ボッサードの法則とは ~遠距離恋愛よりも短距離恋愛のほうが成就する

心理学

よく「連距離恋愛は上手くいかない」といったことは耳にするかと思います。

 

これは様々な障害があって上手くいかないことが多いといったことで言われる言葉ですよね。

 

もしかしたら、あなたはその言葉を「それは気持ちが通じ合っていないからでしょ!自分には関係ない」とこの言葉を身近に感じていないかもしれません。

 

ですが、この言葉を実際に調査した学者もいらっしゃいます。

 

本記事では、そんな遠距離恋愛が難しいことを結論付けた「ボッサードの法則」について説明していきます。

 

 

スポンサーリンク



ボッサードの法則とは

 

ボッサードの法則とは、物理的な距離が近いと、心理的な距離も近づきやすいといった心理的傾向を結論付けた法則です。

 

これはアメリカの心理学者である「ボッサード」氏が婚約中のカップル5000組を対象に行った調査結果から結論付けました。

 

調査内容としては、婚約中の2人がどのくらい離れた距離に住んでいるか、そして結婚に至ったかどうかを調査したものです。

 

このことから、物理的な距離と心理的な距離がどのように関係するのかを調べたものです。

 

調査の対象になったカップルは、半径5ブロック以内といった徒歩で行き来できる距離に住んでいた割合は33%(3分の1)でした。

 

また、そのうちの12%は同棲してたということでした。

 

それ以外は、電車などを交通手段を使い会っていたそうです。

 

これらの対象カップルが結婚に至った割合を調べれば、距離と心の距離がどのように関係しているかが分かるわけです。

 

この調査の結果、徒歩で行き来できる近い距離であればあるほど、結婚に至った割合が高いという結果になりました。

 

また、その逆で、お互いの住む距離が遠くなればなるほど、別れてしまった割合が高くなったということでした。

 

これは会いたいときに自由に会えない、時間や電車賃といったコスト面という障害が愛を育むことの妨げになってしまったといえるのです。

 

これにより、遠距離恋愛でよくある他の異性との関係を考えたり、会いたいのに会えないといった煩わしさは避けて通れないということですね。

 

 

近くの環境にいる人に惹かれる

 

もしかしたら、遠距離恋愛は距離だけの問題ではないかもしれません。

 

というのも、遠くて頻繁に会えない異性よりも、近くにいる異性に惹かれやすいといった心理的傾向があるからです。

 

それを理論づける心理学用語に「単純接触の原理」という、人はある対象と接触する回数が多いと、その対象に対して関心や好感度が高まるという心理学的傾向があります。

 

初めは好きでもなかったデビューしたての女優、俳優さんでも、テレビでの出演回数が増え、見かける回数が増えると好きになっちゃうことってありますよね。

 

その時、いままで好きだと思っていなかったタイプの人なのに、だんだん好きになっていってしまいますよね。

 

この、繰り返し対象を見ることで好きになっちゃうのが単純接触の原理というわけです。

 

これは人間関係において、大きな意味合いを持ちます。

 

例えば、学校や職場で席が隣で、毎日顔を見合わせる異性がいたとします。

 

しかも、「少しいいな」と思っていたとします。

 

その「いいな」が日を積み重ねることに、単純接触の原理により大きくなっていくのです。

 

そうなれば、「遠くの花より近くの団子」とはよく言ったもので、近くにいる異性のほうが魅力的に感じてしまうものです。

 

こういった理由から、遠距離恋愛よりも短距離恋愛のほうが成就しやすく、遠距離恋愛は難しいという一番大きな原因だといえるでしょう。

 

 

遠距離恋愛になったらどうすればいいの?

 

今までは一緒にいられたけど、急遽、遠距離恋愛になってしまう方々もいらっしゃるかと思います。

 

ここで、有名な心理学者が遠距離恋愛がうまくいかない「ボッサードの法則」があるからといっても、別れるべきと考えるのは、あまりにも早すぎるかもしれません。

 

正直、この段階で別れるべきだと考えてしまえるような関係であれば、これからの人生のことを考えて、別れてしまったほうが良いのかもしれませんね。

 

ですが、この法則を知ってもなお、「この人しかいない!」と思えている人は、相当な努力をすれば大いに上手くいく可能性があるといえます。

 

なぜなら、この調査で離れた距離に住んでいるカップルが結婚に至っているケースがあることも分かっているからです。

 

この調査で得られたのは、結婚に至った割合に少ない傾向にあるといった結果に過ぎず、100%遠距離恋愛がうまくいかないと言っているわけではありません。

 

その例外が少なからず存在するということは覚えておいてください。

 

もっとも簡単な解決法は婚約しているのであれば、その人の家の近くに住んでしまったり、同棲してしまったほうが良いかと思います。

 

ですが、そうもいかない場合がありますよね。

 

そういった場合は、メールや電話で頻繁に連絡を取り合うなどして、心理的な距離を縮める努力が必要となります。

 

映画や昔の人の文通でやり取りをするといった、ロマンチックな状況を楽しんでも良いかもしれませんね。

 

このように遠くにいても、近くに感じられるように工夫をすることで、良好な関係を保つことができるということです。

 

恋愛心理学【恋愛で使える気になる異性を理論的に惚れさせる方法】

 

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント