「フリーターになって勉強したい」はアリ【人生が変わる可能性あり】

フリーター

どうも、元フリーターのむぅチャソ(@mw_chaso)です。

 

今回は『フリーターになって勉強がしたいはアリか』について書いていきます。

 

ぜひ、最後まで読んでみてください。

 

スポンサーリンク



初めに:フリーターになって勉強に集中するのはアリです!

 

自分の人生に『劇的な変化』を与えたいなら…。

”リスクを負って鬼のように打ち込むべき”

なんですよね。

 

「何かになろう」と考え出す

会社員の方で「オレ…このままでいいのかな…」と悩まれている方って結構大勢いると思うんですよね。

 

でも、そのほとんどが妥協し、現状の中から幸せを見つけようと考えることでしょう。

 

ですが、中には「このままじゃ終われない!」と権威ある職業を目指す方もいるんですよね。

 

「自分は何物もでもない」と考える人たちには、「何かになろう」と周りの人と違う選択をする人もいるということです。

 

そういう方が目標を設定して『勉強』をしようと考えるわけです。

 

むぅチャソ
今の生活に不満があると「このままだと将来後悔するんじゃないか」と悩むことってありますよね。

そして、現代の若い世代にこういった考えから行動に移す方も多いかと思います。

そのための選択肢の1つに『勉強』があるんですよね。

 

『勉強』の時間を確保するためにフリーターになる

『勉強』に打ち込めるように働いている会社をやめ、フリーターとなる人もいます。

 

「最低限の生活費を稼ぎながら勉強に励む」ということです。

 

会社員だと会社中心な生活になってしまうため、家でもいろいろと仕事の考えたり、作業をしなければならなかったりします。

 

でも、フリーターなら『専門性もなければ責任もない』状態で働けますから、不安や悩みで気をそらされることがなくなるといえます。

 

こういった自分のことだけに集中できる時間を確保するためにフリーターになるという方も多いのです。

 

この考え方って結構アリだと思う

むぅチャソ
ボク自身もフリーターになって、勉強や投資に打ち込んでいた時期があります。

そして、人生が良いほうに変わっていきました。

 

『フリーターになって勉強に打ち込む』はボクはアリだと思っています。

 

仕事に追われて、平凡な人生を送るくらいだったら、『ある程度のリスクを負って自分の能力を高める』は選択肢として間違っていない気がします。

 

『向上心を持って劇的な変化を加える』というのは素晴らしいと思うんです。

 

自分の人生に必要だと思えるリスクは迷わず負い、変化し続けることが『幸せに生きる条件』だと思っています。

 

なので、ボク的にはフリーターになって勉強するはアリです!

 

スポンサーリンク


勉強をすれば人生が変わる

 

ボクの経験上…。

”専門的な勉強すると人生が変わる”

と実感しています。

 

なので、ここでは「勉強をするとどう人生が変わるのか」について書いていきます。

 

社会人はやりたくないことで人生の大半を過ごす

学生を卒業すると社会人になります。

 

そして、平日の大半は会社で労働して過ごすことにあります。

 

でも、「働きたい!」と思って働いている社会人はまぁまぁ少ないですよね。

 

その『労働』では生活のために、「本当はやりたくないけど…」としょうがなくやっている方はたくさんいるかと思います。

 

こういう状態で過ごしていると…。

人生のほとんどが『やりたくないこと』で埋め尽くされてしまうんです。

 

別に目的もなく生きている人はそれでもいいかもしれません。

 

ですが、たくさんの人は「本当はこういうことがしたかった」とある程度の年齢になってから、後悔することがほとんどなんですよね。

 

自分も将来、そんな後悔をしたいですかって話なんです。

 

何も持っていなければ、他人の言いなりになる

能力がなければ、上の立場の人間の言いなりになります。

 

日本は特にハイアラキーを意識させる古い企業が多いですから、言いなりになってしまうのは当然だといえます。

(だから、『社畜』なんていう言葉が生まれるんですよ…)

 

こういった環境で働かなければならないのは”能力がない”からなんですよね。

 

能力があれば、上の立場になれるだろうし、何なら独立だってできるわけです。

 

そういう自分の能力を全面に出して、勝負できる人が結局は「快適に楽しく生きられる」わけです。

 

 

豊富な知識・知恵を持つと実績もついてくる

あなたも感じたことがあるかもしれませんが、組織の重役や実業家などの方々は途轍もなく知識を持っていることが多いです。

 

つまり、立場の高い人の共通していることは”仕切れるだけの知識・知恵がある”といえるのではないでしょうか。

 

この結論は間違っていないと思っていて、『豊富な知識から生み出される知恵』は人を効率的に動かすことができたり、価値を生み出すことができるのです。

 

それをアピールできれば、会社からは評価もされるでしょうし、実績を出すことができるかと思います。

 

なので、”実践で活かせる知識を蓄える『勉強』は将来的な投資である”といえると結論を出していたりします。

 

スポンサーリンク


フリーターの勉強で意識すべきこと

 

一般の人からしてみたら、会社を辞めることはなかなか決意のいることだと思います。

 

なので、報われるような勉強の仕方をするべきですよね。

 

ですので、ここではボク的に意識すべきことを書いておこうと思います。

 

ぜひ、意識してみてください。

 

自分の単価が上がるような知識を入れる

会社を辞めてまで勉強に時間を費やすのであれば、将来的には以前の働きよりも価値のある働きができるようになったほうがお得です。

 

漢字が読めるようになる勉強だったり、自己啓発本のような気分が高揚する事ばかり知識を入れていても仕方がありません。

 

前提として『働き方を広げられる』もしくは『より専門的になれる』といったメリットを見出すような勉強であることが重要です。

 

つまり、表現しやすい世の中に認識されやすい『専門知識を蓄える勉強の仕方』が良いと思っています。

 

なんなんだったら、企業から評価される勉強でもいいかもしれませんね。

 

誰からも評価されない知識の勉強は『趣味』でしかないですからね。

 

 

専門的に扱われる職業を目指す

できるだけ具体的な働きができるような勉強の仕方が理想的です。

 

あまりよくないと思っているのが、『チームを率いるリーダーシップ・プロジェクトをうまく回す能力を伸ばすための勉強』といった抽象的で表現が特定の環境でなければできないモノの勉強です。

 

それは会社員に求められるものだったりするので、会社で働きながら勉強したほうがいいですからね。

 

ここでいう意識したほうがいい勉強とは『特定の職業を狙った勉強』です。

 

時間が無駄になりにくいのが『資格の勉強』ですが、そうでなくてもITエンジニアを目指して『プログラミング』を勉強してもいいと思いますし、経営と心理学を学んで『コンサルタント』なんてのもアリだと思っています。

 

とにかく目的をもって勉強していくことが大切なのです。

 

決して、何でもかんでも勉強をしないで、まずは1つ専門的に学ぶようにしましょう。

 

 

目標がないなら『資格』をとったほうがいい

 

「自分には何もできない」という無力感から勉強をしたいと考えた方もいるかもしれません。

 

でも、「何をしたらいいのかわからない」と悩まれている方もいるかもしれません。

 

そういう場合は『資格の勉強』をしましょう。

 

資格の勉強であれば、『合格』といった1つ目のゴールも明確に設定できます。

 

それに加えて、1度で合格できなくても大抵の資格は数年勉強をすれば達成することができます。

 

そう考える時間の無駄になりにくいですよね!

 

下の記事に『勉強が苦手なフリーターの方にお勧めな資格』を紹介しています。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

フリーターは資格取得して就職に有利になろう【理由とおすすめ資格を紹介】
どうも、元フリーターのむぅチャソ(@mw_chaso)です。たまに「資格を取得しても机上での知識は仕事ではつかえないから無駄」みたいな資格否定者がいたりします。だから、初めにこの意見について書きます。...

 

 

最後に:数年勉強に費やせば人生は変えられる

 

人生を変えるのに『勉強』は有効です。

 

それも、2,3年必死に勉強をすれば、人生は劇的に変えられるはずです。

 

「何も自分にはない」と自分に自信を持てずに苦しみ続けているのであれば、勉強に専念してもいいかもしれませんね。

 

それでも、会社を辞める選択は慎重に行いましょうね。

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

フリーター・ニート向け転職エージェントサイトの選び方+おすすめ3選

フリーターにおすすめな副業6選【元フリーターのボクがやったこと】

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント