20代はフリーターで過ごすのもアリなのでは?やりたいことは早めにやれっていう話

フリーター

 

高校、大学を卒業して、一旦就職をするもの、辞めてフリーターになる方って結構いらっしゃいますよね。

その逆で、正社員として働いている方の中には、無職という立場を軽んじ、「自分自身は絶対に無職になってはいけないんだ」と考えている方も多いかと思います。

 

私も会社を退職して、フリーターとして2年間程度過ごしていました。

現在もですが、その頃も若くて独身だったので、低い収入でしたが、別に何の問題もありませんでした。

普段関わっていた人たちと、フリーターということで馬鹿にされるんじゃないかと考えて、会うことができない時期もありましたが。

 

ですが、そのフリーターとして過ごした時間を有意義に過ごせたから、現在は一般の人よりも多くのことができたり、複数の収入源があったりするんだと常々実感していますね。

 

そして、多くの人が「やりたくもない、やりがいもない」といった、自分の人生に何のメリットも持たない時間を過ごし、それに対して悩んでいるものの、会社を退職できないでいるという方もいらっしゃるかと思います。

何も目的がないのであれば、そのまま変わらなくても良いかもしれません。

 

そうじゃなくて、目標があって行動に移したいと考えているのであれば、「フリーターになってもいいんじゃないかな」っていうお話。

そんな悩める20代の方のための過ごし方を、フリーター経験と現在個人で稼いでいる私の考えをまとめてみました。

 

スポンサーリンク



20代は人生の中で最も働き方を拡大できる時期

 

基本的に年齢が若ければ若いほど、周囲からの働き方に対する考え方は寛容だったりします。

会社を辞めても「20代だから、まだまだこれからだよね」と周りの人たちは、少なからず否定はされるかもしれないけど、極端に「ダメ!、絶対!」とはならないわけです。

 

こういった20代という若い世代に寛容であるのは、あなたの身近にいる方々だけではありません。

多くの企業も、20代の就職活動の受け入れも寛容であるといえるのです。

 

このことから

”20代は最も行動に移しやすい時期”

であるといえるのです。

 

この時期で「無職になるのが恐い」と考え、何もせずに一生会社員として働くのは、自分の可能性を狭めてしまうだけではなく、「やりたいこともやらなかった」という結果が、これからの人生の後悔となって残り続けるのです。

また、ずっと考えていて、いざ行動に移そうと考えた時に30代になっていれば、それが失敗したときに受け入れてくれる企業がなくなってしまうとも言えます。

 

それなら、やりたいことをやって、会社員にはできない経験を積んで、あなただけにしか持てない知識や技術を身に着けていったほうがよっぽど、これからの働き方の拡大ができるのではないかと考えているのです。

 

 

「会社員をしながらでいいじゃん」はなんか違う

 

よく「会社員と働きながら、勉強やビジネスなど好きなことをすればいいじゃん」と意見する方がいらっしゃいます。

そういう方は「会社で働く上での目標しか持てていない」もしくは「何も考えていない」、「時間が無限にあると勘違いしている」のではないかと思えます。

 

例えば、現在の会社で働いていることに意味を見いだせない方がいたとします。

どうでもよく、つまらないと感じている状況を作り出している会社で過ごす時間をそのままにしてしまえば、あなたの人生において途轍もなく無駄で大きな割合を占めてしまうことになります。

 

つまり、最低8時間の無駄な時間を費やした状態で、少しの時間を使って自分の目標を目指さなければなりません。

 

これって、

「どれだけ長い時間をかけて目標を実現させるつもり??」

と思ってしまうは私だけでしょうか?

 

リスクを背負ってでも、目標を目指す時間を増やして、行動したほうが目標の実現も早いでしょうし、人生を楽しめる時間は多くなるのでは?と考えられませんかね。

どうせだったら、ツライ時間を縮めて楽しんだほうがよっぽど、人生を有意義に過ごせると思うんですけど。

 

 

正直、誰もが本業と並行して何かを継続することができるのであれば、このようなテーマがネット上で溢れることはないはずですよね。

結局、何かを本気で取り組むとき、本業がありながら、目標を目指すといった片手間でしている状況自体が、大きな目標をもって行動している方々が満足できない原因でもあるんですよね。

 

やるんだったら、一日中それに打ち込む気概で取り組まなければ、ズルズルと見切りもつけられずに老いていってしまい状況になりかねません。

 

 

20代フリーターの就職率

 

運営者
ダメだったら就職活動すればいいだけですからね。

 

簡単に言いやがって!

 

というものの、やはり夢を諦めた時に、人並程度の「会社員」という肩書を持ちたかったりしますよね。

誰もが現在働いている会社を退職して、目標に向かって努力するとき、考えるのが「失敗した後のこと」ですよね。

 

「絶対に大丈夫!」とは言えませんが、20代の再就職はそんなに難しくないと考えています。

 

出典:https://hataractive.jp

 

上は有名就職サイト「ハタラクティブ」のホームページの画像ですが、「20代のフリーター・既卒」の正社員成功率が80.4%と書かれています。

こういった他の有名サイトもちろんですが、こういったサイトを20代のうちに用いることで、再就職がしやすいと考えられます。

 

 

また、2017年の総務省の「労働力調査」では、完全失業率が8年連続減少しているという結果となっています。

これは、つまり、「企業側が働きたいと考えている失業者に対して、正社員として雇ってくれているよ」ということです。

 

出典:http://www.stat.go.jp

 

 

あなたが会社を退職したのち、再就職したいと考えた時、企業に雇ってもらえるかと言われれば、「わからない」ということしかできません。

 

ですが、今の現状を考えてみると、雇ってもらいやすくなっているので、そこまで「夢を追いかけて失敗したら、人生を棒に振ってしまう…」といったネガティブな考えを持たなくても良いかと思います。

 

 

見切りをつけておくことが重要

 

25歳で退職した人
27歳までに上手くいかなければ再就職を検討しよう!

 

運営者
それなら、再就職も簡単にできそうだね!

 

「20代ではやりたいことをすればよい」という説明をしてきましたが、やはりそれでも引き際を設定しておくことが重要です。

 

というのも、再就職したいと考えて、それが簡単に実現できるのは、どの業種でも20代までがピークになっているからです。

 

年齢を重ねるごとに、雇ってくれる企業が減っていき、30代後半でフリーター経験が長い人をよっぽどの経験がない雇いたいと思わないということですね。

それこそ、それなりの待遇を望むのであれば、20代といったまだ社会人として若い段階で再就職をしたほうが、これからの金銭面や働き方が充実することは間違いないのです。

 

そのため、行動するのであれば、できるだけ早く、そして、必ず引き際を設定しておき、ズルズルと実現が難しい目標を追い、人生を棒に振ってしまうことのないようにしておくことが大切です。

 

 

フリーター時代の過ごし方がカギ!

 

再就職にしろ、起業するにしろ、それまでに取り組んで、積み重ねてきた「知識」や「技術」が重要になってきます。

起業であれば、起業自体を目標にしていることが多いので、今までしてきたことを活かせなければ、「一体いままで何をやってきたの?」といった疑問に思えてしまいますけどね。

 

どんな目標があろうが、少しだけでも再就職のことも踏まえて、考えて行動していくことが大切になってきます。

上記でも説明しましたが、どんな方でも夢や目標を諦めたとき「会社員」という最低限の肩書をもって生きていきたいと考えるものです。

ですので、そういった「最低限の立場」を保つために、必ず少しの時間でも再就職を想定した行動をしていかなければならないです。

 

例えば、私の場合は夢を追う傍ら、失敗して再就職をしたいと考えることを想定して、人材不足である「IT業界」で就職できるように、プログラミングの業務を行ったり、自分でアプリケーションを作るといったことを積み重ねています。

それ以外にも、「投資」や「経営についての勉強」をして、もしも現在していることがうまくいかなくなったときのために、それらを活かして働いていけるように備えています。

 

こういった「8割は夢、2割は再就職に備える」といった割合で動いているので、正直どんなことが起きようが全く恐くありません。

 

そのため、すべてを投げ捨てて行動するのも良いのですが、「もしものために備えての行動」も組み込んでおくと、どんなに悪いことが起きても、最低限の肩書は保つことができるようになるかと思いますよ。

 

ですので、やりたいことがあって我慢している方は、20代で行動に移す、うまくいかなければ再就職といった、社会人として若い段階の20代で完結できるように早めの決断をしてみても良いかもしれませんよ。

 

フリーター・ニート向け転職エージェントサイトの選び方+おすすめ3選

フリーターにおすすめな副業6選【元フリーターのボクがやったこと】
 

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント