「貧乏人は車に乗るな」は正論!【ローンと維持費で生活が厳しくなる】

「貧乏人は車に乗るな」は正論!【ローンと維持費で生活が厳しくなる】

どうも、むぅチャソ(@mw_chaso)です。

 

今回は『貧乏人と車』に纏わる内容となっています。

 

ぜひ、最後まで読んでみてください。

 

スポンサーリンク

貧乏人は『車=ステータス』という古い考えを持っている

 

ひと昔前は『高価な車』がステータスだと思われていました。

 

だから、特に男性の多くは車を所有し、ブイブイ言わせていたわけです。

 

ですが、現在は都会ではほとんどの人が車を所有していません。

 

ある程度の場所には電車とタクシーで利用すれば安く目的地に行けます。

 

遠出に車が必要になれば、レンタカーを借りて安く使うことができます。

 

こう考えると車を所有した場合の維持費よりも安上りだといえるのです。

 

この事実から…。

「車を持つことは無駄な支出が生じる」と多くの人は考えるようになった。

 

そう考えると、燃費の悪い高級車に乗っている人は『お金持ち』もしくは『古い考えにとらわれた物事を考えられない人』の二分できるかと思います。

※お金持ちでない車所有者のほとんどが「車が好き」といった趣味を理由にしている。

 

そして、気づくべきなのが…。

長いローンを組めば、誰でも車なんて買えます。

だから、『高級車持ち=稼ぎが良い』というわけではないんですよね…。

 

現在はこういったことが理解できている人が増え、「車がステータスではない」と考えられるようになったというわけです。

 

 

貧乏人は車を買った後のことは考えていない

 

車の年間の維持費は、最も維持費が安い軽乗用車ですら大体”約38万円引用元だとされています。

 

この維持費があれば”約2か月間の生活費を賄うことができる”といえます。

 

これが高級車になれば、さらに税金が高くなったり、加入する保険やらなんやらで、さらに維持費が高くなるといえます。

 

これでお給料の手取りが20万円以下の人が長いローンを組んで高価な車を買えば、『ローンの支払い』と『維持費』でギリギリの生活を強いられるのは当然だといえます。

 

にも拘わらず、貧乏人は車を持つことすら難しい状態でも、「周りが車を持っているから」と流されて、車を購入したりするんですよね。

 

そもそも稼ぎが少ないのに車を所有するとか自分のクビを自分で絞めているのに等しいですよね…。

 

 

モノを購入した後のことを考えないのが貧乏人である所以だといえます。

 

 

貧乏人の車の買い方がおかしい

 

ボクは貧乏人の車の買い方に違和感を感じています。

 

「その買い方って損してない!?」

って感じずにはいられないことがあります。

 

それは下のとおりです。

貧乏人の車の買い方・新車で買う

・値落ちしやすい車を買う

・コスパの悪い車を買う

 

たぶん、上の3つは『貧乏人あるある』ですよね。

 

ここでは、もう少し上の3つについて説明していきます。

 

新車を買う

 

「お金持ちは新車を買わない」とよく言われます。

 

それはなぜかというと…。

”車は固定資産であり、『減価償却される』ことを理解している”

といえるからです。

 

簡単にいえば、『車の価値は時間とともに減少していく』ということです。

 

つまり、『価値がある程度下がった新古車』を購入するのがベストだといえるのです。

 

ですが、貧乏人はお金がないのに「新車じゃないとカッコつかない…」と見栄を重視してしまうんです。

 

正直、新車も新古車も値段の違い以外異なる部分はないです…。

 

そういった知識がなく、見栄でモノを買ってしまうのが貧乏人の特徴なんです。

 

値下がりしやすい車を買う

貧乏人は”外見・流行りを重視”する傾向にあります。

 

でも、それだと人気がなくなったり、新しい型ができたりすると、すぐにその車は値下がりをしてしまいます

 

そうなると、もしもお金に困って売却することになっても、購入時よりも比べ物にならないぐらい低い価値になってしまうかと思われます。

 

なので、お金持ちは『価値が落ちにくい車種を買う』を徹底していたりします。

 

これは車を『資産』という捉え方をして買っているということですね。

 

そのベストな選び方が”長い間、人気のある車種”を選ぶです。

 

こういうのはネットで調べればすぐに見つかるかと思います。

 

こういった購入時点で最悪の場合の売却までを考えているのが賢い買い物をする人間とそうでない人間の異なる部分だったりします。

 

コスパの悪い車を買う

貧乏人は”機能を軽んじる”傾向にあります。

 

つまり、貧乏人は『周りの見え方を機能よりも優先させる』ということです。

 

なので、外見はカッコいいけど、めちゃくちゃ燃費が悪いなんていう車を乗っていることが多いんですよね。

※地方にいるヤンキーがよく乗っているような車です…。

 

ですが、お金持ちは「なんのために買うのか」を重視しますから、外見よりも機能を重視します。

 

つまり、お金持ちは『コスパ命』なわけです!

 

お金持ちは車は移動手段なので『乗って移動する』ことが目的ですから、快適な広さや燃費の良さを重視するということです。

 

こういったことから、貧乏人は『外見』、お金持ちは『機能』を重視するといった異なった買い方をするのです。

 

スポンサーリンク


貧乏人は見栄で車を買うな

 

本記事の冒頭で説明しましたが、『車=ステータス』だと思っている人は少ないです。

 

なので、お金がないのに見栄で高価な車を買ったとしても、『外見だけの人』に思われてしまうことさえあります。

 

それこそ、頭の良い人や本物のお金持ちからしてみたら、「高い車乗ってどこ行くの?w」って感じかと思います。

 

それどころか、その『見栄』のために「自分の生活レベルを下げて、ひもじい思いをしている」なんて意味が分かりませんよね…。

 

むしろ、車を買って生活レベル下げなきゃいけないとかダサイ過ぎますよね…。

 

そんなことをしてないで、「そのお金で教材でも買って稼ぎを増やしてから車を買う」のほうが正しい順序のような気がしますよね。

 

そうすると、高価なモノが似合う人になれるかと思います。

 

見栄で車を買って、ギリギリの生活をしている自分で自分のクビを絞める愚かな行為はやめて、まともな判断をできるようにしましょう。

 

 

最後に:お金がないなら車を持つべきではない

 

最後に、そもそも論として稼ぎが少ないのに車を持つのはやめるべきです。

 

自動車は「一般の人の人生の中で2番目に高い買い物」だといわれています。

※中には『保険』が2番目の人もいますが…。

 

それだけ大きな買い物をお金がないのに持つのは、なかなか自分の人生をハードモードにしてしまっているといえます。

 

そんな使い方をするぐらいだったら、自己投資に回して稼ぎを増やす方向にお金を使ったほうがよっぽど利口であり、確実に人生を豊かにします。

 

車持っている貧乏人に「オレの人生に車は死んでも欠かせないぜッ!」なんて思っている人いないでしょ?

 

それだったら、稼ぎを増やして「お金の使い道がないから車を買う」ぐらいになったほうが、よっぽどカッコいいです。

 

車を買って「ヒィー、ヒィー」言いながら生活するよりも、趣味や娯楽に使ったほうがまだ人生が充実するかと思います。

 

もう少し自分の金銭面の問題を気にされたほうが良いかと思います。

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ