しく動作するかをチェックをする『テスト』を行い、正常に動くようなら『エビデンス』と呼ばれる「正しく動作しましたよ」というのを証拠に残す資料を作ります。

 

システム動作の画面写真を撮り、Wordに『やり方&動作』をまとめていくお仕事です。

 

むぅチャソ
ボクも入社当時はテストばかりやっていました。

そのあと、システム開発で1年間ぐらいプログラミング経験を積んだら、本格的にチームの戦力としてバリバリ開発をしていましたね。

でも、ボクの同期の中には、2年以上プログラミングをしなかったなんていう人もいます。

 

入社したら、個人でプログラミングの勉強をしていくと、開発にかかわるときにスムーズに戦力になれるかと思いますので、基礎知識ぐらいは準備をしておくとよいかと思います。

 

 

IT企業に就職するコツ【しておくと良い】

 

ここで紹介する2つのことは、絶対に必要というわけではありません。

 

ですが、あると就職活動の企業先行で有利に働きますし、働いていくうえで約に立ったりします。

 

なので、できれば準備をしておくとよいかと思います。

 

IT関連の資格を取得する

「IT企業」と聞くと、プログラミングなどの開発技術のイメージが強いかと思います。

 

実際、技術があるほうが仕事的には有利に働きます。

 

ですが、企業は社員の資格取得を重視している節があります。

 

「この資格を取ると、合格祝いの一時金として○○万円給料に上乗せしますよ」みたいな感じで、資格を取ることを推奨している企業があります。

 

むぅチャソ
ボクも就職後、会社が勧めている資格を取りまくって一時的にお金を集めていた時期があります。

また、就職活動の際に「すごく評価された」という友人もいますから、企業からしたら資格を持っていると嬉しいわけです。

 

なので、資格を取っておくとよいかと思います。

 

なお、取得の際には”国家資格”を取得すると広く評価される傾向にあります。

 

資格は『ITパスポート』、もっといえば『基本情報技術者』ぐらいは取得しておくとよいかと思います。

 

個人でプログラミング経験を積んでおく

上では「企業は資格を重視している」と書きましたが、仕事上では実力が求められます。

 

企業からしてみれば、早く労働力として働いてほしいわけですから、技術力を証明できたほうが良いわけです。

 

なので、技術力を証明できるように『アプリ開発・自作のWebサイト』などを作っておくとよいかと思います。

 

そうすると、就職活動の企業選考時に「実際に個人的にこんな感じで作ってみたんですけど」と自分が開発したアプリなどの証拠を見せることができれば、間違いなく好印象なわけです。

 

これは『実績・実力』を同時に証明できるわけですから、企業から評価してもらえる有効な手段だといえます。

 

なので、「本気でIT企業に就職したい」と考えているのであれば、「自分はまったくの未経験者ではありませんよ!」とアピールできる材料を用意しておきましょう。

 

 

フリーターかつIT企業の就職に特化した就職サイト

 

ここでは『フリーターで、かつIT企業に特化した就職サイト』を1つ紹介します。

 

それは『ウズウズカレッジ』という就職サイトです。

 

ボクが知る中でも、IT企業への就職に特化したフリーター用のサイトはないと思っています。

 

そのウズウズカレッジの魅力は下の通りです。

UZUZカレッジの魅力・就職活動前に「エンジニア」と「営業」の2つの技術研修が受けられる。

・内定率、定着率が高い

・ブラック企業の完全排除に努めている。

 

このウズウズカレッジの魅力は『エンジニアの技術研修を受けることができる』というところにあります。

 

IT未経験の方の不安は「未経験の自分が雇ってもらえるわけがない…」とか、「自分に務まるのかな…」といった何も知らないことからくるものだったりします。

 

そういう不安にもウズウズカレッジの技術研修で『入社しても恥ずかしくない程度の実力を身に着ける』『IT企業で働くイメージを沸かせる』という面で大いにあなたの役に立つといえます。

 

また、ウズウズカレッジには『就職エージェント』を呼ばれる就職活動のプロが内定までサポートをしてくれるのも魅力です。

 

それに加えて、紹介してくれる求人もIT企業に特化しており、かつ内定率と定着率が高いというのも強みだったりします。

 

なので、IT企業で働きたいと考えているフリーターの方は、ぜひ『ウズウズカレッジ』を活用してみてください。

 

 

【ウズウズカレッジ】
詳細ページはこちら

 

 

最後に:未経験を恐れるな!

 

まったくの未経験者であろうと、本気だったらITエンジニアにはなれます。

 

正直、入社してしまえば、すぐにITエンジニアになれてしまうわけですから、まずはIT企業に入社することをだけを考えましょう。

 

そのためのお膳立てとして『資格』や『実力が証明できる材料』を用意しておくと、なおよいかと思います。

 

まずは『勉強するなり、技術を磨くなり、就職活動を始めるなり』どれを選んでも正解なので、行動に移しちゃえばいいと思います。

 

若いうちのほうが就職成功率が高くなりますから、思い立ったら吉日ですよ

 

もしも、「ITエンジニア以外の業種も考え中なんだよね」という方であれば、下の記事にフリーターの就職活動に特化した就職エージェントを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

フリーター・ニート向け転職エージェントサイトの選び方+おすすめ3選
「ニート・フリーターは就職ができない」は嘘。現在ではどんどん『ニート・フリーターに特化した就職サイト』があり、かつ、『転職エージェント』と呼ばれるプロが就職できるまでサポートしてくれるからだ。なので、ここではおすすめを紹介しようと思う。

 

 
それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

またね(/・ω・)/
 

フリーター・ニート向け転職エージェントサイトの選び方+おすすめ3選

フリーターにおすすめな副業6選【元フリーターのボクがやったこと】
 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント