フリーターで週5でアルバイトしているなら正社員になったほうがいいって話

フリーター

どうも、むぅチャソ(@mw_chaso)です。

 

本記事では『週5でアルバイトをされている人は正社員になったほうがいい件』について書いていきます。

 

現在、フリーターの方でアルバイトを頑張っている方は読んでみてください。

 

スポンサーリンク



フリーターより正社員の方が報われる

 

一般的にフリーターよりも正社員のほうが報われやすいです。

これについて書いていきます。

 

正社員でもバイト同じ業務をしていることもある

 

アルバイトやパートの方は感じたことがあるかもしれませんが、社員の人でもアルバイトと同じ業務をしている人たちってたくさんいたりします。

と考えると、そういう職場ではアルバイトと正社員の違いは”責任””貰える報酬の金額”になってくるかと思います。

 

働きはほとんど変わらないで、若干の責任を負うだけで待遇がまったく違うわけです。

これだと、アルバイトよりも正社員になった方が得ですよね。

 

ボクはホームセンターやドラックストアでアルバイトをした経験がありますが、そういったところでは正社員もアルバイトも同じ業務をしていました。

※事務所にこもってシフト表をとか作っている人たちはいますが…。

ボクはその状況で「それで、給料が違うとか正直、割に合わないなぁ…」なんて考えていました。

 

正社員の責任だって、そこまで大きいモノではない

 

「正社員になると仕事に対して責任を負う」なんて言われます。

なので、正社員として働いたことがない方なんかは、正社員として働くことにハードルを感じてしまうかもしれません。

 

でも、”そこまで大きな責任は初めから負うことはほとんどない”です。

確かにチームを率いているような高い立場の人は責任の重みを感じるかもしれません。

でも、ほとんどの人は責任を負っていないでしょうし、負っていたとしても「失敗したら職場にいづらくなる」程度にしか感じていないと思います。

 

フリーターは正社員になったほうが得な感じがする

 

もしも、現在、自分の人生でなんとしても達成したい目標があって、それに向かって行動されている方もいるかもしれません。

そういう方は、損得関係なしに行動し続けてほしいと思います。

 

でも、それ以外の「やりたいことがない」「正社員になるのって大変なんでしょ?」といった何となくフリーターをされている方は、何となく働くなら正社員のほうが絶対に得ですからね。

 

そういう方は下のフリーターに特化した知名度の高い就職エージェントを何となく利用してみてください。

 
JAIC(ジェイック):厚生労働省認可のサポートが手厚い就職サイト
 
ハタラクティブ:支援実績が高く、高い知名度を誇る就職サイト
 
ウズウズカレッジ:ITエンジニア職・営業に特化した就職サイト
 

 

スポンサーリンク


週5で働いてるフリーターは正社員のほうがいい

 

週5もしくはそれに近い労働時間をされている方は特に正社員になったほうがいいです。

ここでは「なぜ、正社員になったほうがいいのか」について書いていきます。

 

仕事で拘束されることに慣れている

 

働き者のフリーターは正社員になることでのデメリットである”労働での拘束時間”を現在も抱えている状態だといえます。

なら、待遇の良い正社員になったほうがいいのは言うまでもないかと思います。

 

正社員になったデメリットに慣れている

頻繁にアルバイトをしている人は、仕事による拘束に慣れているといえます。

 

平日は毎日、朝から夕方まで決められた時間まで仕事をして過ごす。

週5で働いているのなら、この正社員のデメリットを満たしていることになります。

 

となると、普通に正社員としての働く姿勢はできているといえます。

 

低賃金で働くより気持ち良く働けるはず

報酬というのは上がれば上がるほど嬉しいモノです。

なので、この報酬によって仕事に対するモチベーションが左右されるので、重要なわけですよね。

 

ゆえに、フリーターの方が正社員として働いたほうが、もっと気持ちよく働けるようになるわけです。

やりがいがなくても、せめて金銭面でだけでも、喜べるような働き方にしておきたいかと思います。

 

普通に働き者です

 

フリーターで頻繁にアルバイトをされている方は基本的に働き者です。

そして、”働き者は真面目”だと周りの目から見ても思うといえます。

 

そんな真面目な人はもっとも気持ちよく働いたほうが良いに決まっているのです。

 

真面目な人間は企業はシンプルに欲しい

一週間に頻繁にアルバイトをされている方は基本的に働き者だと思います。

 

フリーターとは本来、勤務時間を減らし、自分の目標を負う立場です。

ですが、そういう方は時間的には正社員にも負けないぐらい働いているわけです。

 

こういったアルバイトを頑張っている人はフリーターの中では真面目なほうなわけです。

このような労働に真面目な人は、企業からしても「入社後も頑張ってくれるだろう」と感じてもらえるかと思われます。

 

真面目ならある程度は収入も増えていく

フリーターの方は今よりほんの少し専門性を上げて真面目に働くことで、企業でも徐々に報酬が増えていくと考えられます。

企業では評価するのは身近な上司の場合がほとんどですから、真面目に働いている人は評価したくなるものです。

 

なので、フリーターの方で週に頻繁に働いている人は正社員になったほうが報われるのではないかと思います。

 

どうせ、過ごすなら少しでも高度な業務に携わるべき

 

どうせ働くことに時間を費やすなら、自分の将来にメリットがある働き方をしたほうが得です。

ですが、それはアルバイトでは得づらいと考えられます。

 

自分の能力を高められる

結構な頻度でアルバイトをされている方は、どうせだったらもっと自分が成長できる場で働いたほうが将来的に様々な場面で活躍できるようになるかと思います。

 

結局、「どんなことに時間を費やしたか」によって、自分の将来の働き方も変わってきます。

もしも、専門性の低い業務に時間を費やしていれば、専門性の低い業務しかできませんし、高度な働きをしていれば、高度な働き方ができるようになるわけです。

 

過ごす職場を選び、より高度な働き方ができていたほうが、後々の活躍できる幅も大きくなるわけです。

 

職歴を積んでいることにもなる

企業間では職歴を重視する企業がたくさんあります

「この人はどんなキャリアを積んできたのか」といった見方をしており、職歴がなければいくら優秀でも評価をしてもらえないわけです。

 

そして、フリーターは職歴扱いされないことが多く、いくら働いても自分の能力をアピールできないのです。

ですが、正社員になれば、極端な話、どんなに酷い働きしかしていなくても、他の企業からしたら現場を押さえられないので、勝手に不釣り合いな高い職歴が積まれていくのです。

 

だったら、フリーターで働くよりも、正社員で働いたほうがメリットが多そうですよね。

 

スポンサーリンク


就職活動が不安なら就職エージェントに頼ればいい

 

「もうバイトで学ぶことがない」

「もっと報酬が高くしてほしい!」

という方はフリーターから就職して正社員になったほうがいいです。

 

そのままバイトに時間を費やしても報われる可能性も低そうだったら、なおさら就職して報酬やら成長のために働くことを意識したほうがよさそうですよね。

 

もしも、「フリーターから就職なんてできないでしょ…」とお考えの方は就活のプロ『就職エージェント』に頼ってみてください。

 

下のようなフリーターに特化した知名度の高い就職エージェントもありますから、こういったところに協力してもらうと、個人でするよりも就職成功率が高まるかと思います。

 

 
JAIC(ジェイック):厚生労働省認可のサポートが手厚い就職サイト
 
ハタラクティブ:支援実績が高く、高い知名度を誇る就職サイト
 
ウズウズカレッジ:ITエンジニア職・営業に特化した就職サイト
 

 

どうせだったら、費やした時間が自分の将来に対して良い影響を与えたほうがいいですからね。

 

なので、ぜひ、頻繁にアルバイトをされている方は正社員になってみてください。
フリーターの就活ではハローワークよりも就職エージェントを利用すべき理由

フリーター・ニート向け就職エージェントサイトの選び方+おすすめ3選

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント