【ホリエモン】ひきこもりニートで何歳までいていいのか

ニート

どうも、むぅチャソ(@mw_chaso)です。

 

今回はYouTubeの『ホリエモンチャンネル』でひきこもりのニートという立場から抜け出す努力をされている方からの質問に答えている動画についてです。

 

引用しているのは『ホリエモンのQ&A vol.99~ニート出来るうちはニートでもOK!?~』です。

 

ボクのこれまでの人生で考えてきたことを絡めて書いていきます。

 

ぜひ、参考になればと思います。

 

スポンサーリンク



ホリエモン「ニートができるうちはニートでもOK」

 

YouTubeの『ホリエモンチャンネル』の動画では下のような質問が投稿されました。

 

・ニートで実家暮らし

・収入を得るため個人でアイフォンアプリをリリース

・今はうまくいっていない事実から「このままやっていていいのか…」と不安になっている

このままこの暮らし方をしていていいのでしょうか?

 

このような質問に対して、ホリエモンは次のような回答をされました。

いいんじゃないですか。

別にニートなんだろうからニートできるウチにどんどんリリースしましょう。

引用:ホリエモンチャンネル

 

ニート脱出のためにiphoneアプリを作ってリリースするという努力されているのだから問題ないと。

 

また、技術を磨いているのだから、個人受託できるクラウドソーシング(クラウドワークスなど)を利用してみるといいかもしれないとのこと。

 

個人発信だけではなく、他社製品の開発という形で取り組んでみてもいいのではないかとのこと。

 

 

ニートができるうちは自分のレベルアップにつなげろ!

 

これは本当にその通りだと思っていて、ただ時間を過ごしているだけではニートだろうが正社員だろうが良くないです。

 

実際、正社員でも今の会社のローカルでしか使えない技術を磨いていたが、リストラされてアルバイト生活なんていう方もいますからね。

 

他の企業に就職しようとしても、「ウチではその技術なんの意味もないんだよなぁ」なんて思われて通用しないなんてこともザラだと思います。

 

なので、上のホリエモンチャンネルで紹介された質問された方は、正直ボクからしたら目的を持って技術を磨かれているということなので、「有意義な時間を過ごされているな」と関心したレベルだったりします。

 

社会では成長し続けている人は少ない。

だから、常に小さくても成長できる人は後々平均以上の能力を身に着ける結果になるといえる。

 

スポンサーリンク


すぐに結果が欲しいなら社会と繋がれ!

 

最近ではクラウドソーシングで案件を依頼する企業も増えてきて、個人で家にいながらお金を稼ぐことができるようになってきました。

 

なので、自分の取り組んでいることと合致する仕事があれば、ガンガンこなしてみると、結果という名の収入がついてくるといえます。

 

むしろ、フリーランスとして働いていくという方向も意識して取り組んでみると、個人でも安定した収入が得られるようになるかと思います。

 

ボクも少し前まではプログラマとしてフリーで働いていました。

その合間の時間に、他の収益につながるようなことに取り組み、結果まぁまぁな生活が送れるようになりました。

 

また、最近ではツイッターなどのSNSを見ている企業さんもいて、「自分はこういう者です。雇ってもらえませんか?」と世の中に発信したら就職ができたという人も結構見かけます。

 

なので、ひきこもりのニートだろうがSNSなどの媒体を使って、自分の技術や魅力を発信すれば、何かしらのアクションをもらえることもあるかと思います。

 

自分の取り組みを色々な場所で公開すると結果的に誰かの目に留まる。

これがビジネスのきっかけになることも!

 

 

ニートのタイムリミットは”親の重荷になったら”

 

上の堀江さんの回答の中の「ニートができるうちは~」という部分ですが、タイムリミットとして「親が重荷に感じたら」ニートを辞めるにしたほうが良いかと思います。

 

あともう1つの目安として、下の記事も参考にしてみてください。

 

フリーターはいつまでがタイムリミット?【何歳までが就職しやすい】
「フリーターはいつまでがタイムリミットなのか?」とフリーターの方は考えたことはあるだろう。実は多くの企業は正社員として雇う際に年齢を重視していることがある。ここでは『フリーターは何歳までが就職しやすいのか』について書いていきます。

 

 

そもそも、学生でもない息子娘の面倒をみる義務は親にはありません。

 

子供であれば自分で働くことができないわけですから育てる義務は生じますが、大人であれば「自立してもらいたい」というのが親心だと思います。

 

また、親からしたら…。

「このままだとこの子は一人で生きていけなくなってしまう」

「一生養っていかなければならないのか…」

と色々と悩んでしまいます。

 

だから、「もうそろそろ働いたほうがいいんじゃない?」と親から言われたら、アルバイトをするんでもいいし、「バイトという立場はちょっと…」という方は正社員を目指してみるといいかと思います。

 

ちなみに、評価の高いフリーターやニートに特化した就職エージェント付きサイトは下の通りです。

 
JAIC(ジェイック):厚生労働省認可のサポートが手厚い就職サイト
 
ハタラクティブ:支援実績が高く、高い知名度を誇る就職サイト
 
ウズウズカレッジ:ITエンジニア職・営業に特化した就職サイト
 

 

下の記事に詳しく就職エージェントについて書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

フリーター向け就職エージェントサイトの選び方+おすすめ4選
「フリーターは就職ができない」は嘘。現在ではどんどん『フリーターに特化した就職サイト』があり、かつ、『転職エージェント』と呼ばれるプロが就職できるまでサポートしてくれるからだ。なので、ここではおすすめを紹介しようと思う。

 

誰にも迷惑をかけないのが一番です。

 

でも、自分の頭で考えて将来のための選択で結果的に迷惑をかけてしまうのであれば、親の重荷にならないように努めることが必要です。

 

親からしたら、いつまで子供であり、見捨てることができない存在なわけです。

 

その優しさに縋り続けたり、利用しようとするのは、良くないということは誰にでも理解できることだと思います。

 

もしも、現在「親に迷惑をかけてしまっている」というのであれば、自分を変える努力をしてみてましょう!

 

ニートでも正社員になれるおすすめ就職エージェント3選【評判調査も】

ひきこもりニートがお金を稼ぐ方法【収入源を確保して人生を楽しむ】

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント