真面目な人は損をする – 少し不真面目ぐらいが丁度良いことに気づくべき

生き方

 

どうも、むぅチャソです!

 

あなたは自分のことを真面目だと思いますか?

 

「社会人だから…」「会社に雇われているから…」と自分以外のことを優先させているような考え方をお持ちかもしれません。

 

 

そして、「今はイマイチな生活を送っているけど、このまま頑張っていればきっと…」と勤勉な人は将来への期待に胸を膨らませているかもしれません。

 

ですが、真面目な方だからこそ”逆に人生が充実しない”のが現状です。

 

正確にいうと、『一般の人が考える勤勉』とは人生を充実させるための行動とは逆のことをしていることがほとんどであるといえます。

 

 

悲しいですよね。

 

人一倍真面目に仕事や勉強をしているのに報われない状況はツラいですよね。

 

それとは逆に、真面目でない人たちが周囲と比較して成功している事例が多いことからも、「この日本の社会はおかしいんじゃないか」と考えてしまいさえすることがあるかと思います。

 

Youtuberとして活動して一般の会社員の何倍もの収入を得ていたり。

 

一日、数時間で会社員の人以上に収入を勝ち取っているブロガーがいたり。

 

 

こういった現状を踏まえてみると、やはり真面目は損をしてしまうのではないかと考えられるのではないのでしょうか?

 

 

私自身がすこしこのことに違和感を感じていて、かつ世の中には真面目でいることに損をしていることすら気づけていない方もいるかもしれませんので、本記事では書いていこうと思った次第です。

 

ちょっと「自分は損しているのでは?」と日々の中で感じている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

生活の中での考え方が変わるかもしれませんよ!

 

スポンサーリンク



真面目な人は損をしている

 

仕事に対して途轍もなく真面目な人は損をしていることがほとんどだと感じています。

 

なぜなら、「しっかりやらないと!」と考える人間は会社に思うように使われてしまうからです。

 

真面目な人は会社の意向に沿おうと努力しますし、会社に尽くします。

 

ですが、こういった考え方をされている方は”自己犠牲がベースなっている”ことがほとんどです。

 

こういった考え方が間違いなく正しいと考えてしまえば、会社から搾取されてしまうのは目に見えています。

 

「会社に併せて生活をする」「会社が求めている人材になるために時間を費やす」といった、時間を会社に捧げるようなスタイルになっているのではないかと思います。

 

 

そんな自己犠牲は下のことなどから生まれていると考えています。

 

 

「社会人として~」という考え方が染みついている

 

会社員のほとんどは「社会人なんだからちゃんとしなければならない」と考え、同じ境遇の人たちと自分を照らし合わせて行動を選択しているかと思います。

 

例えば、「周りが我慢して働いているのだから、自分もやらないといけない」と怠けている人の仕事を手伝ったり、大量の仕事を夜遅くまで残業して取り組んだりと会社にいる時間が増えていったりします。

 

もっといえば、「会社に雇ってもらっているのだから、会社中心の生活をしなければならない」と考える人さえいたりします。

 

これは一見、社会人として理想的な心構えだと感じるかもしれません。

 

ですが、「理想的だ」と感じているとしたら、間違いなく会社本位の考え方になってしまっているといえます。

 

 

会社からしたら、このような考えを持った会社員は使い勝手がよく、ある程度の要望は文句言われずに頼めてしまうわけです。

 

ですから、会社側は「コイツにやらせておけばいいか」と仕事をドンドン投げ始めるのです。

 

そうなれば、どうでもよいその会社でしか使えない汎用性の低いスキルばかりが身につけることになるのです。

 

そうなってしまえば、「自分はここでしか働けないんだろうな…」と今の会社が嫌になっても、そのままい続けることになってしまうかもしれないのです。

 

 

「仕事はつまらないもの」を真に受けすぎ

 

 

 

ご年配の方で「仕事はつまらないもの」とおっしゃっている方って結構いらっしゃいますよね。

 

きっと多くの若い世代は一度は言われたことがあるワードかもしれませんね。

 

ですが、この「仕事はつまらないもの」という考え方は正しいようで間違いだと私は考えていたりします。

 

 

社会というのは、他人が嫌がることを代行することで報酬が発生するというのがベースになっています。

 

それはコンピューターが普及するまでは、この仕組みが主流であり、圧倒的に『仕事=つまらないもの』と考える人が多かったと思います。

 

ですが、現在ではパソコンを使った仕事が増えて場所問わずできるようになったり、個人で発信できるようになったりと、面白さや充実性を追求できるようになりました。

 

その結果、企業を通さずに商品を作って売ったり、仕事をもらえることから、別に能力次第ではやりたくないことはやらなくてもよくなったわけです。

 

このことから、現在においては「仕事はつまらないもの」というのは間違いになったといえるかもしれません。

 

なので、昔ながらの考えを持ち続けているご年配の偏った意見は聞かなくても良いかと思いますよ。

 

だって、『フリーランス』『ブロガー』『Youtuber』などで生計を立てている方々は、仕事を楽しみながら一般の人以上にお金を稼いでいる人が結構いらっしゃいますからね。

 

自分の好きなことで生きたほうが良いような気がしてきますよね。

 

 

少し余談ではありますが、私はこういった考え方を押し続けられてきたことで「つまらないことをしなければ、働いている実感すら得られない」という状態になっていました。

 

私は会社に勤めないで個人でお金を稼いできましたが、退職当時は「これで働いているといえるのか」とお金を稼いでいるのにツラくないことで不安を抱いていた時期があります。

 

ちょっと不思議な経験でしたね。

 

 

周囲の評価を意識しすぎ

 

真面目な人は『体裁』を気にします

 

そのせいで、本来やらなくてもいいことを進んでやったり、自分がしたこともできなくなってしまったりするんですよね。

 

簡単に言えば、真面目な人は良い子ちゃんぶっちゃうってことですね。

 

 

周りから嫌われないようにイメージの良いことを選択したり、失敗をしないように保守的な姿勢でいたりと、周りの目を気にしすぎると良いことなんてありませんからね。

 

そのせいで、そんな真面目な方を周りは充てにしたり、都合のいいように「悪いな」と思っていても使おうとしてくるのです。

 

そうなれば、真面目な人は時間を搾取され、周りの人は自分の好きなことをする時間が増えている状態になるんですよね。

 

こういう状況に自分があると思うと気分悪いですよね。

 

なので、周りの目なんてあまり気にしないで、よっぽどの状況でない限り、最低限自分のことをこなしたら自分の好きなことや成長のために時間を使うようにすべきだと思います。

 

 

そもそも、周りの好感度を上げても、そういう真面目の人をあてにするような人たちは相手の都合に合わせられなくなったら、周りから去っていきますから時間を費やす必要はないですよ。

 

 

 

人生を充実させるにはどうすればいいのか?

 

人生を充実させるには”不真面目になる”ことが大切だと考えます。

 

私は元々はかなり真面目な人間でした。

 

薄給で会社に雇われ、なのに会社のために時間を費やすというのが当たり前だと考えていた時期もありました。

 

正直、その時は「何のために生きているんだろう…」と憂鬱な気持ちになっていた時期もあります。

 

そんな私は現在、「メチャクチャ充実しているな!」と感じるようになりました。

 

その人生を充実させるキッカケになったのが『不真面目になった』ことでした。

 

他人の期待に応えるのはやめ、自分がしたいことをだけをする選択をするようにしたのです。

 

その結果、自分の時間が増え、自分の生活に満足できるようになったんですよね。

 

 

なので、真面目な人が人生を充実させたいのであれば、不真面目になることがオススメです。

 

イメージしづらい方もいらっしゃるかもしれないので、ちょっと詳しく説明していきますね。

 

 

周りの目を気にしない

 

コレがメチャクチャ大切!

 

だって、真面目でいようと思うのは、周りから良く思われたいからですよね。

 

こういう人は「周りの人に嫌われたくない」「カッコいいと思われたい」と思うあまり、見栄えを良することを固執し、嘘の自分で塗り固めている努力をしているかと思います。

 

大丈夫です、そう考え装っている時点で誰からか嫌われているし、カッコ悪いと思われています。

 

 

大体、嘘くさい態度をとっている人は信用されません。

 

逆に自分に正直に生きている人は初めは嫌われるかもしれませんが、時間が経つにつれて心の底から信頼されたり、気に入ってもらえることが多かったりしますよ。

 

 

なんだかんだ、『有吉弘行さん』や『マツコ・デラックスさん』といった人気のある人って正直者で、そんな正直な態度に惹かれている人って結構いますよね。

 

人から信頼を勝ち取るには自己開示、つまり自分をさらけ出すことが間違いなく必要です。

 

 

だから、私は周りの目を気にしないで自由に生きたらいいんじゃないかと強く思っていたりするんですよね。

 

 

自分のしたいことに本格的に取り組む

 

自分の本能で「オレはこれをやってやるぜ!」と自分の日常の中にあるやりたいことに積極的に取り組む。

 

それをビジネスもしくは事業的に行えるまでに磨き上げる。

 

これは多くの成功者のマインドであるとも考えるかと思います。

 

 

やはり、人生の充実度は”目的を持って行動しているか”に比例すると考えます。

 

目的もなしにただ時間を浪費している状況は何も生活に変化もありません。

 

それどころか歳をとってから「自分は何をやっていたんだ…」と後悔してしまいますからね。

 

 

多くの人は夢を追いかけることを馬鹿にするかもしれませんが、そういった夢を追いかけている人の生活はなかなか充実していて、様々なドラマがあって、他人が羨ましく思われるような人生を送っていたりするんですよね。

 

結局のところ、素敵な人生っていうのは、稼いだお金ではなく、安定した人生でもなく、貪欲に何かを追い求めていた必死になったユニークな出来事の積み重なってできるものだと思っています。

 

そういう本気で挑んだことに対しては、人は後悔することは少ないですから、後悔とは無縁の人生となることがほとんどだといえます。

 

 

本気になれれば何でもいいんです。

 

子どもの頃から『ゲームが好き』でゲームに関する仕事がしたいっていうのであれば、『ゲーム会社への就職』を目標にしても素敵だと思いますし、最近では『ゲーム実況者』としてYoutubeに動画投稿するなどの活動をして生計を立てている方もいます。

 

現在はそういった自由度の高いお金の稼ぎ方もできますから、割と目標を定めたら実現できる可能性がかなり高いと考えられます。

 

「上手くいくのは一握りの人間だけ」なんていう結論を出している人もいますが、「何も知らないでしょ?」とツッコミを入れたくなるような考え方がいます。

 

そんなことを考えていたら、難易度の低い目標しか設定できなくなって、人生を充実させるなんてことができなくなりますから、その考えは捨てて本気で努力していきましょう。

 

 

 

本気になれる目標を見つける

 

自分の中にある願望を実現させるための行動。

 

男性は特にそうですが、人は願望を原動力にして生きているといっても過言ではないかと思います。

 

 

と言っても、自分について考えたことがあまりない人は「やりたいことなんてない…」「目標なんて持ったことがない…」と思っている方も多いのではないかと思います。

 

ですが、「目標、やりたいことがない」は自分が気づいていないだけなんです。

 

 

例えば、「新〇結衣さんとお近づきになりたい」とか、「武井壮さんみたく男らしくて人気者になりたい」でもなんでもいいんですよ。

 

これは願望に近いですが、これも立派な目標だと思います。

 

そして、その目標をどう実現するのかを建設的な考えを持って取り組めばいいのです。

 

例えば、「新〇結衣さんとお近づきになりたい」だったら、どういう人がタイプなのかを調べて、そのタイプの人間になれるように1つ1つこなしていけばいいじゃないですか!

 

こういった願望をもとに自分を高めようとする努力は、その目標を実現させることもそうですが、やはりそこに行き着くまでの過程で得られるまでのモノが大きいと思います。

 

結果的にそんな目標を実現させることができなくても、そのあとの人生は間違いなく充実させるだけの実力は身についているはずです。

 

その結果、「なんかいつの間にか生活が充実してるわ」と気づかないうちに、面白い人生に突入みたいな感じになると思います。

 

私もそうでしたから、間違いないと思いますよ。

 

 

といっても、本気になりすぎて、他人に迷惑を変えるような行動は論外ですよ。

 

 

まずは自分を第一に考える

 

不真面目の代表”自己中心的な考えを持つ”ってことは時には必要だと考えています。

 

「えッ!?自己中ってイケナイことでしょ!?」と思う方もいるかもしれません。

 

もちろん、他人に迷惑をかける自己中は、本当に害でしかないのでやめるべきです。

 

 

私が言っているのは自分だけで責任を負える自己完結できるモノには自己中になってもいいということです。

 

人の多くはなぜか分からないけど「これをすると親に心配をかけてしまう」だの、「周りの気分を害するかもしれないな…」と思って、行動に移せなくなったりするんですよね。

 

例えば、なぜか「ツラくて仕方がない仕事を辞めるにも親に許可を得よう」としたりしますよね。

 

これは結構不思議で、別に自分が稼げなくなるだけで親には影響ないですよね。

 

もしかしたら、親に心配をかけてしまうことから「悪いこと」と認識されているかもしれませんが、心配なんて誰でもしていることですよね。

 

その人だって、親が運動もせず、油ものばかり食べて、健康診断の検査が悪い結果だったら、心配するでしょうし、よっぽど命に係わる問題ですよね。

 

『仕事を辞める=生きていけない』であれば分かりますが、正直そこまで重大なことでもないので、気にする必要はないです。

 

 

だから、「周りに迷惑をかけてしまう」と自分がしたいこともできないのであれば、自己中スイッチをONにして、がむしゃらに走り続けて良いと思いますよ。

 

 

人生は楽しいかどうか

 

私は人生は楽しかどうかだと思っています。

 

わざわざ名誉だって、経済力だって、得ると人生が面白くなるから得たいと思うんですよね、きっと。

 

 

なのに、なぜか、ほとんどの人は面白くなくてツライことを選択して、「この選択以外は間違っている」と考えている人が多いと思うんです。

 

仕事だって毎朝「会社にいきたくないな」と思って憂鬱になりながらも自分を奮い立たせて、会社に向かっている方もいるかと思います。

 

 

なぜ、わざわざツライことを選択する生き方をしているのか…

 

なぜ、そのツライ思いをしなくてもいい選択を選べるように努力しないのか…

 

ずっと周りの人を見て感じているんですよね。

 

だって、一時的に努力をすれば、個人でも働けるようになる可能性も十分にあります。

 

それこそ、違う職種で違う働き方が選択ができるのに、なぜか「自分が転職なんて無理だよなぁ」と諦めモードに入っている人たちがたくさんいます。

 

 

こういった違う選択をしない選択をしているに過ぎなくて、ツライ状況にい続けることを自分自身で選んでいるといえます。

 

「そんなんで本当にいいの?」「のちのち後悔しない?」と自分に改めて問いてみたら、「ヤダ!楽しく生きていきたい」ってなるですよ。

 

なら、行動に移すしかないでしょうが!( `ー´)ノ

 

 

「人生は楽しいかどうか」と考え、「自分が楽しくなるには、何ができるようになればいいだろう」と充実した人生を送れるように今から努力してみてもいいのではないでしょうか!

 

行動あるのみですよ!

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント

  1. ひつじ より:

    仰っている事は概ね賛成ですけど、
    タイトルが受け入れられません。
    真面目でいる事と奴隷でいる事は違うと思います。
    タイトルの「真面目」が「奴隷」で、
    タイトルの「不真面目」が「真面目」です。
    自分で最善の手を自ら考えて行動し、
    嫌われるかもしれない中で道を切り開く事がどうして「不真面目」と呼べるでしょうか。
    私からすれば、影で文句を言うだけで改善の為に何一つ行動せず、
    自分が嫌われる事から逃げ回ってるやつなんて全然真面目じゃないし本当に「奴隷」以外の何者でも無いと思います。