「デジモンアドベンチャー tri」のあらすじと感想 – 主人公たちが高校生になっている!?

マンガ・アニメ

 

昔、多くのチビっこが見ていた、あのアニメの続編があることに最近知りました。

そのアニメとは「デジモンアドベンチャー」です。

 

 

あの「デジヴァイス」を必死にフリフリしてた頃を思い出します。

 

私の周りに持っていない人がいないぐらい、デジヴァイスが流行っていましたね。

私が幼稚園か小学生の入りたてでしょうか。

 

それから、どれぐらいデジモン観てたか忘れてしまいましたが、とにかくハマっていましたね。

確か上のデジヴァイスまではもっていましたね。

 

 

だからこそ、デジモンの続編「デジモンアドベンチャー tri」を見つけた時は、メチャクチャテンション上がりましたね。

この歳になって、デジモンを見るとは思いもしませんでした。

 

なので、ここで「デジモンアドベンチャー tri」の紹介をしたいと思います。

きっとデジモンが大好きだった頃のあなたに戻れるかも(笑)

 

 

スポンサーリンク



「デジモンアドベンチャー tri」とは

 

1999年に放送されていた最も古い「デジモンアドベンチャー」が生まれてから、15年誕生記念で制作が発表されたのが、本記事で紹介する「デジモンアドベンチャー tri」なんです。

 

主人公たち「選ばれし子供たち」の6年後を描いたアニメとなります。

 

 

上の画像が私たちが知っている最も古い「デジモン」の主人公「八神太一」と愉快な仲間たちです。

 

この頃の主人公は11歳という設定でした。

 

こう見ると、選ばれし子供たちはどなたも個性あふれるファッションをされていますね。

特に主人公の友人の弟「タケル」なんて、いまだに民族衣装のような帽子に宝石をはめ込んでいるファッションなんて、この私たちの世界の時代で考えても、時代が追い付いていない先取ファッションですよね。

 

 

そんな自由なセンスをお持ちの彼らが6年間の時が経つと…

 

 

大人っぽくなっていますね。

もはや、顔では識別できないので、髪型で判断するしかないレベルです。

 

 

タケル君なんてこんなにオシャレになっています。

 

 

あの頃の圧倒的な美的センスも時間が経つと、カッコいいオシャレなファッションになるんですね(笑)。

あの斬新な帽子はもう被っていないようです…

なんだか寂しいですね…。

 

 

そんな主人公「タイチ」は17歳で高校二年生と選ばれし子供を描いたのが、「デジモンアドベンチャー tri」ということになります。

 

スポンサーリンク

 

「デジモンアドベンチャー tri」の概要

 

このアニメのスケールは「世界」!

 

物語の舞台は「東京」。

かつては「デジタルワールド」で冒険した、「選ばれし子供たち」はデジモンたちと別れてから、平凡な日々を送っていました。

 

そんなある日、突如お台場に「クワガーモン」が出現し、街を破壊し始めます。

 

その場に出くわした、主人公「太一」はクワガーモンに狙われ、攻撃をされながらも必死に逃げ続けます。

 

しかし、とうとう逃げることができなくなり、クワガーモンにとどめを刺されそうになった時、太一が持っていたデジヴァイスが輝きます。

 

そして、そんな太一のピンチに現れたのが、かつて一緒にデジタルワールドを冒険したパートナー「アグモン」。

 

 

そんなアグモンは進化をして対抗するがデジタルワールドに飲み込まれ、場所が羽田空港に移る。

 

その羽田空港で、かつて「選ばれし子供たち」と呼ばれた、メンバーとそのパートナーのデジモンが集まる。

 

 

そして、その集まったデジモンたちが進化し、クワガーモンを撃退するのでした。

 

ですが、それ以降も現実世界にデジモンが現れ、選ばれし子供たちが応戦することになるのです。

そのときに出会った、太一と同世代の1人の女の子とデジモンに出会うことになるのです。

この1人と1匹との出会いがさらなる困難を引き起こすことになっていくのでした。

 

 

「一体、デジタルワールドと現実世界で何が起こっているのか?」

というのが、「デジモンアドベンチャー tri」の序盤の概要となります。

 

それ以降を紹介してしまうと、重要なネタバレになってしまうので、ここでは紹介しないことにします。

ですので、気になる方はぜひ「デジモンアドベンチャー tri」をご覧になってください!

 

実際にDVDを買うよりもアマゾンプライムで見たほうが安上がりだと思います。

デジモンアドベンチャーtri. 第1章「再会」
(2015-12-28)
売り上げランキング: 2,282

 

 

「デジモンアドベンチャー tri」を観た感想

 

まず、「デジモンアドベンチャー tri」をみて感じたのが、子供向けではあるのですが、「今どきの表現と内容になっているな」と感じましたね。

 

やはり、「デジモンアドベンチャー」自体を知っている人は、今の20代なわけですから、子供っぽい内容というわけではないんですよね。

ただ都合よく進化して相手を倒すといったご都合シナリオでなくなった分、大人の私が観ても、面白いと感じるものになっていますね。

 

また、この歳で「デジモン」をみて、ちょっと感動しちゃっている時点でなかなかのシナリオになっていると感じています。

特に3話は胸が苦しくなりましたね。

 

 

そんな「デジモンアドベンチャー tri」は全6章で完結となっています。

ちょっとアマゾンプライムで全部観ると3000円になってしまいますが、観る価値は全然あったと思っています。

 

きっと「こんなデジモンいたなぁ」とか「何こいつらこんな関係になっているの!?」といった、懐かしさもあり、新しさを感じられるモノになっています。

 

ですので、ぜひデジモンを楽しく観ていたあの頃に戻って、楽しんでみてはいかがでしょうか!

 

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント