会社員で成功できる可能性を秘めた方法【ワンチャン狙いながら生きる】

会社員

どうも、分析大好き『むぅチャソ(@mw_chaso)』です。

 

会社員の中には「いつか成功してやる!」という気持ちを胸に秘めている人がいるかと思います。

 

でも、その「いつか」っていうのが、いつになるのか全く想像が付けられていない方も中にはいらっしゃるかと思います。

 

その「いつか」が全く見えていない状態では、何も前に進めないことがあります。

 

この「いつか」をできるだけ明確にできる方法として…。

実際に行動に移してみる

が重要なのです。

 

べつに「ドップリ浸かるように行動し始めろ」というわけではなく、本当に小さな行動をしてみるだけでも、なんとなく実現までの道のりが見えてきます。

 

なので、本記事では『会社で働きつつ、できるだけ堅実に成功に近づく方法』について書いていこうと思います。

 

「会社を辞めなければ始められない」という考え方ではなく、少しづつ前に進むというイメージなので、会社員の方にもピッタリの内容になっているかと思います。

 

ぜひ、参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク



はじめに:会社に依存している状態では平凡なまま

 

よく少しお金を稼げるようになってきた人が言うセリフ『会社に依存している状況は良くない』。

 

言っている人がイマイチだから「その考え方って本当に正しい?」って思っちゃうかもしれません。

 

もしかしたら、「もうお腹いっぱいだよ…」なんて思っている方もいるかもしれません。

 

ですが、言わせてください。

会社に依存していては、平凡な人生のまんまだぜ?

 

というのも、会社だけで「生計立てている」や「経験を積んでいる」というのは、一般の人と同じことをしているわけですからね。

 

そうなれば、同じ環境で人生をプレイするわけですから、競合とはシンプルに自分のポテンシャル勝負になってしまうわけです。

 

それだと、能力のある人間が職場に入ってきたら、簡単に自分の地位を奪われてしまうわけです。

 

これが「決まった枠の中で戦う」ということなんですよね…。

 

これでは、人と違う人生を送るなんてできないのも頷けるかと思います。

 

 

本業をこなしつつ、違う取り組みをする【理想】

 

現在、会社員の方で「やりたいことを見つけたから、会社やめちゃうぜぇ」ってなるのも分かる。

 

ボクもそうだったし。

 

ですが、「やりたいことが見つかったから、すぐに会社を辞める」って自分でやってみて思うけど、なかなかキツかったです。

 

ボクはたまたま生活できるだけのお金を稼ぐことができるようになったからいいけど、どうでなかったらと思うと、たぶん路頭に迷っていたと思います。

 

なので、『本業で安定したお金を稼ぎつつ、違う取り組みを始める』がベストだと心の底から思っています。

 

むぅチャソ
ボクが会社を辞めた後のある程度の期間はお金が無くなって、アルバイトをして生計を立てていました。

この時の無意味すぎる時間の過ごし方はメチャメチャ精神的に辛かったです…。

 

ですが、よく「仕事が忙しくて…」と仕事以外のことをしない人がいたりします。

 

もちろん、仕事が忙しすぎて残業ばかりしている、本当の意味で時間がない方もいるかと思います。

 

そういう状況で不満を抱いているのであれば、間違いなく『転職』したほうがいいと思います。

 

本気で取り組みたい目的であるのであれば、生活レベルを下げて、以前の給料を下げて生計を立てられる最低限の生活費は確保して、取り組み始めたほうが良いかと思います、

 

意気込みでは「絶対に成功する」と思っていても、思うようにいかないことがほとんどですから、思い切った行動をするときには注意をしなければなりません。

 

スポンサーリンク


会社員で成功するための方法【結論】

 

ここからが本記事の本題です。

 

「○○すれば成功できるよ」っていう内容ではなく、「○○をしておくと成功できるかも!」っていう内容です。

 

難しく考えずに「こういうことをしているといいのかも」と思ってもらえれば幸いです。

 

では、さっそく書いていきましょう。

 

興味を持ったことは、とりあえずクビを突っ込む

実際のところ、ビジネスでもなんでもそうですが『何がアタルか分からない』わけです。

 

2chの創設者の『西村博之』さんの著書である『働き方完全無双』で成功に必要なことについて下のように書かれています。

何か新しいサービスの上にいる人は、「そこにたまたまいる」というだけで突然、ゲタを履ける時期があるのです。

そこで重要なのは、本人がものすごく優秀であるということではなく、「たまたま早くからそこにいた」という事実です。

引用:働き方完全無双

 

西村博之さん自身も、早くから匿名掲示板に注目し取り組んで継続していった結果、こんなにも日本人の生活に浸透するサービスを生むことができたわけです。

 

ブログでとても有名なブロガーさんに『イケダハヤト』さんという方がいるのですが、この方も「ブログでお金は稼げる」と思われていない段階から取り組み始め、時代の波に乗り、今ではブログ関連で年商1.5億円の運営実績を出されています。

 

このことから、『何がアタルか分からず、早い段階で参入していることが重要である』ということから、興味が惹かれたモノにどんどん取り組んでいくことが成功するための1つの条件だといえるかと思います。

 

なので、動画配信でもブログでも、とりあえず「やってみようかな?」と思ったときに取り組み始めるというのが、『将来的な成功』に結び付くかもしれませんよ。

 

珍しい能力を身に着ける『無難+レア=注目』

会社での仕事では無難なスキルが身につくかと思います。

 

でも、それだけでは一般の人と変わらないことから競合が多く、自分が埋もれてしまうことがほとんどです。

 

ですが、この無難なスキルとユニークなスキルを組み合わせることで、新しい働き方を選択できたり、サービスを生み出すことに繋がることもあります。

 

それこそ、そういったユニークなスキルが活きるように、頭の良い人はわざわざ相手の土俵で戦うことはせず、できるだけ『自分の土俵に引き込む』ことを考え、圧倒的な勝利をおさめます。

 

これは会社で働いていくことだけではなく、ビジネスや事業でも同様なことが言えます。

 

なので、必要な時に強力な武器を使えるように、戦略の幅を広げておくというイメージかと思います。

 

『労働・実績』がストックされる働き方をする

働き方を変えるだけで、将来的に行き着く場所が違ったりします。

 

将来的に豊かになるための取り組み方として”個人の名前に実績が残るようにする”というのがベストだと考えています。

 

会社で実績を上げても社内で完結してしまったり、世の中から評価されても実質会社の実績にすり替わったりします。

 

これでは将来的に状況が変わっていくとは言いづらいですよね。

 

なので、意識すべきこととして、下のことを意識するとよいかと考えます。

・『肩書』として実績がストックされていく

・『過去の労働』がお金を生み続ける

 

『肩書』であれば、『弁護士』の場合は「○○○件もの離婚訴訟を勝利に導いた」みたいな実績がそのまま世の中から認識され、離婚関連の案件が転がり込んでくるみたいなイメージです。

 

こうすると自分の名前と肩書に実績がストックされ、知名度が高くなっていきますよね。

 

『過去の労働』であれば、『ライター』がそうで、過去に書いた記事をまとめて本を出版したり、ブログに投稿したりすることで、印税や宣伝広告で持続的にお金を生み続けますよね。

 

こういった『肩書と名前に実績がストックされていく』『過去の労働がお金を生み続ける』といったことを意識すると、将来的には人生が豊かになるといえるでしょう。

 

 

スポンサーリンク


小さなスケールで始めるのがコツ

 

上手くいくか分からないのに、リスクを負うのは良くありません。

 

たまに、有名な起業家さんが「リスクを負って、自分を追い込まないと~」みたいなことを言っていることから、大きなリスクを負いたい気持ちはわからなくもありません。

 

でも、もっと回りを見てみると「サラリーマンと兼業でやってたら規模が大きくなって独立した」なんていうのもザラですからね。

 

 

ひと昔有名になったSNS『GREE』を運営しているグリーの取締役社長『田中良和』さんなんかはサラリーマンと兼業していたそうです。

 

趣味の一環としてGREEを運営し、規模が大きくなってきて、兼業では運営が間に合わないということで独立しました。

 

このように「初めはスケールの小さく始め、徐々に大きくしていく」というのが、リスクが小さく理想的な取り組み方だと考えています。

 

 

最後に:偶然を期待していても現状が変わることはない

 

「このまま会社で働いていけば出世するだろう」とか。

 

「なんとなくやっていれば、いろいろなスキルが身について独立できるだけの実力がつくだろう」とか。

 

上の考え方みたいな『偶然を期待している姿勢』では、まず劇的な変化は訪れません。

 

『自分以上にポテンシャルが高い人』『自分が考えられないぐらいストイックに努力している人』は間違いなくいるわけでして、そういう人たちに追い抜かれていくことを考えなければなりません。

 

そういう人たちに勝つためにシンプルに努力するのもアリだと思いますが、一般とは違う土俵で戦えるようになったほうが確実で努力量も少なくて済むと思うんです。

 

そして、特別なスキルが身に付いたら、独立をして結果的に成功を勝ち取ることもできるかもしれませんよね。

 

なので、「このままやってれば~」と現状維持をすることを考えないで、一般とは異なる取り組み方を選択して過ごしいったほうが良いかと思います。

 

なにより、そっちのほうがおもしろいですよ!

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント