フリーターが惨めに感じる瞬間【ツラい思いをした体験談を紹介します】

フリーター

どうも、元フリーターの『むぅチャソ(@mw_chaso)』です。

 

ボクは学生を卒業して、入社した会社を退職してから『ニート・フリーター』期間がありました。

 

そのとき、フリーターであることで、結構惨めな思いをしてきていたりします。

 

なので、本記事では『フリーターが惨めに感じる瞬間』について体験談を書いていこうと思います。

 

本記事を読まれている方がフリーターであれば「あるある」って思ってもらえるかもしれません。

 

これから「フリーターになろう」と思っている方は、こんな惨めな思いをする可能性があるんだと覚えておいてください。

 

スポンサーリンク



フリーターが惨めに感じる瞬間

 

フリーターでいると『惨めに思う瞬間』ってたくさんあるんですよね。

 

ボクもニートとフリーターを経験していますが、なかなか惨めな思いをしていました。

 

なので、ここではボクの実体験から『フリーターが惨めに感じる瞬間』をご紹介したいと思います。

 

久しぶりに知り合いに会ってしまったとき

 

学生時代の同級生や元同僚といった、過去の人間関係で疎遠になっていた人と会うと惨めな思いをすることがあります。

 

「今、何の仕事してんの?」

と聞かれれば、フリーターとして働いていることは悟られたくないですよね。

 

もしかしたら、自分がフリーターであることをバレないように「普通の会社員だよ」なんて嘘をついてしまうこともあるかと思います。

 

これは自分を惨めに感じてしまいますよね…

 

そんな嘘をついた後は嘘をついた罪悪感、そして「嘘よ…広まらないでくれ!」と願ってしまうかもしれません。

 

むぅチャソ
自分がフリーターである状態では、自分の近況を知らない知人には会いたくないですよね。

それこそ、『同級生』といった自分の顔を知っている人たちと繋がっている人とは、噂を流されそうですから、極力関わりたくないものです。

何を血迷ったのか『同窓会』に参加してしまったら最期、『惨めパラメーター』がMAXになること間違いなしです…。

 

気軽に友人と『遊べない・誘われなくなった』とき

 

今までは普通に遊んでいた友人と遊ぶ機会が減ることがあります。

 

金銭面などを理由に友人が気を使い誘わなかったり、社会的立場上フリーターは弱い立場であることから「友人に見下されている」と勝手に勘違いをして、自分から関わらなくなったりするようになるかと思います。

 

そんなとき…。

「みんなは休日には旅行にいったり、デートをしたりしているだろうな…」

と、自分のバイトに追われる退屈な生活と比較して惨めになるかもしれません。

 

『金銭的に余裕のある・胸を張れる正社員』と『必死にならないと生活費が稼げないフリーター』とでは、生活レベルが違えば、過ごし方も変わってきます。

 

こういった格差を感じてしまえば、惨めな気持ちでいっぱいになるのは当然ですよね。

 

むぅチャソ
ボクの経験談ですが、ニート・フリーターだった頃は確実に友人との関係を断ち切っていました。

友人と関わることで「有難くもないアドバイスをしてくるんじゃないか」とか「一緒にいて気を使われるんじゃないか」とかを考えてしまってのことだったりします。

それに加えて、目標に向かって頑張っていた時期でもあったというのも理由だったりしますが…。

 

同世代の人が次々と結婚している状況

 

自分の同世代の人が結婚し始めると焦りますよね。

 

「オレなんて金銭的にも立場的にも、到底結婚できる状態じゃないのに…」

と考えてしまうかもしれません。

 

もしかしたら、こういった状況から妬みの感情が湧いてくるかもしれません。

 

「不幸になっちゃえ」という気持ちになりますが、これが自分の『妬み』だと気づいたとき、どうしようもなく自分が惨めに感じてしまうんですよね。

 

これまでの『自分の人生の不充実さ』『これからもこのままの状況が続く』と考えると、何もかもが嫌になることだってあります。

 

これは途轍もなく、精神的な苦痛を強いるかと思います。

 

むぅチャソ
自分の知り合いが次々と結婚している状況って独身であれば、ほとんどの人が焦りますよね。

でも、フリーターの場合は周りの「良い人がいたら結婚したい」と考えているのに対して、「甲斐性がないからどうしよう…」と悩む内容が違かったりします。

この時点で周囲の差を感じて惨めになってしまいますよね。

 

スポンサーリンク


昔は普通に買えていたモノを我慢しているとき

 

学生の頃や会社員で働いていた頃では、多少の無駄遣いをするぐらいだったら、全然できていたかと思います。

 

ですが、フリーターになった時点で税金や生活費といった『お金の問題』が生じることや、収入が少ないことから、今まで買えていたモノが買えなくなったりします。

 

このとき、「この程度のモノも買えないのか…」という現実に落胆するでしょう。

 

そして、今まで買えたモノが買えないという事実から惨めな気持ちになるかと思います。

 

むぅチャソ
会社員のときは好きなときに行けていた『すき屋』もフリーターになった途端、「1食に400円ちょっとは出せないわ…」という状況にボクはなりました。

会社員の頃は1食1000円程度も大丈夫だった分、本来「早くて安いが売りの商品すら購入できない」という状況にかなり惨めに感じましたね…。

 

年下に能力的に劣っていると感じたとき

 

自分の成長が停滞していれば、勢いのある後輩たちに追い抜かれていきます。

 

そして、ただフリーターとして過ごしている人よりも、会社員として高度な働き方をしている人の成長は早いです。

 

専門的な業務の経験を積んだり、技術的なスキルが身につく職場だったり、それこそ自分のキャリアのために必死になって自分の能力を伸ばそうとしている人たちも多いですから、フリーターの人と差がつくのは当たり前だといえます。

 

そうなると、必然的に仕事で能力を高められる会社員の後輩よりも、ルーティンワークが多いフリーターの方は能力的に劣ることのほうが多いわけです。

 

この自分よりも若い人に劣っている感じたとき、自分を不甲斐なく思い、惨めな気持ちになってしまうんですよね。

 

むぅチャソ
自分より年下の人に負けて悔しいと思わない人はあまりいませんよね。

それこそ、1つ負けている程度であればよいですが、ステータス的にほとんどが負けているなんていう状況になったら悲しすぎますよね。

でも、フリーターと正社員の職場環境や立場には違いがありますから、「どんどん能力的に離されていく…」と実感すると焦りと惨めな気持ちになってしまうことがあるんです。

 

スポンサーリンク


フリーターが惨めに感じないためにすること【提案】

 

フリーターが惨めな気持ちが生まれる原因は主に『お金』『立場』の2つかと思います。

 

収入が少なければ、一般の人がしていることができませんから、楽しく幸せそうに過ごしている他人を見て惨めな気持ちになるかと思います。

 

また、収入が一般の人と同程度あったとしても、フリーターというだけで「収入が安定しなそう」「専門性のの低い仕事をしていそう」といった印象を相手に抱かせ、自分がそれに察し惨めな思いをするかもしれません。

 

なので、基本的にフリーターの『お金』と『立場』の両方を改善するには下の方法しかないと思っています。

フリーターの改善提案・圧倒的にお金を稼ぐ

・個人でビジネスを持つ

・正社員になる

 

上の3つを簡単に説明していこうと思います。

 

圧倒的にお金を稼ぐ

 

圧倒的にお金を稼ぎ、「普通に働くより、お金を稼ぐ効率よくね?」といえる状態を作るということですね。

 

結局、「年間でお金をどれだけ稼いでいるか」よりも「手持ちにどれだけあるか」が重要だったりします。

 

お金を稼いでいても、いつ職場をクビになるか分からないわけです。

 

それなら、将来もらえるか分からないお金よりも、現在の『現金・資産』のほうが使わなければなくならないですから確実なわけです。

 

なので、フリーターの方は生活レベルを下げ、アルバイトを掛け持ちして、お金を貯めていくようにしましょう。

 

20代だったらアルバイトの掛け持ちのほうが正社員の人よりも稼げるかもしれませんから、資産に差をつけると「オレはお金を稼ぐ効率を求めてフリーターを選んでいるんだ」と言い切れるかもしれませんね。

 

もちろん、その貯めた資産を使って、事業やビジネスを始めることができるますから、フリーターの人はひたすらお金集めをしてもよいかと思います。

 

個人でビジネスを持つ

 

会社で勤めない代わりに『自分でビジネスを持つ』というのは、結構おすすめです。

 

今は企業間でも副業が認め初めているものの、現在ではまだまだ数は少ないですし、認めていたとしても制約は厳しかったりします。

 

なので、「個人でビジネスを持つ」となると、フリーターとして収入を得ている立場はうってつけなこともあるのです。

 

また、周囲にも「今個人で取り組んでいることがあるから、フリーターなんだ」と言い張れるので、周囲に良い印象を与えられることもあります。

 

そして、徐々に収益を増やしていくことができれば、『お金』と『立場』の両方を一般の人に自慢できるぐらいなるかもしれません。

 

 

正社員になる

 

惨めに思うのは「能力的に劣っていると感じたり、自分が他人より不幸せだと認識する」ことからですよね。

 

綺麗ごと抜きに言えば「能力がないからお金が稼げなくて、幸せじゃない」と感じることが多いですからね。

 

なら、そう差を埋めるために『正社員』となり、周囲と同じ立場になってしまえば、少なからず圧倒的な惨めさからは解放されるかと思います。

 

本気で正社員になりたいのであれば、フリーター歴が少し長くても就職できるかと思います。

 

現在の日本の就職状況としては、どこの企業も『人手不足』のことから、昔と比べると相当就職しやすくなっているかと思います。

 

なので、人目を気にして嫌な気持ちになってるくらいだったら、正社員になって堂々と外を歩けるようにしたほうが良いかと思います。

 

ちなみに就活をする際は下のようなフリーターに特化した『就職エージェント』に協力してもらうと就活効率と成功率がグッと上がるかと思います。

 
JAIC(ジェイック):厚生労働省認可のサポートが手厚い就職サイト
 
ハタラクティブ:支援実績が高く、高い知名度を誇る就職サイト
 
ウズウズカレッジ:ITエンジニア職・営業に特化した就職サイト
 

 

また、下の記事に『就職エージェント』について詳しく書いていますので、読んでみてください。

フリーター向け就職エージェントサイトの選び方+おすすめ6選
「フリーターは就職ができない」は嘘。現在ではどんどん『フリーターに特化した就職サイト』があり、かつ、『転職エージェント』と呼ばれるプロが就職できるまでサポートしてくれるからだ。なので、ここではおすすめを紹介しようと思う。

 

 

最後に:フリーターの『惨め』は何もしなければ一生続いていく

 

何もしなくても現状が好転することは稀です。

 

なので、今フリーターで惨めな思いをしている人が、今まで通り過ごしていたら、一生続いていくといえます。

 

ですから、まずは”行動を変える”ことから始めましょう。

 

今の現状を不満に思っているのに何もしなければ、確実に後々後悔することになりますからね。

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 
フリーター・ニート向け転職エージェントサイトの選び方+おすすめ3選

フリーターにおすすめな副業6選【元フリーターのボクがやったこと】
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント