フリーターはいつまでがタイムリミット?【何歳までが就職しやすい】

フリーター

どうも、元フリーターのむぅチャソです。

 

フリーターの方は「いつまでこのままでいいのかな…」と一度は考えたことがあるかと思います。

 

今は別に生活していけてるし、このままで満足しているけど、将来的に考えて企業への就職も考えないといけないなとお考えの方も多いかと思います。

 

なので、本記事では「いつまでフリーターでも大丈夫なのか」という観点で書いていこうと思います。

 

本記事の内容・フリーターが就職が成功しやすいタイミング

・フリーターに対して企業が求めるモノ

 

スポンサーリンク



タイムリミットは『年齢』で決まる【結論】

 

さっそくですが、この章で就職するにあたっての『フリーターのタイムリミット』について書いていこうと思います。

 

この企業への就職のしやすさのタイムリミットを知っておくことで、「まだフリーターでも大丈夫だろう」と何も考えずにフリーターとして過ごしていた結果、正社員になろう就職活動をしても、なかなか内定をもらえないみたいな状況にならないように計画を立てられます。

 

また、夢を持っている方なんかは一時的にフリーターとなり、夢達成への努力をするという方がたくさんいらっしゃいますが、「この年齢まで頑張ってみてダメだったら、就職しよう」といったフリーター期間を設定することができるでしょう。

 

なので、ぜひタイムリミットと考え方を覚えていってください。

 

『29歳の壁』『34歳の壁』という考えられ方がある

 

ここで書くことが、本記事の1つの『タイムリミット』の結論になるかと思います。

 

よくフリーター歴で評価が決まるともいわれますが、企業の求人を見てみると『年齢』を重視するという傾向にあるといえます。

 

その年齢の具体的な数字でいうと『29歳』『34歳』です。

 

これは一般の方であれば「就職しやすいのは29歳までだろうなぁ」と考えられていることから、なんとなく想像がつく数字かもしれませんね。

 

そして、「就職成功率は若い年齢であればあるほど高くなってくる」というのはどの就職サイトの調査結果でも明らかだといえます。

 

なので、最低でも20代、それに加えて「就職したいな」と感じたら、それが絶好のタイミングになるということですね。

 

なぜ年齢によって就職しやすさが変わるのか

「どうして企業での就職には年齢が若いほうが良いのか」というのは下のことが考えられます。

 

就職率が年齢によって違う理由・成長率が違うから

・職場環境へのなじみやすさが違うから

・給料は年齢に応じて決めている企業が多いから

 

この理由について簡単に説明していこうと思います。

 

成長率が違うから

若い年齢であれば、『仕事に対する情熱』を持ちやすいです。

 

また、『年齢上での上下関係』と『キャリアでの上下関係』が一致しやすいといえます。

 

そのため、やる気があれば仕事も覚えも早いですし、上下関係が成立すれば先輩からのアドバイスにも耳を傾けやすく、また先輩も指導しやすいといえますよね。

 

それに加えて、フリーター歴が長い人は『学ぶ』ということに関してブランクが開いていることがほとんどですから、そうなると業務の覚えも間違いなく遅くなってしまいますよね。

 

それだと、早く戦力になってほしい企業からしてみたら、あまり教育に時間をかけたくないはずですよね。

 

こういった理由でできるだけ年齢が若い人を求める企業が多いのだと考えられます。

 

職場環境へのなじみやすさが違うから

こちらも年齢上の上下関係が成立しないことで、職場環境に馴染めないという方も結構いたりします。

 

フリーターから就職した人が年齢が高ければ、それだけ同年代は社員さん方は会社での立場は上になることが多いです。

 

そうなると自分と同じ立場の人は自分より若いことになりますから、お互いに仲良くなりづらいと考えられます。

 

ですので、できるだけ若い年齢の人を採用して、職場環境の秩序を守ろうとするのが企業側の考えであるかと思います。

 

給料は年齢に応じて決めている企業が多いから

一般的な企業は年齢に応じて給料の額が変わっていきます。

 

そうなると、いくらフリーターだったからといって、若い社員と同じ給料を渡すことはできませんから、結果的に企業側が支払う給料の額に上乗せされます。

 

こうなれば、経験のない新人と変わらない就職者に余計に給料を支払っているという企業側は考えるかと思います。

 

そういった支払う給料面から考えても、できるだけ若い人を採用したほうが良いと考えるのでしょう。

 

就職成功率をあげる方法

フリーターの方の就職活動をスムーズにかつ、成功率をあげる方法があります。

 

それは『就職エージェントに協力してもらう』という方法です。

 

最近の就職や転職では、こういった企業と繋がった就職の専門家の力を借りて就職活動することが増えてきています。
ちなみに就活をする際は下のようなフリーターに特化した『就職エージェント』に協力してもらうと就活効率と成功率がグッと上がるかと思います。

 
JAIC(ジェイック):厚生労働省認可のサポートが手厚い就職サイト
 
ハタラクティブ:支援実績が高く、高い知名度を誇る就職サイト
 
ウズウズカレッジ:ITエンジニア職・営業に特化した就職サイト
 

 

また、下の記事に『就職エージェント』について詳しく書いていますので、読んでみてください。

フリーター向け就職エージェントサイトの選び方+おすすめ4選
「フリーターは就職ができない」は嘘。現在ではどんどん『フリーターに特化した就職サイト』があり、かつ、『転職エージェント』と呼ばれるプロが就職できるまでサポートしてくれるからだ。なので、ここではおすすめを紹介しようと思う。

 

 

企業が求める能力【20代/30代】

 

年齢によって企業が求めている能力は異なります。

 

そして、基本的に30代よりも20代のほうが要求される能力は低いといえます。

 

では、年齢ごとに要求される能力について書いてこうと思います。

 

20代に求められるもの

 

・仕事主体の考え方

・将来性

・コミュニケーション力

 

基本的に20代は社会人だったとしても、そこまでの実績もスキルも持っていないことがほとんどです。

 

これはフリーターの方ももちろん同様ですよね。

 

もちろん、技術や知識(資格)などを持っているとそれだけ「能力がある」と認識されやすいですが、それでも「持っていなくてもしょうがない」と許容範囲に考える企業が多いかと思います。

 

ですので、そんな20代に企業が求められるのは、しっかりとした考え方、コミュニケーションなどの表面上の魅力なのではないかと思います。

 

そして、何より「将来性がある」と感じさせるだけの人間性を重視されているかと思います。

 

企業からしてみたら、若いというだけで魅力だったりするんですよね。

 

30代に求められるもの

 

・専門的な技術や知識

・実践から得たノウハウを保有し、即戦力になれる

・リーダーシップやマネジメント力

 

30代になると職場では、チームを引っ張っていく立場の方々がたくさんいらっしゃいます。

 

そして、30代のフリーターの方にも、入社したら近いうちにそういった立場で働けるようになってもらいたいと企業側の思うかと思います。

 

もちろん、そういった立場で働いてもらおうとしていない企業もありますから、そういった場合は、ただ単に専門的な技術や知識を保有した即戦力を求めているかと思います。

 

このように20代とは違い、企業から求められる能力が高度になると考えられます。

30代になると、20代と比べて一気に要求される能力の高度差に違いが出てくるんですよね。

 

最後に:フリーターはいつまで許されるの?

 

本記事の結論としては企業への就職を考えているのであれば、20代のうちにすべきです。

 

基本的に企業は若いだけで魅力を感じてもらえるからです。

 

成長率にしかり、適用力にしかり、若い人のほうが将来性を感じる要素がたくさんあると認識されやすいです。

 

ですので、就職したいと感じたら、その場ですぐに行動に移したほうが、就職成功率は高くなるといえるでしょう。

 

思い立ったら吉日です。

 

フリーター・ニート向け転職エージェントサイトの選び方+おすすめ3選

フリーターにおすすめな副業6選【元フリーターのボクがやったこと】

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント