アニメ『盾の勇者の成り上がり』のレビュー【感想・評価・ネタバレ】

マンガ・アニメ

どうも、『むぅチャソ(@mw_chaso)』です。

 

今回はアニメ『盾の勇者の成り上がり』について書いていきます。

 

『盾の勇者の成り上がり』に興味がある方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

スポンサーリンク



アニメ『盾の勇者の成り上がり』の評価・感想

 

まずは『盾の勇者の成り上がり』の原作を読んでいるボクがレビューをしたいと思います。

 

『盾の勇者の成り上がり』自体のストーリーの感想・評価です。

 

主人公の武器が『盾』というのが面白い

 

王道マンガの主人公であれば『剣』や『刀』が一般的ですが、『盾の勇者の成り上がり』の主人公の武器は『盾』です。

 

王道の異世界ファンタジーでありながら、一番重要な武器が王道でないところが良いですね。

 

もはや、武器ですらない『盾』にも関わらず、盾以外の武器を装備できないという『縛り』プレイです。

 

主人公は『攻撃力0』男という不運…。

 

だから、自分以外のパーティーメンバーに手伝ってもらわないとザコ敵1匹倒せないのです。

 

こういった、王道マンガの主人公のように、初めから無双できるアニメではないのが、このアニメが面白い理由だといえるでしょう。

 

むぅチャソ
ワンピースのルフィの『ゴム人間』ほど斬新さはないものの、それに似た新しさを感じますよね。

 

『嫌われ者』という要素がストーリーのアクセントになっている

 

『盾の勇者の成り上がり』の序盤はとにかく胸糞な内容です。

 

異世界に来てすぐ『盾の勇者』は周囲から拒絶され、仲間だと思っていた人から裏切られるといった、常に主人公に対して風当たりが強いです。

 

だから、原作を知らない視聴者からしてみたら、1話目で「このアニメ重いな…」と感じるかもしれません。

 

ですが、安心してください。

悪いヤツらを懲らしめるのを楽しむことができるアニメだったりする!

 

きっと、ストーリーが進むごとにムカつくヤツらを見返す展開は視聴者からしても嬉しい気持ちになるはずです。

 

『盾の勇者の成り上がり』の名前のとおり、主人公の知略戦略を持って、成り上がっていく主人公の姿に「カッコいい!」と思えるかと思います。

 

むぅチャソ

悪い状況から這い上がっていく物語は元気づけられたり、感動できたりと、他のアニメでは味わえないモノがあるんですよね。

ボクは原作を読んだので分かりますが、ストーリーが進んでいくごとに主人公が好きになっていくと思いますよ!

 

キャラがロクでなしだけど、そこがいい

 

このアニメはとことんロクでなしのキャラが多いので素直にムカつけます。

 

何より、醜い世界であることで、主人公の本来の優しさが際立つようになっています。

 

そこらのよく分からない、ひたすら優しいマンガの主人公とは違って、精神面の葛藤があって「偽善キャラっぽさ?」がないように感じます。

 

主人公がたまに見せる優しさに心がホッコリしちゃいますw。

 

そして、奴隷『ラフタリア』との主従愛が、どれだけ素晴らしいかが分かる内容になっています。

 

むぅチャソ

主人公の本物の優しさはみてて敬意を払いたくなるものがあります。

そして、内容が重い分、荒んだ心を癒してくれる『ラフタリアちゃん』の存在は主人公はもちろん、ボクたちに精神の安定をもたらしてくれる激カワなヒロインなのです。

 

スポンサーリンク


全話のネタバレ

 

ここでは、アニメ『盾の勇者の成り上がり』の1話ごとのあらすじを書いていきます。

 

とてもざっくりなので、もし詳しく知りたい方は『amazonプライム・ビデオ』で実際に視聴してみてください。

 

1話のあらすじ

 

1話は主人公が異世界に飛ぶ経緯と、『盾の勇者』として待遇を知る話です。

 

そして、異世界がどれだけ酷い世界なのかを主人公自身が身をもって味わう話でもあります。

 

 

主人公の名前は『イワタニ ナオフミ』。

 

大学2年生(20歳)でオタクライフを満喫している青年。

 

 

ある日、図書館に出向き、ラノベ漁りをしていた。

 

そこで、『四聖武器書』という本を見つける。

 

その本には『剣』『槍』『弓』『盾』の4人の勇者が主人公であることを知る。

 

そして、その本を読み進めると白紙のページに行き着く。

 

その後、すぐに本が光出す。

 

 

気づくと知らない男たちが目の前に現れた。

 

そして、その男たちは自分を『勇者』と呼び、横には自分と同じような境遇で、勇者と呼ばれる者たちがいた。

 

つまり、異世界から主人公は召喚されたということ。

 

その後、王の元に招かれ、世界を破滅に導く『波』というモノがあることを知り、まさにその波に直面していることを知る。

 

また、勇者たちは冒険をして、各々の伝説の武器を強化して、その波を退けるための力を身に着けろとのこと。

 

 

冒険に旅経つ当日。

 

勇者たちは異世界の設定上、勇者同士でパーティーを組むことができない。

 

だから、王が選定した冒険のお供を連れていくことになっている。

 

しかし、誰一人、主人公と供に冒険をしようとする者がいなかった。

(なぜか、お供側が仕える勇者を選ぶとかいう謎設定w)

 

※『盾の勇者』は最も弱く、世間知らずだと噂されたのが理由。

 

むぅチャソ

この時点で、異世界から主人公への風当たりの強さを感じますね。

攻撃力ゼロの主人公1人で冒険とか詰んでますよね…。

 

 

誰からも選んでもらえない主人公。

 

そんな中、1人の女性(マイン)が主人公の「パーティーに移りたい」と申しでて加入する。

 

その後、王から大量の冒険資金を与えられ、装備を整えることなった。

 

 

冒険に必要な充実した装備を買い、モンスターを倒す手ごたえを実感した主人公。

 

冒険に期待を膨らませながら眠りにつく。

 

そして、その翌日、主人公が朝起きると周囲に異変が…。

 

王から支給された冒険資金も先日買った装備も、すべてなくなっているのだ。

 

そんな困惑している主人公を王国の騎士たちが包囲され、王からの出頭命令が下ったことを告げられる。

 

 

城に着き、王の前に跪かされる主人公。

 

いわれのない「同行者の女(マイン)」を襲った罪を課せられてしまう。

 

そして、大罪人として、勇者たちからも王を含める周囲の人間からも軽蔑されてしまう。

 

むぅチャソ

1話目から『信頼』『お金』『名誉』全てを失う主人公も珍しい…。

そして、できすぎた状況を疑わない主人公以外の3人の勇者の人間性も笑えますねw。

胸くそストーリー過ぎるのも見所です。

 

 

主人公の悪い噂は王都中に広がり、主人公を味方する人間はいなくなってしまった。

 

それどころか、主人公を軽んじ、騙そうとする連中や質の悪い連中に絡まれるといった人が出てくるほどである。

 

そんな環境に身を置くうちに、主人公は世の中に対して嫌悪感を抱き、やさぐれていくのであった。

 

むぅチャソ

とことん、周りの人たちがろくでなし過ぎて、主人公が可愛そうです…。

でも、主人公は主人公でザコ敵で住民を脅す主人公あるまじき行為にスカッとする気分と、笑えるシーンがやられっぱなしにならなくて良かったですね。

 

 

主人公は武器も持てず、パーティーを組んでくれる人もいないことから、ザコ敵にすら手こずる状況。

 

そんなときに、奴隷商人の男に声を掛けられ、その男についていくと、そこで亜人の女の子に出会うのであった。

 

スポンサーリンク


『盾の勇者の成り上がり』を楽しみたい方へ

 

『盾の勇者の成り上がり』を楽しみたい方は…。

 

1.『アニメ』をみる

2.『盾の勇者の成り上がり』のマンガを読む

3.『槍の勇者のやり直し』のマンガを読む

 

まず、アニメを放送分全部みます。

 

アニメ終了後、「続きが気になる!」という方はマンガを読みましょう。

 

そして、それでも満足しない方は、スピンオフである槍の勇者が主人公の『槍の勇者のやり直し』を読むとよいかと思います。

 

なので、まず初めにアニメで『盾の勇者の成り上がり』を楽しみましょう!

 

もしも、『盾の勇者の成り上がり』のアニメを見逃したという方も、コスパの最強の『プライムビデオ』がお勧めです。

 

『amazonプライム・ビデオ』はこちらから

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント