【名言】紳士でかっこいいワンピースのサンジの性格から男らしさを学ぶべき

ワンピース(サンジ) マンガ・アニメ

どうも、むぅチャソ(@mw_chaso)です。

 

あなたはマンガ・アニメの中で好きなキャラっていますか?

 

ボクは「好きなマンガキャラはいますか?」と質問されたら…。

秒で「ワンピースのサンジです( ゚Д゚)」

って答えます。

 

それぐらい好きなんですよね。

 

なので、本記事では『ワンピースのカッコよさ+名言』を紹介していこうと思います。

 

また、「マジでサンジが好きです!」っていう人の中で、「こんな名言ありまっせ」という方はコメントで残してもらえればと思います!

 

むぅチャソ
本記事を書いて悔やまれるのが「こんなカッコいいサンジの魅力を語彙力がないがために伝えられない」ということなんですよね…。

 

スポンサーリンク



初めに:紳士でカッコいいサンジとは

 

サンジは女にだらしないが、強くて紳士でカッコいい最高の男!

 

有名マンガ「ワンピース」の主人公ルフィ率いる麦わら海賊団のコックをつとめるサンジというキャラクターがいます。

 

小さいころから海上レストランで『料理人』として働いていたサンジは、「オールブルーを見つけると」いう夢を実現させるため、麦わら海賊団の仲間となり航海をしています。

※オールブルーとは…東西南北の海すべての魚が生息する海のこと。

 

そんなサンジは、”女好き”ということもあり、ほちゃけてる印象が強いですが、機転を利かせた行動と仲間を救う時にみせる男気溢れる行動で何度もメンバーを助けるシーンがあります。

 

また、ルフィやゾロのように強く、ストイックな一面を持つメンバー内ではバランスをとる役割を担っているといえます。

 

チームの二分にするような状況に対して、チーム全体を考えた発言でバランスを取り分裂を防ぐような一面も見せます。

 

そういった強くてカッコよく、頼りになる一面を備えたサンジはワンピースファンの男女問わず人気が高いのです。

 

そんな人間的魅力で同性からも異性からも好かれるサンジから、人から好かれる条件を学べると思いますので、本記事で名言とともにご紹介していこうと思います。

 

女性を傷付けることは絶対にしない

 

サンジの最大の魅力は…。

”揺るがない騎士道”

ではないでしょうか?

 

サンジは女性にどんなに酷いことをされても、自分がどんなに危険でも、女性を傷つけることは絶対にしません。

 

サンジを見ていると「そこまでされているのに、サンジさん…あんたスゲーよ…」と思わせるようなシーンが作品の中にたくさん出てきますよね。

 

ボク的に男性が女性に優しくすることは好かれるポイントとして必須条件だと思っています。

 

サンジは女好きで航海で出逢うあらゆる女性に一目ぼれレベルのメロメロ状態になってしまうことが多々あります。

 

そんなサンジはどんなに危険な状況であろうと、敵であろうと女性を傷つけることは絶対にしないのです。

 

これは女性陣だけではなく、それだけの男気を見せられた男性陣も男として惚れてしまいますよね。

女性を尊いものだと考え、『女性を決して傷つけない、傷つけさせない』という態度は、男のボクでも「本当にカッコいい!惚れたわ…」と思わせる魅力があります。

 

世界中の男性に『騎士道』が芽生えたら、泣く女性はいなくなるんじゃないかな。

 

サンジの名言『…たとえ死んでも おれは女は蹴らん…!!!!』

ワンピース(サンジ)

出典 battle-one.com

…たとえ死んでも おれは女は蹴らん…!!!!

 

サイファーポールNo.9にて、サリファとの戦いでサンジがボロボロなっている姿を見たナミが言う。

「そんな騎士道を持っているために、あんたの命まで取られちゃうって言ってるの!!!!」

「こんな目にあってもまだ貫くの!? 死んだらどうすんの!?」

 

そして、サンジはゼフから叩き込まれた「女性に手を上げるな」という教えをまっとうしているんだと言い、最後にナミに放った言葉がコレ。

 自分の命がかかっている状況でこの言葉はカッコよすぎる!

こんな言葉が言えるような男になりたいです…(´・ω・`)

 

スポンサーリンク


男気がある

 

サンジが最高にカッコいいと思えるのは…。

”仲間のために体を張れる”

からではないでしょうか?

 

強敵が仲間の前に立ちふさがったとき、サンジはすかさず

 

自分が敵わないと知っていたとしてもです。

 

空島で神と称されていた『エネル』に対して、ナミ、ウソップをかばったときも。

 

『ドフラミンゴ』が仲間が乗ったサニー号に襲いかかったときもです。

 

スリラーバークでは、七武海の『バーソロミュー・くま』にルフィの代わりに命を差し出すゾロを庇って、自分が犠牲になってまでも助けようとします。

 

そんな自分の命よりも仲間の命を優先できるサンジは仲間からの信頼も厚いです。

 

一般の人は自分の身を危険に晒してまで、他人を庇うことは難しいです。

 

それこそ、命にかかわるような事態であれば、なおのこと体を張って庇う行動に出るなんてできません。

 

ですが、サンジは自分がボロボロであろうが、自分が命を落としてしまう可能性があろうが、仲間を優先して守ることができる男なのです。

 

そんな姿を見て、ワンピースファンは麦わら海賊団の危険になれば、「サンジ来てくれ…」と願っている方は多いのではないでしょうか!

 

そして、その思い通り、サンジが仲間を助けたとき、ワンピースファンは男性であればサンジに憧れ、女性であれば理想の異性として捉えるのです。

 

サンジの名言『タバコの火ィ 欲しかった トコだ!!!』

ワンピース(サンジ)

出典 image.space.rakuten.co.jp

タバコの火ィ 欲しかった トコだ!!!

 

空島にて、圧倒的な強さを持つ『エネル』に言ったセリフ。

 

エネルの船『方舟マクシム』に乗ってしまったナミを助けるため、ウソップと乗り込むサンジ。

 

ナミとウソップを逃がすために力及ばないことを理解しながら殿となったサンジ。

 

無事ナミとウソップを逃がすことに成功したサンジだが、エネルに強力な稲妻の餌食になる。

 

その際、してやったと余裕を見せるエネルに対して、強がりながら放ったセリフ。

クゥ~( ・`д・´)

どんなに強い敵の前でも、身体がボロボロでもこんなカッコいいセリフが言える男らしさ!

そりゃ、チームから頼られるワケだぜ…

 

サンジの名シーン『オレの命とっとけ…!!』

出典:wanpi-s.com

おまえ(ゾロ)が死んでどうすんだよ。

テメーの野望はどうした。

 

オゥ、でけェの…!!(くま)。

こんなマリモ剣士より、オレの命とっとけ!

今はまだ海軍はオレを軽く見てるが

後々、この一味で最も厄介になる存在になるのは

この黒足のサンジだッ!

 

スリラーバークにて、『ゲッコウ・モリア』との戦闘で満身創痍の麦わら一味。

 

その中でもルフィの傷は命の危機すらある状態。

 

そんな中、姿を現した七武海『バーソロミュー・くま』。

 

そして、ルフィの首を持って帰るという『くま』に対して、ゾロがルフィの代わりに命を差し出すと提案する。

 

その身代わりになると言い出すゾロを庇った時のセリフ。

いつも喧嘩ばかりしているゾロとサンジ。

嫌いな相手でも仲間だと認め、迷わず犠牲になろうとする男気。

これはズルい…。カッコよすぎるよね…。

 

スポンサーリンク


機転を利かせることができる

ワンピース(サンジ)

出典 onepicomic.up.n.seesaa.net

 

サンジは武闘派と思いきや…。

機転を利かせられる”頭脳派”

だったりします。

 

麦わら海賊団の絶対絶命のピンチや、敵との交戦でサンジの機転で何度も救われてきたといえます。

 

麦わらの一味は、行き当たりばったりのような性格のメンバーが多いです。

 

だから、サンジのような現状を見極めて判断できるメンバーがいることで、メンバー間でのバランスが取れているのだと感じています。

 

また、真剣な話し合いの最中では、話の脱線を修正するなどの気配りする面も見せています。

 

こういったメンバーが一人でも集団にいてくれることで成立することがたくさんあるといえます。

武闘派で凄腕コックでありながら頭がキレるとか…

女性ファンがたくさんいるのは頷けますね(/・ω・)/

 

 

真面目で面白い

ワンピース(サンジ)

出典 pbs.twimg.com

シャボンディー諸島で船員がバラバラになってから2年間、「カマバッカ王国」で過ごしたサンジ。

ルフィ達と合流後、魚人島に向かう航路にて、美しい女性人魚を想像したときのシーン。

 

サンジが好かれるポイントとして…。

”ふざけない面白さ”

があると思っています。

 

女性にとって、異性と過ごす時には会話で話が弾むに越したことはなく、それで空気を読めたら完璧ですよね。

 

男性も薄っぺらな面白さより、ポリシー的要素を持った面白さがある男性と一緒にいたほうが楽しいと感じられるかと思います。

 

こういった真面目で愉快な印象を持たれるサンジは、ときには頼りになって期待でき、ときには楽しい気持ちにさせてくれるキャラクターなのです。

 

ワンピースファンの方たちも、そんなサンジの姿に元気づけられているのではないでしょうか!

 

サンジが意図的にふざけようとしたことはほとんどない。

それでもワンピースファンが「サンジはカッコよくて、面白くて素敵ッ!」と答える理由がココにありますよね。

 

スポンサーリンク


紳士的でロマンチストである

サンジ

出典 www.auto-mechanika.jp

 

サンジに女性ファンが多い魅力の1つに…。

”紳士的でロマンチストな性格”

があるかと思います。

 

サンジはとても個性的なキャラクターであることは間違いないです。

 

そんな個性を強くさせているのが…。

”ちょっと気恥ずかしいけどカッコいいセリフ”

だったりします。

 

仲間や女性がピンチのとき、ちょっとくさいがカッコいいセリフを言いながら登場するシーンって結構ありますが、どれもカッコいいですよね。

 

そんなサンジはネットで「サンジ」とググると、ルフィに負けないぐらい名言がヒットします。

 

きっと多くのワンピースファンは、サンジのそれらの「くさいセリフ」を期待している方も多いと思います。

 

こういった言葉は女性に紳士的であるサンジが言い、かっこよく登場するからシックリくるんですよね。

 

このようなセリフを当たり前のように言え、それが似合う人って女性からしたら魅力的に感じてしまうものですよね。

サンジが言い放つ、自分の口からは恥ずかしくて言えないクサいセリフ。

それを自然にカッコいいと思えるのはサンジの魅力があってこそですよね(*´▽`*)

 

サンジの名言『女の…涙が落ちる音がした』

出典 pbs.twimg.com

女の…涙が落ちる音がした

 

パンクハザードにて、『たしぎ』が仲間だと思っていた『ベルゴ』に裏切られる。

 

たしぎの海軍の仲間たちが傷付けられ、悔し泣きをしている『たしぎ』。

 

そんなたしぎがベルゴにとどめを刺されそうになったときに助けに来たときのサンジのセリフ。

 

サンジの名言『”女のウソ”は許すのが男だ』

ワンピース(サンジ)

出典 stat.ameba.jp

“女のウソ”は許すのが男だ

 

ウォーターセブンにて、チョッパーとの買い出し中、ロビンが姿を消す。

 

チョッパーとサンジはいなくなったロビンを探しているが一向に見つからない。

 

そんな中、やっと見つけたロビンから「麦わら海賊団にはもう戻らない」ことを告げられる。

 

その時、ロビンの過去に何かあることを察しているサンジはロビンの言葉を嘘だと気づき、チョッパーに言ったセリフ。

 

器の大きさ…。

酷い言葉をぶつけられても、それを受け止められる大きな器っていうのは、こういうことを言うですね。

サンジの名言『オレは女の涙を疑わねェ!!!』

サンジ

出典 yamakamu.net

あの時の君の眼は真実を語っていた…!!!

たとえ100万人が君を責めてもオレは女の涙を疑わねェ!!!

 

ドレスローザにて、「殺してほしい男がいる」と涙ながらに頼む『ヴァイオレット』のお願いを聞くサンジ。

 

だが、それは「サンジを殺すための演技だった」とヴァイオレットの口から伝えられる。

 

しかし、サンジはその「ヴァイオレットの涙は本物だった」と確信を持っているサンジがヴァイオレットに言い放ったセリフ。

 

女性の涙を無条件で信じようとするサンジ。

常に女性の味方でいようという姿勢は本当に素敵だと思うんだ!

 

スポンサーリンク


揺るがないポリシーを持っている

ワンピース(サンジ)

出典 leisure-bonds.com

 

サンジの魅力に…。

 

”破ることのない絶対的なポリシーを持っている”

があるかと思います。

 

サンジは真っ直ぐで、自分の中でルールを設けているように感じます。

 

たとえば、「女性を傷つけない」と同等レベルで、「食べ物を粗末にしない」という考え方を徹底しているいえます。

 

サンジは料理が好きで上手く、腕っぷしが強いことから、ルフィに誘われ、船では「コック」という役割をこなしています。

 

そんなサンジがつくる料理は振舞った相手に喜んでもらえ、自分自身もそれに満足しているといった様子が伺えます。

 

そんなサンジは料理が上手いことに加え、お腹が空いている人がいれば敵味方関係なく振舞います。

 

ちなみに、食べ物に対してのポリシーは過去にサンジが島にゼフと遭難したときに、「食べられないことによる苦しみ」を身をもって経験したためです。

 

だから、食べ物を粗末にすることを許さず、食べ物を本当に大切にするのです。

 

こういった揺るがないポリシーを持ったサンジは見た者を惹きつけ、信頼させるんですよね。

 

心から自分の好きなことに信念を持っている人ってカッコいいんですよね

ポリシーを持っている人に悪い人は絶対にいませんしね!

 

 

サンジの名言『食いてェ奴には食わせてやる!!!』

食いてェ奴には食わせてやる!!!

コックってのはそれでいいじゃねェのか!!!

 

ルフィが海上レストランに居合わせていたとき、クリーク海賊団『クリーク』が今でも死にそうな状態で来店した。

 

そのクリークはイーストブルーで最強で、『騙し打ちのクリーク』と呼ばれる、勝つために何でもする海賊である。

 

そんな危険な海賊にもお腹を空かしていれば料理を振舞うサンジ。

 

しかし、その好意むなしく、だまし討ちによってサンジはクリークに殴り飛ばされる。

 

そして、クリークが「腹をすかせた仲間が100人いるから料理を準備しろ」と命令。

 

海上レストランの料理人たちは拒むが、サンジは料理をつくろうと言い出す。

 

そして、いったセリフがこれ。

自分に危害を加えた相手にも、お腹を空かせていれば料理を振舞おうとするサンジ。

それだけ強い料理人としてのポリシーを持っているということなんですよね…。

 

どんな食材も丸ごと愛を注ぐのがコックの嗜みだ

料理が上手いことに越したことはねぇーが、食材が尽きるのが一番まずいはずなんじゃねェーのか?

1万ベリーだろうが100万ベリーだろうが食材は一片たりとも無駄にしちゃーいけねェ

どんな食材も丸ごと愛を注ぐのがコックの嗜みだ

レディーのすべてを愛すようにな

 

海軍G8基地に忍び込んだルフィとサンジはコックになりすます。

 

しかし、ことの流れで『海軍の料理人たち vs サンジ』で料理勝負をし始める。

 

そして、海軍料理人はサンジに勝とうと食材の美味しい部分だけを使って料理をする。

 

しかし、サンジはその料理人たちが余らせた食材を使って、絶品料理を仕上げる。

 

その時に、海軍基地の料理人たちに放ったセリフ。

このオシャレな言い回しで食材の大切さを訴えるサンジのセリフって結構好きなんですよね。

自分の言いたいことを気持ちをのせて話せるサンジはマジでかっこいい…。

 

ちなみにこれは原作にはなかった話だと思います(記憶があやふや)。

だから、アニメのオリジナルだと思うので、知らない方も多いはず!

 

 

最後に:最高の男「サンジ」の魅力はどうでした?

 

本記事で紹介したサンジの魅力いかがでしたか?

 

武闘派でありながら頭脳派で頼りになったり、ちょっと気恥しい名言をバンバン言うサンジにメチャクチャ惚れこんでいるファンの1人です。

 

そして、自分自身もサンジのように気高く、生きていきたいと日々意識している存在でもあります。

 

そのため、本記事にて、私的には気合を入れて書いたつもりではあります。

 

きっと読んでくださった方の中には共感をしてくれた方もいれば、「サンジの魅力はそんなもんじゃない!」と内容の足らなさに不満を抱かれているかもしれません。

 

そんな方はコメント欄に「自分が思うサンジの魅力」を書いていただけたら幸いです。

 

サンジについて語りましょう!

 

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント

  1. ひとみ より:

    サンジかっこいいですよね

    私マンガのキャラクターの中でも、1番サンジが好きです!
    だから、このサイト読んでテンション上がりっぱなしでした笑

    やっぱりエネルからナミとウソップを逃したシーンは最高にカッコいいですよね!

    サンジのカッコいいところをまとめてくれてありがとうございました!

    • テンチューズ より:

      読んでいただきありがとうございます。

      確かにエネルからナミとウソップを逃がすときの、サンジの男気は本当にかっこいいですよね!

      男としては、ドレスローザのヴァイオレットの嘘に対して、「俺は女の涙を疑わねェー!」の言葉がカッコよくて仕方がありません(笑)
      いつか、自分もそんな言葉を言えるような男らしさを身につけらるよう精進していたいと思いましたね!