「フリーターとは付き合えない」という女性が多い理由【就職・起業したほうがいい】

フリーター

「フリーター男性と付き合う女性は少ない!」

断言できますが、正社員男性と比べれば、断然交際に発展する女性の数は減ります。

もしくは「容姿・性格がよい」という理由で交際を始めても、最終的にフリーターなら結婚までは結びつくことは少ないと言えます。

 

こういった「フリーターとは付き合えない・結婚できない」という女性が多い理由について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク



20代後半でフリーターは恋愛対象外になりやすい

近年の女性視点の結婚相手調査

「最近の女性は結婚相手に経済力はあまり求めていない?」

 

少し前までは、あらゆる調査で女性が求める男性の条件で『経済力』が上位にランクインしていることがほとんどでした。

しかし、近年の調査ではその『経済力』は上位であるものの、以前よりもそこまで重視されていないことが分かる調査結果が出てきました。

なので、男性の中には「フリーターでも結婚できる世の中になったのか!」と考える人も少なからず存在するかもしれません。

 

しかし、「フリーターの評価が高くなった」というのとは少し解釈違いです。

実際のところはお金持ちじゃなくてもよい」というだけで、「安定した収入を得ている」という前提での回答をしている人がほとんどだったりします。

なので、『平均レベルの年収が稼げる+安定して稼いでいる』が結婚相手の絶対条件であることには変わらないわけです。

 

フリーターと付き合うことを「時間の無駄」と捉える女性もいる

「好きになっても、この人とは結婚できないから…」

 

結婚思考の強い女性はフリーターとの交際を時間の無駄だと考える傾向にあります。

というのも、結婚相手には定職に就いている人を選びたい」と考える人が多いからです。

 

20代後半は結婚適齢期だと考える女性はとても多いです。

そして、「30歳になるまでには結婚したい」と考える女性は非常に多いです。

 

そうなると、20代後半に差し掛かって以降、女性は基本的に「結婚相手候補と交際したい」と考えるはずです。

なので、相手の年齢が高くなればなるほど、「フリーターの男性とは付き合えない」と言われてしまうわけです。

 

スポンサーリンク


「フリーターとは付き合えない」という女性が多い理由

「将来性がない」という事実

フリーターは雇用の不安定・低収入が続く

フリーターに「将来性がない」と言われる理由は『雇用の不安定さ・収入の低さ』にあります。

 

まず、フリーターはいつでも解雇される可能性がある」という収入源を失うリスクがあります。

若ければ、次の働き口があるでしょうが、30代になれば働き口も狭まり、なかなか見つけることができなくなったりします。

勤めている企業が業績不振になれば、アルバイトは正社員よりも簡単に解雇される。

また、世の中の景気が悪くなれば、雇ってくれる企業も減り、働き口も見つけることもできなくなる。

 

次に、フリーターの収入は低すぎるという点がネックです。

「時給も学生と同じレベル」で、正社員との生涯年収の差は3倍以上といわれているほどである。

可能性は低いですが働き口が一生あったとしても、収入は上がることはほとんどない。

 

こういった理由から女性にとってフリーターという立場は”将来性が低い”という評価だったりするわけです。

 

経済力で結婚条件を満たしていない

「フリーターの男と付き合っても時間の無駄」

結婚を意識している女性からしたら、結婚条件を満たせない相手と付き合っても時間の無駄だと考える人もいます。

そんな女性は『結婚』を人生の数あるゴールの1つだと考えているわけです。

 

そして、女性で最も結婚相手に求めるモノは”経済力(安定した収入)”だとされています。

なので、収入が少なく、将来的に大きく稼げる可能性が低いといえる「フリーター男性との過ごす時間は無駄だ」と結論を出している人も少なくありません。

 

周囲が批判的になる

「定職にも就いていない男と付き合うのはやめなさい」

世間ではフリーターに対して否定的です。

だから、そんなフリーターと交際している女性側の周囲では「ちゃんと働いている人と付き合ったほうがいいんじゃない?」という考えを持つ人も多いです。

 

もしも女性側の年齢が若いうちであれば、そういった否定的な考えをあえて伝えてくる人も少ないかもしれません。

しかし、女性側の年齢が高くなれば、周りの人はその女性の将来・後の後悔を心配して、フリーターとの交際をやめさせようとすることも増えます。

 

こういった外部からの助言(考えの押し付け)を聞いていると「フリーターとの交際をやめたり、そもそも恋愛対象として見られない」という思考になってしまうと言えます。

 

男としても魅力が低い

女性からみた『フリーター男性の印象』は下の通りです。

・経済力がない(学生のバイトレベル)

・能力が低い(正社員になれない理由だと思われる)

・頼りにならない(金銭・能力が乏しい)

 

女性が好感が持てる・異性として見れる男性の魅力がフリーター男性には欠けていることも多いです。

つまり、女性がいう「男として~」という勝手に持ったイメージに当てはまらないということです。

 

なので、一般女性は「結婚するなら経済力があって頼れる男性にする」という結論を出している人がほとんどだと思われます。

そのため、「どうせ付き合うなら定職についている人」と決め、交際相手も選ぶといえます。

 

スポンサーリンク


【解決策】とにかく稼ぎを増やすしかない

上までで「フリーターが世の中からの評価が低い」ということを書いてきました。

このフリーターへの評価を良い方向に高めるにはどうすればいいのかというと下の通りです。

・正社員になる

・アルバイト以外でお金を稼ぐ

むぅチャソ

正直、この2つしかありません。

就職するか、個人でビジネスを始めるかを決めて、今すぐにでも動き出したほうがいいかと思います。

正社員になれば安定した収入源が得られる

手っ取り早くフリーターという肩書を捨て去ることができる方法が、『正社員への就職』になります。

加えて、勤めていれば少なからずお給料も上がっていくので、将来性もあるといえるかと思います。

ちなみに正社員になるのであれば、下の記事で紹介している『フリーターに特化した就職エージェント』に頼ってみてください。

フリーター向け就職エージェントサイトの選び方+口コミおすすめ8選
「フリーターは就職ができない」は嘘。現在ではどんどん『フリーターに特化した就職サイト』があり、かつ、『転職エージェント』と呼ばれるプロが就職できるまでサポートしてくれるからだ。なので、ここではおすすめを紹介しようと思う。

 

副収入が得られれば『経済力+将来性』が勝ち取れる

『個人スケールのビジネス(副業)』で収入が得られれば、アルバイトの時間を削ることができます。

また、「バイト代+副収入」で正社員の収入を超えることもできるかもしれません。

むぅチャソ
まぁ、この方法は経験者としていうと、あまりお勧めはしませんが、覚悟がある方は挑戦してみると良いです。

この副業について全く知らない方は下の記事に、ボクが今まで行ってきた副業について書いているのでぜひ参考にしてみてください。

フリーターにおすすめな副業6選【元フリーターのボクがやったこと】 
「これ以上バイトは増やしたくない…」というフリーターの方がいると思う。その場合、バイト以外の収入源を手に入れたいところである。ここでは元フリーターのボクが実際に取り組んだ副業を紹介したいと思う。ボクは主に『フリーランス』『ブログ』『投資』を集中してやってきた結果、お金に困らなくなった。

 

とにかく「収入が得られている」という印象を女性に与えることができれば、将来を考えたお付き合いもできるかもしれないので、フリーターの方は頑張ってみてください。

 

フリーター・ニート向け就職エージェントサイトの選び方+おすすめ6選

フリーターの就活で利用すべきはハローワーク・就職エージェントどっち?

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント