20代のうちは「バイト+フリーランス」で投資資金を貯めるのもアリなのでは?

20代のうちは「バイト+フリーランス」で投資資金を貯めるのもアリなのでは?

 

最近、よく考えるんです。

副業ができない正社員として会社員で働くよりも、アルバイトしながらフリーランスで必死に働いたほうがお金は稼げるよねって。

 

これは副業が許される会社であれば、「正社員+フリーランス」なので当然お金は稼げますよね。

ですが、中には会社で疲弊して、家に帰ったら何もできないという状態になってしまっている方がよくいらっしゃいます。

 

それこそ、20代の薄給でそんな状態になってしまっているのは間違いなく勿体ないです。

なので、会社に不満があって、お金に余裕がない方は気楽に責任のない立場で生活費を稼ぎ、フリーランスで少しでも余裕のあるお金を手にしたほうがよいのではないのではないでしょうか?

 

そして、その余裕分のお金を投資に回しておくと、パソコン1つで生活ができるようになる可能性が十分にあると感じています。

 

スポンサーリンク

社員の副業を認めている企業の割合

 

最近、社員の副業を認める企業が増えてきているとメディアで取り上げています。

ですが、私の周りでも副業アリという会社で働いている方が少ないように感じていました。

 

ということで、副業を認めている企業の割合を調べてみたところ、大手企業「リクルートキャリア」で兼業・副業に対する企業の意識についての調査が実施され、その結果が下記のとおりです。(2017年2月14日)

 

出典:https://www.recruitcareer.co.jp

 

上の結果を見てみると、社員の副業を認めている、推進しているというのは全体の22.9%となっています。

ということは、いまだ8割程度の企業は社員が副業することを認めていないということになります。

 

そうなると、会社のいつ上がるかわからない給料当てにすることしか選択肢はないという方がたくさんいらっしゃるということになります。

そのため、プライベートの時間も会社で使うであろう知識や技術を習得するのに時間を費やす羽目になるのです。

 

 

会社が一生自分の生活を保障してくれるのであれば、副業なしでも問題はないかと思います。

ですが、そんなことはありませんよね?

 

現在の日本では正社員として入社をしてしまえば、社員が不祥事といった解雇に値する問題がなければ「不当解雇」にあたりますから、急に辞めさせられることはありません。

会社に「窓際」といった戦力外を表現した言葉があるぐらいですから、一方的に会社が社員を辞めさせられない状況であるということです。

 

 

ですが、これが景気や経営状況によるものであれば、「リストラ」といった強制的に解雇をさせることができるので、社員が路頭に迷うことになるのです。

 

そのため、現在では「一生雇ってもらえる」と感じさせるような対応をされていても、状況によっては会社側が意図して解雇という選択していなくても、そういった期待を裏切られることがあるということです。

 

そのため、会社側は生活を保障してくれないのに、解雇されたときの生きる術を養わさないというのはとても変な話ではないのかと考えているわけです。

 

上の調査結果で副業を認めない半分以上を占めている理由は「社員の長時間労働・過重労働を助長する」となっていますが、この理由に関しても社員のことを考えているようで会社側が会社の仕事に専念させるための理由に過ぎないような気がします。

だって、個人的にやっていることでツラくなるのが嫌だったら、プライベートは何もしない選択をすればいいだけの話ですからね。

 

スポンサーリンク

 

なぜ、「バイト+フリーランス」がよいのか

 

私が「バイト+フリーランス」がなぜ良いのかについてここで説明したいと思います。

私の場合、20代はお金を稼ぐ&投資に回すことを心がげていて、正直そこらのサラリーマンより資産を大きくできればよいと考えています。

 

結局、20代で色々なことを学び、専門的な知識技術を学び、資産があれば30代になって起業だってできてしまうわけですからね。

割と行動に移して、最も社会に影響力を与えるのは30代だと考えていますから。

 

ですので、そういった面から考えての「バイト+フリーランス」についてのメリットをご紹介します。

 

 

個人で稼ぐ力を身に着けられる

 

上でも少し説明をしましたが、やはり「会社に将来を委ねる姿勢」というのが良くないと考えています。

 

会社に期待し、信用しきっているというのは、間違いなく大きなリスクだと言えます。

なぜなら、そういった信用は人を安心させ、そこで生きる術だけを培わせる原因だと考えているからです。

 

現に、その会社では仕事ができる優秀だけど、リストラされたことで雇ってもらえることもなければ、起業もできなず、肉体労働の派遣の仕事をせざる得ないといった状況になっている方も大勢いらっしゃいます。

 

そうならないために、フリーランスで今から自分の市場価値を高めて、個人で稼げるようになっていくことが望ましいと考えています。

 

 

出来高次第で将来への投資ができる

 

基本的に会社員の給料は一定です。

出来高制の企業でない限り、年ごとに少しずつ給料が上がっていくような形だと思います。

 

これだと入社してから数年は生活が苦しくても、我慢して節制していかなければいけませんよね。

 

ですが、「バイト+フリーランス」であれば、フリーランスのでき次第では徐々に収入が増えていくことになると思います。

そうなれば、バイトと合わせたフリーランスの税金を引いた収入はサラリーマンでもらっていた給料を超えることだってできるんですよね。

 

これは私も実証済みなので間違いないです。

 

 

節約がしやすい

 

きっと会社員の方は会社の通勤を考えて、できるだけ利便性の高い場所に賃貸で部屋を借りているかと思います。

そのため、東京圏の職場であれば、駅から離れているのに6~8万円ほどの家賃を毎月払うことになるかと思います。

また、自宅でお弁当を作ってこない限り、お昼は外食だったりします。

はたまた、社内の人間関係で飲みに嫌でも付き合わなければならないこともあります。

 

こういう会社を意識する、人間関係を意識するあまり無駄な支出が増えてしまうことってありますよね。

こういった会社絡みの出費を計算してみると意外と大きな金額だったりするんです。

 

 

ですが、「バイト+フリーランス」であれば、会社を意識しなくてよくなりますから、そういった毎月の支出を抑えることができるようになるかと思います。

住むところも東京までのアクセスが少し悪くなるけど、今までの家賃の半分ぐらいの金額で借りたり。

基本的に家で食事をすることを増やせば、食費だって大してかからなくなります。

 

こういった今まで必要以上に使っていたお金を使わなくなったりするんですよね。

 

 

無職になってから考えなければならない費用

 

まず、1か月の支出について考えてみます。

 

ここでは私が実際にかかった1か月間の支出で説明します。(年収は別)

今回は20代がテーマになっているので、独身の方の毎月の支出の内容を下記のようになるかとおもいます。

 

税金多めに60,000円「国民健康保険+市民県民税+年金」



去年の年収300万だった方

人にもよりますが年に70万円払うと思っていれば良いのでは?
家賃40,000円関東でも駅から離れれば、安くて良い物件があります。
光熱費15,000円夏場は扇風機、冬場は重ね着で対応
携帯代700円格安SIM (BIGLOBE) 3GBの一番安いプラン
ネット代4,000円持ち運びwifi

これなら喫茶店でもノートパソコンで作業もできるとにかく自炊
食費20,000円基本的に自炊
合計 139,700円

※私はこれに奨学金35,000円が加わっていました。

 

 

ザックリ1か月の支出は最低14万円かかるということになります。

最低限これだけの金額を稼がないといけないので、バイトでこの生活費は稼ぐようにしたほうがいいかと思います。

 

また、私もそうでしたが、年金に関しては支払いが難しければ、役所で「減額、免除、猶予」の申請をすることで減らせたり、支払わなくてよい状況にできますから、支払えない場合は申請してください。

 

スポンサーリンク

 

バイトとフリーランスで生きていけるの?

 

結論からいうと、余裕です。

そもそも1人暮らしのフリーターはそこら中にいるわけですから、無理だということはあり得ませんよね。

ですが、ここで問題なのがバイトの時間がほとんどの時間を占めてしまい、バイト以外何もできなくなってしまう状況です。

 

 テンチューズ
テンチューズ
知恵は金よりも尊し

 

上の記事でも書いていますが、基本的にバイトは単純作業をするわけですから、楽だけど実践的な学びは全くありません。

そんなバイトの時間を生活に割り当てるのは正直無駄だと考えています。

 

ですので、私の考えでは雇われる働き方ではなく、自分で稼ぐ働き方に徐々にシフトしていくことが望ましいと考えています。

 

 

そのため、生活していくのに、最低でも月14万円必要であることから、最低限の生活費はバイトで稼ぎ、できるだけ頭を使わないルーティーンのバイトを選択することをお勧めします。

 

例えば、コンビニやネットカフェの夜勤だと、大体時給1,000円~1,300円になるかと思います。

それを1日8時間だとして、1日8000円。

 

1か月14万円ほしいわけですから、

140,000円 ÷ 8,000円 = 17.5日出勤となります。

 

週4でバイトに入るとこれに近い金額になります。

これで1か月最低限の生活ができるわけです。

 

 

そして、残った週3日間はフリーランスで出来高で増減するようにします。

始めは実績がないので、単価が低い案件ばかりをこなさなければなりません。

ですが、経験を積むごとに効率と単価が上がってきますから、平日と休日を合わせれば低くて10万円程度になってくるかと思います。

 

 

これにより、大体月8~10万円程度が自由に使えるお金になります。

この余力分の資金を使って、投資をしていくというのが理想的だといえるでしょう。

 

投資の技術を磨けば、一般のサラリーマンが稼ぐ年収を超えることだって、普通にできてしまうわけです。

 

 

実際に私は会社を退職した当初、バイトをしながらプログラミングの勉強をしていました。

そして、フリーのエンジニア業で稼げるようになってきて、余力のお金をずっと投資に使ってきました。

それが現在では、収入の7割が投資で稼いでいる状況です。

 

実際にフリーランスの初心者でもできるライティング案件を最近してみていますが、空いた時間に単価が高い案件だけを選んでしていれば、時給1,500円で月5万円~10万円は余裕だと感じています。

 

私は「クラウドワークス」を使って、基本的には投資についての案件なので単価が高いです。

ですので、何も知らなくて困っているという方は現在ホットの話題「仮想通貨」について1週間必死に勉強して、それから取り組めばいいと思います。

 

 

 

退職する前にしておくこと

起業家のアイデア

 

 

「バイト+フリーランス」で生活できるイメージはなんとなく掴めたかもしれません。

 

ですが、やはり「正社員の生活が恋しい…」と考える状況になりかねない方もいらっしゃいます。

ですので、そういった状況にならないように少しでも貯金をしておくことをお勧めします。

 

それこそ、会社だけの収入では貯金ができないという方は、実際に「クラウドワークス」などのクラウドソーシングを使って、試しにフリーランスで稼いでみましょう。

年間20万円までは確定申告義務が生じないので、副業禁止の企業でバレることはまずありません。

 

ですので、実際にフリーランスでやっていけるかを確かめる意味でも土日に案件をこなしてみましょう。

 

その20万円+αをもって、「バイト+フリーランス」の道を踏み出してはいかがでしょうか!

 

では、将来の自由のために投資を始めてみてください!

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ