ひきこもりニートのアルバイトを始めるのが『怖い』の対策・対処法

ひきこもりニートのアルバイトを始めるのが『怖い』の対策・対処法

どうも、元引きこもりニートのむぅチャソ(@mw_chaso)です。

 

ボクは現在、個人で働きつつ、投資をしながら生きています。

 

ですが、それまでは会社を退職してから『引きこもりニート』になったり、『フリーター』になったりという経験をしてきました。

 

その引きこもりの時に感じた『恐怖』として、『働き始める前の恐怖』があります。

 

ボクはその恐怖に打ち勝ち、引きこもりニートからフリーターになりました。

 

なので…。

「引きこもりがアルバイトを始められる方法はないのか」

「仕事への恐怖に立ち向かうにはどうすればいいのか」

といった疑問に本記事で答えていきたいと思います。

 

ぜひ、引きこもりの方で「アルバイトを頑張っていきたい」という方は読んでみてください。

 

スポンサーリンク

初めに:引きこもりニートを脱出する一歩が『アルバイト』

 

引きこもりを治したいのであれば、アルバイトをすることはうってつけの方法です。

 

とは言っても、引きこもっている方からしてみれば、急にアルバイトをするとなるとなかなかハードルは高いですよね。

 

これはボク自身も引きこもっていた時期がありますから、急に社会に出る恐怖は痛いほど分かります。

 

ですので、「自分には一歩目にアルバイトは厳しい…」という方は、まず準備から入るといいかもしれません。

 

下の記事にボクが実際に引きこもりから脱出するために取り組んだ方法を紹介していますから、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

そうじゃなくて、「アルバイトをしたいだけど、一歩が踏み出せない」といった、『アルバイトをする』といった目的が決まっているのに尻込みをしている人もいるかもしれません。

 

そういう方は…。

アルバイトをするにあたって何に対して『恐怖』を持ているのかを把握し、『対策』をとる

ことが重要です。

 

ここからはアルバイトの『恐怖』と『対策』について書いてきます。

 

 

アルバイトを『怖い』と思う理由

 

引きこもっていると『アルバイト』を始めようと思っても、なんか『怖さ』が勝って、なかなかアルバイトを始められないんですよね。

 

むぅチャソ
ボクも引きこもっているときは、アルバイトを始めるのに時間がかかりました。

いざ「アルバイト先を見つけて面接の電話を済ませたのに、面接当日に行かない」みたいなことがありました。

 

そのときにボクが感じたアルバイトで働き始める時の『恐怖』の理由について書いていこうと思います。

 

自分を受け入れてもらえるか

引きこもりからしてみたら、自分を『社会不適合者』だと感じている人も多いかと思います。

 

そして、ツラいですが、経歴から見たら他人からも少なからず、そう思われる可能性もあります。

 

そうなると、こんな「こんな自分を受け入れてくれないだろう」と思い込んでいる方も多いと思うんですよね。

 

むぅチャソ
ボクが引きこもっていたときは、「他人から100%見下されるだろう…」と思い込んでいました。

だから、アルバイトを始めるにでも、「アルバイト先でも受け入れてもらえないだろう」と考えていました。

 

こういった思い込みは「働きたいけど怖いな…」というネガティブな感情にしてしまうんですよね。

 

人間関係でうまくやれるかが不安

人間関係って難しいですよね。

 

この世の中にはたくさんの性格の持ち主がいて、引きこもりにきつく当たってくる人もいます。

 

そう考えると「アルバイト先で居場所がないんじゃないか」「イジメてくる人がいるんじゃないか…」と働き始めたときのことを考えてしまうんですよね。

 

正直の話、人間関係に関しては、自分の性格と完全にマッチする事なんて稀です。

 

なので、「人間関係で傷つくのが嫌」と考えて悩むのもいいですが、実際に働いてみないと分からないんです。

 

むぅチャソ
人間関係に対していくら対策をとっても、ダメなときはダメです。

ボクも労働環境がク〇なところで働いていた時期がありますが、そんなところでは良い人間関係を求めても無理だったりします。

なので、無理するぐらいだったら、アルバイト転々としてもいいかと思います。

 

ですから、このアルバイトをし始めるときの『恐怖』として、『人間関係』を不安に思って行動に移せないというのは、いつまで経っても状況は変わらなかったりします。

 

自分につとまるかのが心配

引きこもりでニートの期間が増えれば増えるほど、「社会に適応できるか…」と悩んでしまうものです。

 

長い期間、労働という観点では何もしてこなかったことから、自信がなくなってしまうんですよね。

 

それに加えて、仕事をしてこなかったことで「自分の能力で仕事ができるのか…」といった不安も抱くかもしれません。

 

この『自分の能力から生じる心配』は、アルバイトで失敗したときにかなり精神的ダメージが大きいかと思われます。

 

だって、「自分の能力が劣っていると証明されてしまう」からです。

 

なので、この悩みは「自分に合っていないアルバイトを選んでしまうと、失敗してまた引きこもりになる可能性がある」といった持続的な悩みであるといえます。

 

これは働いてみて、実践してみないと払拭できない『恐怖』かと思います。

 

 

アルバイトの『怖い』の対策・対処法

 

実際のところ、アルバイトを始めてみたら「意外と余裕」っていう方も多いと思うんですよね。

 

ですが、アルバイトを始める前にできることはやっておきたいところではあります。

 

なので、ここではアルバイトで働く不安を少しでも軽減できるような対策を紹介します。

 

これはやっておいて損はないと思うので、ぜひ試してみてください。

 

受け流す技術を手に入れる【メンタル】

ここでの対策は”考え方”で対策をするというものです。

 

この『受け流す技術』は使い勝手がよく、一生かけて使える技術だと思うので、早めに習得しておくと便利です。

 

例えば、ウザイ人が「こんなのもできねぇーのかよ!」と罵ってきたとします。

 

そこで、引きこもりになってしまうような性格の人は真面に受け止めてしまいますよね。

 

ですが、世の中の引きこもりと無縁の人は、精神的に華麗な動きで紙一重で受け流します。

 

万能な考え方として「オレがビッグになったとき社会的に抹〇してやるからな、ゲヘヘ」といったように、『将来的に』といった考え方です。

 

または、「コイツは別にボクの人生で見たら、モブキャラだから気にしないぜ」といった、「アルバイト先を変えたら関わることはない」という事実を理解し、気にしないという考え方です。

 

多くの『メンタルが強い人』と思われている人はメンタルが強いのではなく、ただ他人から気分の悪いことをされても、割り切って気にしない人だったりします。

 

正直、居場所なんて求めなくていいんですよ。

 

お金をもらうために働くだけなんで、わざわざ気に入られる必要なんて皆無です。

 

こういった考え方を持ち、自分を守ることができるようになると、どこででもやっていくことができるようになりますよ。

 

自分と同じ境遇、自分に合ったバイト先を選ぶ

そもそも働き始めることに恐怖するのは、自分に合ったアルバイトが想像できていないからです。

 

引きこもりなのに初めから『接客業』を想像したり、身体がなまっているのに『肉体労働』を想像してしまっているかもしれません。

 

でも、自分に合ったアルバイトを選ぶことができれば、そこまで精神的な負担にもなりませんし、コミュニケーション能力も要求されません。

 

下の記事で紹介していますが、まずは引きこもりの方にあったアルバイトから始めるべきなのです。

 

 

人間関係を築くのが苦手な人は、時間帯を『深夜』にしたり、『工場』などの個人プレイができる環境で働けばいいと思います。

 

こうやって自分の特性を理解して、アルバイトを選ぶと働き始めたときに「心配してたけど、やってみたら全然問題なかったな」となることがほとんどです。

 

ぜひ、自分に合ったアルバイトを考えてみるようにしてみてください。

 

能力を要求されないアルバイトを選ぶ

引きこもりの方は、まずは『能力が要求されないアルバイト』を選ぶようにしましょう。

 

ただでさえ、環境に慣れるのに必死なのに、それ以外のことを要求されるのはキツ過ぎます。

 

また、ストレス耐性もなくなっていますから、失敗して怒られたら、一発で引きこもりに逆戻りの可能性もあります。

 

なので、『接客業』『仕事が多く、覚えることが多い』ようなアルバイトは避けるとよいかと思います。

 

こういった面でも下の記事を参考にしてもらえればと思います。

 

 

 

最後に:

 

家に引きこもっている方は、アルバイトを始めようとすると『恐怖』で一歩が踏み出せないことがあります。

 

そんなときは…。

対策をして『恐怖』を軽減させる!

が一番です。

 

前もって準備をすることで、「対策を取ったから大丈夫だ!」と精神的にも良いかと思います。

 

そして、アルバイトをし始めたときに…。

アルバイトは恐れずに足らず!

と思えるようになることを祈るのみです。

 

始める前は途轍もなく難しいことに思えることも、やってみたら大したことがないことがほとんどなので、そんなに悩む必要はないかと思います。

 

最悪、職場環境が悪くても、アルバイトはすぐに変えられると思うので…。

嫌だったら辞めちゃえばいいだけ

です。

 

なので、恐れず一歩を踏み出してみましょう!

 

 
↓↓↓クリックしてみてね!

にほんブログ村 就職バイトブログ フリーターの就職・就職活動へ

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

  人気コンテンツ