フリーターは人生終了?【人生詰んだと感じるのは早すぎるから!】

フリーター

どうも、元フリーターのむぅチャソです。

 

なんか最近フリーターについてネットで調べていたら、検索エンジンに「フリーター 人生終了」という検索候補が出てきました。

 

「あぁ、フリーターだと人生終了しちゃうのかぁ~」なんて考えていたのですが…。

 

いやいや、ボクも元々フリーターだし( ゚Д゚)

って勝手にツッコミを入れていました(笑)。

 

そして、「フリーターの方はこういったネガティブすぎる内容を見たらどう思うのか…」と考えていたら、本記事を書き始めていた感じだったりします。

 

なので、本記事では「フリーターだと人生終了とかありえないわ」っていう、元フリーターのボクの考えを書いていこうと思います。

 

こういったネガティブな内容を読んで、苦しんでいるフリーターの方はぜひ読んでいただけたらと思います。

 

スポンサーリンク



ネットの情報を鵜呑みにしすぎ

 

フリーター
この歳になってフリーターの自分の人生は詰んじゃってるよ…

 

むぅチャソ
なんでそう思うの?

 

フリーター
ネットで調べたら、フリーターの末路は悪いものだと知ったからさ…

 

むぅチャソ
そうなんだ…。

でも、そのネットの情報ってフリーターじゃない人が、フリーターを蔑み、自分を肯定しようとしている人たちが書いていると思わない?

 

ネットで『フリーター』というキーワードをググると、ネガティブな情報ばかりがヒットします。

 

そんな情報の中には「低収入」だの「惨めな人生」だの、いろいろとフリーターではない人がフリーターを罵るような内容がネットに書き込まれていたりします。

 

そして、それを見たフリーターの方は「あぁ…自分の人生は終わっている」と悲観的な考えを持つかもしれません。

 

でも、そういう内容はフリーターを貶めるためだけの情報発信なことが多いんですよね。

 

もしくは、本当に少数ですがフリーターで居続けたら、就職しようと思ったけどできなかったみたいな内容なんですよね。

 

フリーターの全員が全員、最悪な状況になってしまったというわけではないんですよね。

 

なので、鵜呑みにして、ネガティブな考え方にならなくてもよいかと思いますよ。

 

 

就職できないは嘘

 

フリーター
フリーター歴が長いと就職が難しくなるから、人生詰むよね…
むぅチャソ
えっ…

「会社で働くことが全て」みたいな言い回しするやんw

 

フリーター
だって、正社員になれば、それなりの額で安定した収入が得られるじゃん!

 

むぅチャソ
そんなに正社員になりたいんだね…。

そう考えるのであれば、 今はフリーター歴が長くてもやり方次第で就職しやすい環境も整っているから、努力すれば全然就職できると思うよ。

 

現在は20代であれば、いくらフリーター歴が長い人でも正社員になれる環境は整っていると考えます。

 

もしも、就職がうまくいかないという方は、それは個人で就職活動をしているからかもしれません。

 

現在はハローワークに行って求人を探したり、ネットで企業の案件を探すといった個人プレーの就職活動するよりも良い方法があります。

 

それは『就職エージェントの力を借りる』という方法です。

 

ここでは詳しい説明は省きますが、プロの就職支援をしてくれる方々を『就職エージェント』と呼び、現在はなかなか素晴らしい働きをしてくれるんですよね。

 
就活をする際は下のようなフリーターに特化した『就職エージェント』に協力してもらうと就活効率と成功率がグッと上がるかと思います。

 
JAIC(ジェイック):厚生労働省認可のサポートが手厚い就職サイト
 
ハタラクティブ:支援実績が高く、高い知名度を誇る就職サイト
 
ウズウズカレッジ:ITエンジニア職・営業に特化した就職サイト
 

 

また、下の記事に『就職エージェント』について詳しく書いていますので、読んでみてください。
 

フリーター向け就職エージェントサイトの選び方+おすすめ3選
「フリーターは就職ができない」は嘘。現在ではどんどん『フリーターに特化した就職サイト』があり、かつ、『転職エージェント』と呼ばれるプロが就職できるまでサポートしてくれるからだ。なので、ここではおすすめを紹介しようと思う。

 

こういったサービスを活用して、スムーズに就職活動を進めるのがおすすめだといえます。

 

スポンサーリンク


企業視点で考えすぎ

 

むぅチャソ
フリーターが悪い」って企業視点になりすぎじゃない?

 

フリーター
どういうこと?

フリーターは業務の質と給料の量は正社員の人のほうが上じゃん!

 

むぅチャソ
それは数字で考えすぎだし、現時点での評価のみをい重視しちゃってるよね。

どんな立場よりも会社員のほうが給料が一生高いなんて、あまりにも固定概念に囚われた考えだと思わない?

 

一般の人は『正社員』か『非正社員』の2つで区別しようとしますよね。

 

ですが、実際は『無職』という状態で正社員よりも稼いでいる人もいるわけですよね。

 

つまり、何が言いたいかというと…。

企業視点の評価は表面上の評価に過ぎず、それを絶対に重視する必要はない

 

ということです。

 

このご時世に『企業で働くことが全てではない』ということを理解できていない方々が多いように感じます。

 

それは周りの人たち、『フリーランス』『ブロガー』『YouTuber』などの方々を見れば分かると思うんですよね。

 

フリーター歴が長い人は確かに企業に就職するのは難しくなるかもしれませんが、別に企業に勤めないといけないなんてことはないですよね。

 

だから、フリーター歴が長くて就職活動がうまくいかない人は『個人で働く』ことも意識してみると、「自分の人生詰んでいる」なんて思わないようになります。

 

むぅチャソ
個人で稼ぐなんてできない!?

いやいや、やろうと思えばできますよ…

 

そもそも、現在はだんだん企業で働くのではなく、フリーランスという形で働き始めている方々が増えてきて、企業で働かない割合も大きくなってきているといえます。

 

そうなると、時が過ぎるごとに企業で働いていないことは別に違和感を感じないような状況になるといえるかと思います。

 

 

個人で稼ぐことを目標にすればいい

 

フリーター
 普通に考えて、オレなんかが個人で稼げるわけないし、企業で働かないとずっとフリーターじゃんか…

 

むぅチャソ
 後ろ向きな考えすぎてワロタw

時間はかかるかもしれないけど、少しずつ努力すれば個人でも稼げるようになると思うけど…

 

大抵の人は「個人で稼ぐのは難しい」と考えるかと思います。

 

個人で稼げる人は専門知識や技術を持っていて、世の中から求められるような人だけが個人で働いていけると考えがちですよね。

 

でも、アルバイトぐらいしかしたことがない大学生だった人が、学生でありながら個人で稼いでいる人って結構いるわけです。

 

それを考えたら、できなくもないと考えるのは普通なのではないでしょうか?

 

もしかしたら、後ろ向きなフリーターの方は、そういう個人で稼げる人には「才能がある」「大学で専門的な技術を学んだんだろう」と考えるかもですが、別にそんなことはないのがほとんどだといえます。

 

Twitterのツイートを見てると、文系の学生さんが学生の段階でフリーランスを志し、個人で勉強をしてきた結果、アルバイトより正社員よりも稼げちゃったみたいな感じだと思いますよ。

 

だから、「自分には何もできない…」と悲観してないで、とりあえず行動に移して、ひたすら経験を積んでいけば良いと思うんですよね。

 

また、別にフリーランスでなくても、個人でできるビジネスは結構あります。

 

そういったスケールの小さいビジネスを複数こなすことで、全然生活できてしまうなんてことも結構あります。

 

ボクもそのタイプの人間だったりします。

 

なので、思い立ったら行動していって、ひたすら努力していけばいいと思います。

 

ちなみにボクがこれまでに経験した一般的には副業と呼ばれるビジネスを下にまとめたので、「何をしていいかわからない」という方はぜひ読んでみてください。

 

フリーターにおすすめな副業6選【元フリーターのボクがやったこと】 
「これ以上バイトは増やしたくない…」というフリーターの方がいると思う。その場合、バイト以外の収入源を手に入れたいところである。ここでは元フリーターのボクが実際に取り組んだ副業を紹介したいと思う。ボクは主に『フリーランス』『ブログ』『投資』を集中してやってきた結果、お金に困らなくなった。

 

「会社に雇われたくない」と考えている方は、チャレンジしてみるとよいかと思います。

 

スポンサーリンク


最後に:フリーターだからって諦めるの早すぎ

 

ボクも元々はフリーターでしたが、現在は会社員時代と比べて、全然充実した生活が送れています。

 

こういっちゃなんですけど、会社員としてずっと働いていたら、「何もできない自分でずっといた」と思います。

 

それぐらいフリーターという立場で身に着けた知識や技術が役に立っているわけです。

 

なので、結局は…。

フリーターという立場を活かして、どれだけ効率よく成長できるか

なんですよね。

 

ボクは正社員にはない『仕事量のコントロール』『無駄な制約がない』といったメリットを存分に活かして、成長していける環境が整えられるのがフリーターの強みだと思っています。

 

フリーターであることに周囲への後ろめたさを感じているだけではなく、そういったメリットを活かす方法を考えたほうが賢いかと思います。

 

フリーターの立場を活かすことは、すぐにできますからね。

 

ちなみに、下の記事にフリーターの立場の活かし方を書いていますので、ぜひ読んでみてください。

 

フリーターは意外と大きなメリットがあるので立場をどんどん活用すべき
もしかしたら、今現在、あなたはフリーターとして生計を立てられているかもしれません。もしかしたら、これから正社員からフリーターになろうと考えているかもしれません。どちらにしろ、本記事にたどり着いたという...

 

フリーターだからと諦めモードになっている方は、「フリーターだからできる成長の仕方」を試行錯誤して、充実した人生を手に入れましょう!

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 
フリーター・ニート向け転職エージェントサイトの選び方+おすすめ3選

フリーターにおすすめな副業6選【元フリーターのボクがやったこと】
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント