行動に移すことができない人がチャレンジしたくなるオススメな本

 

目標はあるけど、行動に移せないと悩まれている方がいらっしゃいますよね。

そんな方は、たいてい何かと理由をつけて行動しないようにしている方がほとんどだと思います。

 

こういった方は、心の底から「今の自分の行いを悔やむ必要がある」と考えています。

現状を「このままでいいか…」という気持ちが少しでもあれば、行動する際に常にやらない理由を考えてしまうからです。

 

上記のような悩みを持ち、今の現状を打開したと考えている方に読んでもらいたい自己啓発本があります。

きっと今のそんな方の背中を押してくれる本だと思いますよ。

 

スポンサーリンク



何かと理由をつけて行動できない人にオススメな本

 

その本とはこちらの本です。

 


Amazonリンクはこちら

 

この「本音で生きる」はあの有名な起業家「堀江貴文」さんが書かれた本です。

きっとこの本は一度はお見かけしたことがある方も多いんじゃないかと思います。

 

そして、堀江さんについて関心がある方は、堀江さん自身が「正直者である」ことを知っているかと思います。

 

正直の話をすると、何年か前までは私は堀江さんに対して「胡散臭い人だな」と思っていました。

元堀江さんが経営していたライブドアで「粉飾決算」したという容疑でつかまったりしていたのでそのせいもあるかと思います。

それこそ、「偉そうにしている人」に対して、否定的だったのかもしれません。

 

ですが、これら全て、私の誤解だということに気づいてからは、むしろ尊敬できる部分に気づくことができました。

そもそも、こんなに様々なことができて、バカみたいに正直な人が、悪い意図をもって行動するとは思えなくなったというのが本当のところです。

ツイッターを見れば、正直者であるゆえに炎上していることを考えればすぐ理解できます。

 

そんな堀江さんが書かれたこの本の内容は、メディアやツイッターで発信されているように、正直な考えで書かれているので、悩みを抱えている人の心に突き刺さるような言葉がたくさん出てきて、「魅力的な本だな」と感じたのが、本を読んだ正直な感想です。

 

 

「当たり前」を再認識できる

 

この本は基本的には当たり前なことが書かれています。

そのため、本のレビューでも「当たり前のことを言っているだけ」と書かれている方もいらっしゃいます。

 

ですが、この本は堀江さんが「当たり前のことを、なぜ人はできないのか」を読者に自覚させるかのように書かれているように感じます。

そのため、読者はこの本を読み、「確かにそうだよな」と感じている方が多いのでしょう。

 

皆さんも理解していることでは”時間は有限”ということがあります。

これってすごく当たり前のことですよね。

それなのに、ほとんどの人は時間に対して、あたかも「永遠に続くもの」だと認識している方が多いように感じます。

 

だから、自分に何の意味を持たない時間を過ごしたりするんですよね。

会社から帰って「余力はあるけどゴロゴロしてよう」「暇つぶしに目的もなしに外に出かけよう」みたいな。

 

こういった今の自分の生活にあふれる「当たり前」を再認識させてくれるのも、この本の一番の魅力だと考えています。

 

そして、きっとこの本を読み終わったときには、何か行動に移したいと考えるかもしれません。

それこそ、自分の人生について真剣に考えるようになるかもしれません。

 

このように、自分の人生を変えるターニングポイントになりうる本だとも言えます。

 

 

行動に対するハードルを下げてくれる

 

人は何か新しいことをしようとすると、「難しい」という考えが先行してしまうことがあります。

それにより、行動するまでに時間がかかってしまう人がたくさんいるかと思います。

 

そんな状態に悩まれている方にもこの本はオススメです。

この本は堀江さん自身のフラットな考え方が詳細に書かれています。

そして、その考えは常にシンプルで、読者を納得させる魅力的なものばかりです。

 

また、リスクを恐れている方にたいして、「やりたいことがあるのであれば、リスクを恐れずにやってみろ」と背中を押してくれる言葉もたくさん詰まっています。

 

このことからこの「本音で生きる」を読むと、ネガティブな感情をかき消すほどの「チャレンジ精神」を手に入れることができること間違いないです。

 

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)
堀江 貴文
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 1,004
 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント