フリーターの就職活動での心構え【ナメすぎないで2倍難しいと思え!】

フリーター

どうも、むぅチャソ(@mw_chaso)です。

 

本記事では『フリーターの就職活動での心構え』について書いていきます。

 

ボクの体験や経験したことから書いていきますので、ぜひ就職活動を始めるフリーターの方は読んでみてください。

 

スポンサーリンク



初めに:フリーターの就職が簡単だと思ってはいけない

 

まず、フリーターの就職活動に対する全体の心構えとして、「簡単に就職を決められると思うな!」です。

 

たまに「今の日本の企業は人材不足だから、簡単に内定決まるっしょ!」なんて考えている人もいます。

でも、就職がスムーズに決まるのは求人を選り好みしない年齢の若い人がほとんどです。

※職歴や資格がある人は別です。

 

なので、フリーターの就職をナメすぎるのはよくないです。

といっても、強くネガティブなことを考えてしまう人が思っているほど、フリーターの就職が難しいというわけでもないのも事実です。

 

就職はナメすぎず、気負いすぎずがベストの心持であるといえます。

 

 

フリーターの就職活動での心構え

 

ここではフリーターが味わる可能性の高い就職活動でのツライ部分に触れていきます。

このツライ部分が自分にも降りかかると思って、心構えをしっかり持つようにしましょう!

※もちろん、人によって、まったく味合わないこともあります。

 

フリーターが就職活動をするにあたって、心構えをしておいた方がいいことは下の通りです。

・マイナスイメージから始まる

・待遇の良い求人があると思わない

・簡単に面接まで行きつけると思わない

・面接時にツライ質問をされることもある

 

では詳しく書いていきます。

 

マイナスイメージから始まる

 

フリーターの就職活動はマイナスで始まることが多い。

だから、それを踏まえたうえで対策を練っておくことが大切であるといえる。

 

フリーターのマイナスなイメージを抱かれる理由

面接官の中にはフリーターでいたことを怠けていた期間だと考える方もいらっしゃいます。

 

なので、フリーターという立場への否定的な態度をとられることもあるわけです。

 

そして、主に下の理由が原因だといえます。

・忍耐力がない

・人間関係をうまく構築できない

・能力的に劣っている

 

どれも企業が採用に当たって気になる部分だったりします。

これを少しでも払拭できないと内定は難しいかもしれません。

 

 実践的な学びを得てきたことをアピール出来るようにする

面接官がフリーターにマイナスイメージを抱いている以上、何と無く面接時の質問に答えていては評価をしてもらえません。

なので、面接官に「この人はウチに入ってきちんと働いてくれるだろう!」と思わせるような印象を与えられるような受け答えを意識したいところなのです。

 

そして、面接官は「この人はフリーター期間何をしていたんだろう」という疑問から、高い確率でそれを知ろうとする質問をしてきます。

そこで、「自分はアルバイト・空いた時間でこんなことをして、こんな学びを得ましたよ!」と仕事上で実用性の高い学びを得たことを伝えると、面接官も満足してくれるかと思います。

 

例えば!

販売接客の業種志望であれば…。

・シンプルに就職後にも使えそうな業務ができることをアピール。

・レジ打ちや品出し業務で得た気づきや特別に心がけていることを伝える。

・自分の販売戦略により、アルバイトで貢献できたエピソードを絡めて話す。

 

現在されているアルバイトとマッチした職種の求人を選ぶと即戦力になりえますから、採用側も内定を出しやすいですよね。

 

待遇の良い求人があると思わない

 

たまに「どの求人も待遇がよくなくて、選考を受ける気になれない」なんていうフリーターの方がいたりします。

この考え方は可能性を狭めることになるので、改めたほうがいいかもしれません。

 

フリーターが初めから活躍できるとは思われていない

年齢とともに求める年収が高くなっていったり、一般企業と福利厚生を比較して待遇をいい企業を選びたくなるのは分かります。

でも、フリーター期間は職歴扱いされないことがほとんどで、フリーターの人はまったく自分の実力を証明出来ないので、基本的に待遇が良い企業から求人はほとんどありません。

 

そもそも待遇が良いところであれば、他の企業で働いていた人たちが集まります。

そうなると、フリーターに高い給料を払って雇うよりも、経験を積んだ能力のある人たちを中途採用として雇いますよね。

 

そう考えると、フリーターが高望みをしていると求人の選択肢を狭めてしまっているといえるのです。

 

フリーターは業務内容で決める

フリーターの方は”興味のある業種で求人を絞る”と良いかと思います。

興味のある業種の求人を見つけて、ネットで口コミサイトを使って企業について調べたら、とりあえず選考を受けてみると良いかと思います。

 

給与や待遇はまずは生活できるだけの収入があれば、良しとしてもいいかもしれません。

※遊ぶお金が欲しいなら副業を頑張ればいいです。

 

ですので、フリーターの方は自分の興味がある・強みを活かせそうな業務内容を重視し、仕事で結果を出すことを考えましょう。

そして、働く際はキャリアアップを意識して働いていき、後々転職などをして徐々に自分の市場価値を上げていくようにするという考え方を持つといい感じになっていくかと思います。

 

もう一度言いますが、フリーターのような『空白期間や職歴がない』ような人は特に求人は選り好みをしていては就職が決められないといえます。

 

スポンサーリンク


簡単に面接まで行きつけると思わない

 

なかなか面接までたどり着けないフリーターも多いと聞く。

この自分自身を評価してもらえるチャンスがもらえないツライ気持ちを味わう覚悟をしておくと良い。

 

面接前の選考で落とされる

フリーターの方で個人で就職活動をしていると、面接前の書類選考や企業選考で落とされることがあります。

実は個人で就職活動をされているフリーターの方なんかは、書類選考で落とされた経験がある人も多いと思います。

 

これは「職歴がない」「ブランクが長い」「能力が見込めない」など様々なことが原因になります。

※職歴や資格があると落ちにくくなるかも。

 

こういった場合、現状ではそういった能力面を書類上で判断する企業に対しては対処する方法はありませんから諦めるしかないでしょう。

 

 自分のレベルを理解し、企業のレベルを下げる

少し釈かもしれませんが、面接前の選考で落とされてしまう場合は、今思っている自分への評価を下げ、それに合わせた企業選びをすることをお勧めします。

意地を張って「自分はこんな待遇には見合わない」なんて考えて、今の自分の身の丈に合わない企業ばかり選んでいたら、いつまで経っても就職活動が終わりません。

 

なので、待遇に関しては入社してから頑張って技術や実績を積み重ねて、転職で次の企業に期待したほうが良いかと思います。

まずは自分の実力を証明できる場で働き、意欲的に仕事をこなし、企業たちから正しく評価されるようになになるまで頑張ってみるとよいです。

 

面接時にツライ質問をされることもある

 

フリーター期間について答えづらいこともあるかと思う。

でも、企業の面接官はその部分を詳しく聞いてくることを覚えておくと良い。

 

面接官がフリーター期間についてグイグイ質問をしてくる

正直、計画的にフリーターをしていた人以外は「フリーター期間について」って返答しづらいかと思います。

ですが、採用者側はフリーターに対しては、フリーターにとって答えづらい質問をバンバンしてくる方もいます。

中にはそんな質問に対して、返答に時間がかかってしまったり、黙ってしまったりしてしまった経験から面接がトラウマになってしまう方もいるかもしれません。

 

そんな、ひたすらツライ質問を繰り返される面接をされて、気持ち的に萎えてしまうフリーターさんもいるかと思います。

 

こういった面接がトラウマになってしまうこともあるということから、「面接はツライかもしれない」と心構えはしておいた方がいいかもしれませんね。

 

フリーター期間については明確かつポジティブにまとめておく

そもそも、フリーターであることで、『フリーター期間』について聞かれることは予想できるわけです。

なので、そういった答えづらい質問に対して、明確で前向きに捉えた返答内容を考えておくと良いかと思います。

 

就活本やネットで調べれば、フリーター時の面接の質問内容は大体把握できるかと思いますので、きっちり答えられるようにしておきましょう。

 

スポンサーリンク


フリーターにも就職での勝機は全然ある

 

フリーターは正社員の転職のようにキャリアで勝負ができない。

なので、自分自身の持ち合わせているスキルや経験をフルに活用して選考に臨む。

 

きっと認めてくれる企業があるハズです。

 

常に前向きでい続けよう

 

フリーターの方の就職活動は内定がもらえなくて、大変かもしれません。

ですが、就職活動が長引いても「社会勉強だ!」「いろんな企業に訪問できるチャンスは今しかない」といった自分の成長に繋がっていると前向きな考え方を持つようにしましょう。

※ボクも大学の就活で周りは就活を終えているときに内定が1つもなかった時にはそう考えていました。

 

また、ボクの人生で言っても、就職活動以上に自分を見つめ直す機会はなかったといえますし、間違いなく人生の資産になっています。

 

なので、内定がなかなかもらえなくて諦めモードにならないで、ひたすら前向きに「求人を探し選考を受ける」ということを続けていきましょう。

 

もしも、上手くいかなくても、一度立ち止まって資格を取って再度チャレンジしたり、個人でビジネスを始めてみたり、フリーランスになってみたりと新しい道を選択すればいいだけなので、そこまで気負う必要はないです。

 

個人でうまくいかないなら就職エージェントに頼る

 

企業からのフリーターへの偏見により、フリーターの就職活動は基本的に大変になるかと思います。

そして、まったく結果が出せずに挫けそうになったら、就活支援のプロ『就職エージェント』に頼ってみましょう。

 

フリーターに特化したエージェントであれば、フリータに合わせた求人紹介や面接の対策など、いろいろな面でサポートをしてくれます。

そして、何よりネットやハローワークには載っていない優良企業の求人も備えているところもあるんだそうです。

 

ですので、「もうダメだ…」と思っている方は一度就職エージェントに頼ってみてください。

 

ちなみに下がフリーターに特化した知名度の高い就職支援企業になります。

 
JAIC(ジェイック):厚生労働省認可のサポートが手厚い就職サイト
 
ハタラクティブ:支援実績が高く、高い知名度を誇る就職サイト
 
ウズウズカレッジ:ITエンジニア職・営業に特化した就職サイト
 

気になる方はぜひ確認してみてください。

 

フリーターの就活ではハローワークよりも就職エージェントを利用すべき理由

フリーター・ニート向け就職エージェントサイトの選び方+おすすめ3選

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント