【ブログネタに困ったら】雑記ブログなのに記事が書けないときの対処法

ブログ初心者

 

ブログ初心者の方は「ブログのネタが持たないと思うから、雑記ブログにしよう」と考えている方も多いかと思います。

 

そして、雑記ブログを運営しているときに思うんですよね。

 

ブログネタがないッ!って…

 

ブログネタがないから、本とか読んでインプットするんだけど、それだと記事更新の効率が悪くて嫌になってきちゃうんですよね。

 

「インプット面倒だし、いったんブログ更新をやめるか…」となって、そのまま数か月が経ってしまうみたいな方って結構多いと思います。

 

それだと多くのプロブロガーさんがいっている『毎日更新』ができなくなってしまい、ブログで結果を出すのが本当に遅れてしまうこともあります。

 

じゃあ、どうすればいいんだッ!

 

ということで、平均して2日に1記事(運営しているブログ全てで言えば平均3記事)は必ず投稿している『むぅチャソ』が、ブログネタについて書いていこうと思います。

 

ですので、雑記ブログでの「更新ができなくて困ってます」という方はぜひ読んでいただきヒントを得てもらえればと思います。

 

スポンサーリンク



記事ネタの見つけ方

 

自分のプライベートを切り出す

 

これはよくブロガーさんがやっていることですよね。

 

自分のプライベートを切り出して、面白い記事に仕上げてたくさんの人を楽しませている方々です。

 

ですが、これには問題があります。

 

それは、自己満足に内容になりがちということです。

 

誰が読むねん、誰得だよと突っ込みを入れたくなるような記事になってしまうということです。

 

私のブログにもテキトウに記事を書き始めて「コレは誰が読むんだろう?(*^^)v」みたいな記事がたくさんあったりします。

 

ちょくちょくアクセスは稼いでいますが、やはり主力にはなれていません。

 

 

そういった自己満足の記事は芸能人や著名人が書くと喜ばれますが、私のような投資ばかりしている引きこもり変態ヤロー(言い過ぎ)の記事を誰が読みたいんだって感じですよね。

 

 

むぅチャソ
キャー、これ可愛いぃ~(*´Д`)、記事にしちゃお♡

 

読者
誰もあんたのこと知りたくないって感じぃ~

 

 

まさに上記のような記事に仕上がるわけです。

 

でも、「どうにかして1記事書きたい」といったブログの量増し程度なら自己満足の記事でOKのような気がします。

 

私もそうやって、ジリジリとアクセスを稼いできましたので…。

 

もちろん、アクセスを稼ぎたいのであれば、できるだけ需要のある内容にしたいところではありますが、『継続第一』と考えているのではあれば、そういった日がちょくちょくあってもいいと思います。

 

 

面白さを提供する

 

プライベートの出来事を人の役に立つ内容にする方法は2つだと考えています。

 

そのうちの1つは記事を面白くして読者を楽しませるようにするということです。

 

私が記事を読みながら笑ったモノがこちらになります。

 

とりあえず、1回読んでみてください。

 

きっと面白くて、本記事には戻ってこないレベルですから!(なんで貼った?)

 

 

 

無事、帰還された方。

 

いかがでしたか?

 

面白くて時間を忘れてしまったのではないでしょうか?

 

これなんですよ、ブログで楽しい時間を提供するということに価値は大いにあります。

 

 

無価値に思える出来事をターゲットを絞ってまとめる

 

そして、もう1つが自己満足からピンポイントで役に立つ内容に変えるという方法です。

 

例えば、『旅行』に行ったとします。

 

「景色がすごくキレイなんですよぉ」とか「こんなところあるんだ~」程度の記事内容では正直の話「誰得だよ」って感じですよね。

 

ですが、それを「〇〇県で彼女と行きたいデートスポット紹介します」みたいなテーマだったらどうでしょうか?

 

間違いなく、自分が言った場所に他の人が異性と旅行に行く場合には役に立つ内容になるかと思います。

 

 

無価値に思える出来事にも必ず欲しがる人がいるということを覚えておいてください!

 

 

 

自分の頭の中の引き出しを漁る

 

あなたはきっと、自分の頭の中に記事ネタがないから本記事に来ているワケですよね。

 

ですが、ごめんなさい…。

 

あなたが求めているものはあなたの中にあるわ

 

雑記ブログであれば、なおさら自分の頭の中に記事ネタが溢れているはずなんです。

 

何も考えずに、修行僧のように頭の中でお経を唱えながら生きているような人はいませんよね?

 

きっと、自然に頭の中で考えいることがあるんです。

 

「なんかこういうの嫌いだなぁ」とか「あの頃苦しかったなぁ」とか。

 

そういった経験を解決する方法を記事にまとめて提供するという方法もあるんだと思います。

 

ツラくて暗い気持ちになってしまうかもしれませんが、イジメられていた経験があれば、「あの時はこうだったけど、こうして乗り越えて、今だったらこうしておけば良かった」といった気づきを与えることができるかと思います。

 

コレって、結構人のためになる内容だと思うんですよね。

 

「人を元気づけたり、打開策を教えてあげたりというのも、ブログの良いところなのかな」って考えていたりします。

 

 

それこそ、これまでの自分の経験から『人生論』を書いてもいいかもしれません。

 

自分が後悔していることをほかの人がしないように「こういう考えをすると気持ちが楽になるよ」とか「大人になってから後悔しないで済むよ」みたいなものでも、全然素晴らしいと思うんですよね。

 

これも自己満足かもしれませんが、それでもピンポイントに誰かのためになるような記事を作るというのも良い感じですよね。

 

これだったら、インプットせず、振り返りながら集中して記事作成にのめりこむことができるかと思います。

 

 

もしくは、ただシンプルに過去の出来事を面白く書いたり、その出来事で学んだことを書いたりしても、スムーズに記事を作成することができるかと思います。

 

 

 

【よくやってる】過去の記事にある1文をテーマにする

 

これは結構私はやっていたりします。

 

よく過去の記事に対して、スマホで誤字脱字チェックをしているのですが、その時に「ウホ!この1文を記事テーマにできそうだ」と思うことはよくあります。

 

ちなみにこの記事も下の記事から生み出されたモノだったりします。

 

https://ten-choose.com/テンチューズ運営関連/blog-keizoku-kotu/

 

 

また、記事を書いているときに「どんな表現にしようかなぁ」とコンマ1秒ぐらいで考えていますが、そのときに「この文章結構カッコいいな」というモノはどんどん記事にしてしまっています。

 

例えば、下の『労働をストック』とか!

 

https://ten-choose.com/business/business_mind/労働をストックする働き方/

 

 

自己満足ではありますが、割と注意を惹くようなテーマで良い内容になっているかと自分で思っていたりします。

 

何よりもインプットなしで記事を書くとなると結構自己満足要素が強くはなりますが、それでも少しでも人のためになる記事に仕上げるように心がければ十分だと思います。

 

これでアクセスを稼ごうと思わなければですけど…。

 

 

とりあえず、ブログ継続の手助け程度になればという感じですね。

 

 

 

【コレ重要】自分が知っている「やり方」をテーマにする

 

自分の知っていることのやり方を分かりやすく記事にするのは、間違いなく人のためになります。

 

あなたもきっとそうだと思いますが、人は問題解決をするためにネットで調べるんですよね?

 

もしくは暇つぶしですかね。

 

 

「これってどうやってやるんだっけ?」と考え、ネットで調べた時にあなたの記事がヒットし問題解決ができれば、あなた自身の知識が人を助けたということになります。

 

「だけど、私は人に役に立つ知識なんて持ってないよ…」

 

と思われているかもしれません。

 

ですが、実際は割とあったりするんですよね。

 

例えば、トイレ掃除をしているときに「こうやってやると汚れが落ちやすいんだ」と日常で気づいたことがあるかと思います。

 

こういった独自で仕入れた情報とネットで転がっている知識を検証して組み合わせれば、あなた自身のオリジナルの記事になりますよね。

 

割と日常的でさほど注目していない学びを必要とされている方はたくさんいるんですよね。

 

 

ですので、そういった日常的に『自分が手に入れた内容を記事にする』ということを意識すると、割と記事ネタが見つけることができるのではないかと考えています。

 

 

 

【イマイチ】ニュースなどを自分なりにまとめる

 

このニュースをまとめるというのは若干のインプットで記事が書けるので作業が進むと思います。

 

それに加えて、自分が知っている専門知識と組み合わせることができれば、確実に人のためになる記事ができるようになるかと思います。

 

 

ですが、この方法だと内容の薄いペラペラな記事になってしまうことがあります。

 

こういったニュースの内容をまとめるのは、本気でやろうとすると結構時間がかかるものです。

 

それをあえて記事を書きたいという考えで短時間で取り組むワケですから、内容が薄くなって当然なんですよね。

 

ですので、正直あまり専門知識がない方にはお勧めができない方法だといえるかもしれませんね。

 

あと、芸能人の炎上ニュースを見て、「あの人最低だよね」なんていう記事は旬が過ぎればアクセスがなくなりますし、何より感じが悪いので読者に悪い印象を与えてしまうかもしれませんね。

 

 

ですので、ニュース自体をまとめるのでなく、ヒントを得る程度にとどめておくとよいかもしれません。

 

 

 

【最終手段】他人のブログを見に行く

 

他人のブログのテーマを参考にするという方法があります。

 

これは結構初心者ブロガーさんはやっていることなのではないでしょうか?

 

「フムフム、このテーマもらいッ!( `ー´)ノ」みたいな。

 

コピペはもちろんですが、記事のテーマが駄々被りしてしまうのは問題です。

 

これはそのブロガーさんに迷惑というのもそうなのですが、下の記事でも取り上げている2018年8月の『Googleコアアルゴリズムアップデート』で独自性がさらに求められていることから、SEO的にも良くないといえます。

 

https://ten-choose.com/テンチューズ運営関連/googleコアアルゴリズムのアップデート/

 

 

そう考えると記事の内容まで確認してしまうと、確認したときの記憶に引きずられて内容が似たり寄ったりになり、SEOで弾かれてしまう可能性もあります。

 

ですので、テーマからヒントをもらって、あとは自分で考えるというのが良いかもしれませんね。

 

 

私も昔はたまにやっていましたが、その時はテーマだけ頂いていました。

 

 

完璧を求めると記事が書けなくなる

 

「記事ネタがない…」という方はもしかしたら、完璧求めていたり、記事のクオリティーの基準を高く設定していることがあります。

 

これは悪いことではなく、もちろん良いことなのですが、それが逆に記事更新の妨げになってしまっている場合があるのです。

 

「こういうネタはあるけど、書くほどでもないな…」と思えるものばかりになってしまえば、記事を書くことができなくなってしまいます。

 

また、自ずと記事を書くハードルを上げてしまい、結果的に記事を書くのが面倒になってしまったりするワケです。

 

 

私も本ブログでアクセスが集まりだしたときには、記事を書くときに「できるだけ良い記事を書かなければいけない」と考えてしまい、その時は本ブログの更新だけが止まってしまったことがあります。

 

それから無理して良い記事を書こうと時間を考えた時もありましたが、これって本当にブログの成長を止めてしまうんですよね。

 

私はその状態を向けだした考え方は「記事は投稿しても書き直すこともできるし、別に読者は過去のことはそこまで覚えていないんだ」と考えるようにしていました。

 

その結果、どうでもよい記事がたくさんありますが、アクセスを集められる記事も生み出すことができているので、正直この考え方が悪いとは思ったことはありません。

 

 

ですので、もしもあなたが「良い記事を書かなければ…」と強く思っているのであれば、少しだけその良い記事の基準を緩めてもいいのかなと考えています。

 

 

記事単体でアクセスを稼ごうとしなくていい

 

記事ネタがないと悩んでいる方はブログにある1つ1つの記事で高いアクセスを稼ごうとしているという傾向があるかと思います。

 

ですが、そんなのブログを長く運営されている方だとお分かりいただけるかと思いますが、すべての記事で高アクセスを狙うのはほとんど不可能です。

 

それこそ、ブログでアクセスを集めるには継続が大切と言われることから、毎日高いクオリティーで記事を書き続けるなんて難易度が高すぎますよね。

 

それよりも1つ1つの記事でアクセスを狙いにいくというよりも、ブログ全体で分散してアクセスを集めるようにしたほうがリスクの分散にも繋がりますし、何より記事作成のハードルはグンと下がります

 

 

「いやいや、記事の質は高くないといけない」と思うかもしれませんが、割とトップブロガーさんのブログを見ても分かりますが、雑な記事が多いんですよね。

 

Twitterのツイート埋め込めこんで量増ししていたり、それどころか埋め込むだけの記事になってしまっている方も中にはいますよね(笑)

 

 

それこそ、現在有名なブログでも過去を遡っていくと、「これでいいの?」と思える内容になっていたりします。

 

そして、そんな内容が薄い記事から、急に記事の質がグッと上がる時期があったりします。

 

「急にどうした?」と読者が思えるほど記事のクオリティーが上がったりするのですが、きっとそのタイミングでアクセスが集まり初め、そのブロガーさんも「アクセスが集まったし、ちゃんと書かないといけないな」と考えたに違いありません。

 

 

ですので、ブログ運営においての重要度は第一に『継続』、第二に『質』、第三に『量』という順に優先順位を決めておくとよいかと思いますよ。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント