フリーターの人はなぜ就職しないのか【元フリーターが理由を考えてみた】

フリーター

どうも、むぅチャソ(@mw_chaso)です。

 

ボクは元々はフリーターでいろんなところでアルバイトをした経験があります。

ボク自身は一応目的があって過ごしていたのですが、その頃に出会ったフリーターの方々をみて「なぜ就職しないんだろう?」と疑問に思ったことがあるんですよね。

 

「フリーターでいる理由がないなら、低賃金で働かないで企業に就職したほうが良いのでは?」と思っていた時期もあったんですよね。

 

こういった体験から「フリーターがなぜ就職しないのか」について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク



はじめに:いつまでもフリーターはリスクでしかない

 

まず初めに「このままフリーターでいいかぁ」とか「生活できているから満足」みたいなフリーターのままでいようと考えるのリスクでしかありません。

 

下の記事でも書いていますが、基本的にフリーターは時間が経つにつれ、デメリットがどんどん増えていく状態です。

フリーターで楽だからって単純作業ばかりしていたら将来ヤバイよって話
どうも、むぅチャソ(@mw_chaso)です。今回は「フリーターで楽だからって単純作業ばかりしていたらヤバイ」っていうことについて書いていきます。現在、フリーター生活に満足している方は、ぜひ最後まで読んでみて...

 

「収入が少ない」「同年代の人と比較して劣等感を感じ続ける」「甲斐性がないから結婚ができない」「自動化の波で職を失う」など挙げだしたらキリがありません。

 

なので、ただフリーター生活を満喫しているだけなら、将来的に訪れるであろう最悪の状況を理解し、覚悟を決めて過ごすべきだと思います。

※その最悪の状況を許容できる器を持ち合わせているなら大物である。

 

 

フリーターが就職しない理由

 

身近にフリーターの方がいて、「何でこの人は就職しないんだろう?」なんて思われている方もいらっしゃるかと思います。

 

ボクも元々はフリーターだったので分かりますが…。

『正社員になる必要性が理解できない』

『就職活動や正社員として働くことへの恐怖』

なんかが主にフリーターの就職への妨げになっているといえます。

※もちろん、「家庭の事情でフルタイムで働けない」というのは例外です。

 

こういったフリーターが就職をしない理由をここで詳しく書いていこうと思います。

 

仕事が楽で就職に必要性を感じない

 

アルバイトという立場で働くのって肉体的にもそうですが、特に精神的に楽なんですよね。

 

別に責任がないから、どこか他人事で済ませられるかと思います。

失敗して気まずくなったり、人間関係が悪くなったら働く場所を変えればいいだけですから。

 

だから、「わざわざ自分から人生の難易度を上げる必要ないよな…」と思っちゃうかと思います。

※「楽なのは今だけ」っていうことを理解していないだけなんですけどね…。

 

こうなると、もはや「一生フリーターでいてやろう」ぐらいの決心をしていそうなレベルかと思います。

 

危険な状況になってみないと理解できないタイプだということです。

 

夢を追うためにフリーターでいる

 

フリーターの中には「こんな生き方がしたい!」と自分の理想を追い続ける方もいたりします。

 

ボクはこの夢追い型のフリーターの方の過ごし方は「素晴らしい」と思う側の人間なので否定はしません。

むしろ、自分の人生について考えて行動されているので、敬意を払う対象ですらあります。

※ボクも夢を追ってある程度充実した生活を送っているタイプの人間だったりします。

 

ですが、中には「夢追ってます!」とポーズだけとって、現状に甘んじている人もいたりします。

 

「目的を持って行動しているんだからいいでしょ」「前向きに生きているんだから素晴らしい事でしょ」といいながら、夢に近づく努力もしないタイプですね。

「人の夢を否定するな!」と他人からの怠惰な生活を否定させないように、夢を盾に生きているフリーターもいるのが厄介だったりします。

 

とにかく、真面目にひたすらに夢を追いかけている人は就職をしない理由という人もいます。

 

スポンサーリンク


「フリーターは就職できない」と思い込んでいる

 

フリーターの方の中にはフリーターという立場がコンプレックスに感じている方もいるかと思います。

そういう方の中では「正社員とフリーターの差は大きい」と思い込んでいる方もいたりします。

 

そうなると、「フリーターの自分が就職なんて無理に決まっている…」と手の届かない理想を掴む思いなんだといえます。

 

確かにフリーターという働き方は企業側からしたら軽んじられることもあるかもしれません。

ですが、これはあらゆる就職エージェントのサイトで提供されている情報を見てもらっても分かるかと思いますが、就職できないというのはあり得ないといえます。

 

もしも、「一度就職活動をしてうまくいかなかった」という経験がある方でも、それは努力の仕方を間違っていたり、それこそ努力量が足りなかったに過ぎないのです。

 

なので、「就職をしたい」と考えている方は下のようなフリーターに特化した評価の高い就職エージェントに頼ってみても良いかもしれません。

 

 
JAIC(ジェイック):厚生労働省認可のサポートが手厚い就職サイト
 
ハタラクティブ:支援実績が高く、高い知名度を誇る就職サイト
 
ウズウズカレッジ:ITエンジニア職・営業に特化した就職サイト
 

 

ですから、フリーターの方で「正社員として働きたい」と考えている方は諦めないでくださいね!

 

ネットでは「フリーターの就職は難しい」「20代後半でフリーターは負け組」のようなネガティブな情報ばかりがあります。

なので、きっとフリーターの方は就職自体が「ハードルの高いことだ」と思い込んでいる人も多いと思うんですよね。

でも、真面目に就職活動に取り組めば、普通に就職できるので、頑張ってみてください。

 

自分に見合う仕事がないと思っている

 

たまに「世の中にある一般の仕事は自分には見合わない」と豪語される人がいます。

こういう方は『異常なまでにプライドが高い』人間だといえます。

 

とくに高学歴だったり、ただ大学卒業しただけの人だったりします。

もしかしたら、「自分には秘められた力がある」なんていう現実と空想がごっちゃになってしまっている方もいるかもしれません。

 

ですが、そういう人は事実、実績を持たない人は実力を証明する術がありませんから「能力がない」と同じことだということに気付いていないといえます。

 

こういった無条件に自信過剰でいる人は正式に社員として働くときにはそれなりの待遇がなければ就職しようとしませんし、自分の能力と満足のいく企業と出会えないことから、長い間フリーターでいるといえます。

 

ボクが工場のアルバイトをしていたときに出会った30代半ばのフリーター歴が5年ぐらいの男性が印象的でした。

「オレは前は〇〇で働いてたんだけど、〇〇で骨を埋める気はねぇ!」と前職は自分には見合わないといったことをおっしゃっていました。

話していてもプライドが高いことは分かり、「夜はバイト、昼間はバイトが肉体労働だったので長時間睡眠」という生活を週5、6繰り返しているようでした。

きっと、その人はこれからも工場でアルバイトをしていくのでしょう…。

 

 

将来的に就職を考えているのなら

 

「いつかは就職しようと考えている」というフリーターの方もいるかと思います。

そういう方はできるだけ早い時期に就職活動を始めたほうが良いかもしれません。

 

年齢を重ねるごとに企業の種類や働き方の可能性も狭まっていく傾向にあります。

なので、「どうしよう、働こうかな…」と思ったら、すぐ行動が望ましいかと思います。

 

「年齢が若い」というだけで優位性がありますから、できるだけ楽な段階で就職活動を始めたいという方は”現在が最も就職しやすい状態”なので、それだけは覚えておいてください!

 

そして、再度書きますが、就職活動をスムーズに進める方法として、下のようなフリーターに特化した就職エージェントに頼ると良いかと思います。

 
JAIC(ジェイック):厚生労働省認可のサポートが手厚い就職サイト
 
ハタラクティブ:支援実績が高く、高い知名度を誇る就職サイト
 
ウズウズカレッジ:ITエンジニア職・営業に特化した就職サイト
 

『面接対応・ビジネスマナー』や『自分が本当にやりたいことが分かるカウンセリング』、『お勧め企業の求人紹介』などあらゆる面でサポートしてくれます。

そして、”無料”なので「真剣に正社員になりたい」と考えている方の力に必ずなってくれるのでお勧めです。

 

ですので、「いつか正社員になろう」と考えている方は、ぜひすぐに行動に移してみてください!

 

フリーターの就活ではハローワークよりも就職エージェントを利用すべき理由

フリーター・ニート向け就職エージェントサイトの選び方+おすすめ3選

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント