フリーターのお金事情【フリーターになるとお金がないのが当たり前】

フリーター

どうも、元フリーターのむぅチャソ(@mw_chaso)です。

 

あなたはフリーターにどんなイメージを抱いていますか?

 

「自由な時間が確保できる」「気楽に生きていける」といったポジティブなイメージを持たれている方も多いかと思います。

 

ですが、一般の人からしてみたら、フリーターと聞くと『お金に困る』というイメージが強いかと思います。

 

「このご時世、正社員でもお金に困っているのに、フリーターでも大丈夫なの?」と疑問を抱くかもしれません。

 

その結論を言うと…。

フリーターはお金に困ることがほとんどです。

 

もちろん、フリーターであることでのメリットも大きいとも考えています。

 

なので、本記事ではフリーターの『お金』に関することをテーマに書いていきます。

 

この内容を読んだ後に、一度これからの自分の人生について考えてみて下さい。

 

 

本記事はこんな人におすすめこれから会社を退職してフリーターになろうとしている方

フリーターのお金事情を知りたい方

 

スポンサーリンク



フリーターの『生涯年収』は正社員より圧倒的に少ない

 

ここでは正社員とフリーターを比較した生涯年収について書いていこうと思います。

 

これに関しては、どれだけフリーターはお金を稼ぐことで不利になっているのかを自覚してほしいという意味書いていきます。

 

フリーターの方には不安を抱かせてしまうかもしれませんが、最後までよんでみてください。

 

正社員とフリーターでの生涯年収の差はどれくらい?

フリーターの生涯年収は正社員と比べると倍近く違うと言われています。

 

WORKPORTによるとフリーターの生涯年収は『9815万円』程度であることに対して、正社員は『1億7801万円』といった2倍近くの差があるとされています。

 

就職エージェントなんかの調査では「3倍近く違う」なんていう調査結果も出ていますから、それだけフリーターの収入面は問題視されているということですね。

 

もしかしたら、「別に収入がなくても生きていければ良い」という方もいるかもしれません。

 

お金がなければできること制限されますよね。

 

それこそ、お金にが貯まらない状態でありながら、雇用が不安定な立場でいるというのは、あらゆる面で働けなくなるリスクも増え、その場合生活していくのが難しくなっていくことを覚えておいてください。

 

なぜ、正社員とフリーターには差ができてしまうのか

これは『厚生労働省の調査結果(PDF資料)』を見ていただくと分かりますが、正社員とフリーターでは収入の格差はとても大きい理由が分かります。

 

ここでは「なぜそこまで格差が生まれるのか」の理由を説明していきます。

 

給料の増減

正社員は基本的に勤続年数が増えれば、収入も少しづつ増えていく傾向にあります。

 

ですが、フリーターの方の収入は、時間が経っても収入は横ばい状態です。

 

そうなると、いくらフリーターの方が能力があろうが頑張っていようが収入は増えませんが、正社員はただ会社で働いているだけで収入は増えていきますから、フリーターとの差は広がっていくんですよね。

 

むぅチャソ
違和感を感じるかもしれませんが、これが日本の世の中なんですよね

 

ボーナス

正社員は会社からボーナスという臨時収入的なモノがあります。

 

企業の平均を出すと、中小企業の場合は給料の1か月分、大手の場合は2.5か月分のボーナスがでます。

 

これももちろん、給料によってボーナスの額が変わりますから、時間がたつほど大きくなります。

 

むぅチャソ
ボーナスは言ってみれば、『働かなくてももらえるお金』というわけですから、正社員のほうがお得ですよね。

 

退職金

退職金は定年を迎えた人が退職とともにもらう収入のことですね。

 

この退職金の平均額は『マイナビ』によると、勤続20年以上の場合で高卒だと『1,128万円』、大卒だと『1,941万円』と言われています。

 

これだけの金額が退職時にもらえますから、フリーターとの格差が生まれるはずですよね。

 

むぅチャソ
老後の生活の資金が退職金で確保できるというのは魅力的かもしれませんね。

 

スポンサーリンク


フリーターは『ローン』が組めない

 

正社員の場合は勤めている会社の信用で、金融機関や企業などはお金を貸してくれます。

 

ですが、フリーターになるとそういった社会的な信用がなくなりますから、お金を借りることはできません。

 

ここではそういったお金事情について書いていこうと思います。

 

クレジットカードが作れなくなる

多くのクレジットカード会社は正社員といった安定した収入のある人しか作ることができないことがあります。

※作れないけど、元から持っているのであれば大丈夫です。

 

そうなると、ネットで商品を購入するときも面倒ですし、手持ちにお金がない時なんかは不便だったりします。

 

フリーターだと、収入が不安定なことから、こういった企業がお金を貸してくれるといったことがしづらくなるというわけですね。

 

むぅチャソ
なんなら、会社を退職する前にクレジットカードを作っておくと良いかもですね。

 

車や家などの高いモノが購入しづらくなる

車は大丈夫かもしれませんが、家を購入できるだけの資金を持っているという方は少ないかと思います。

 

そうなると、どうしても持ち家を考えている方はお金を借りたいわけですよね。

 

でも、フリーターだとそういった高額なモノを買うときにも、ローンは組めませんから、家の購入は難しくなるといえます。

 

むぅチャソ
持ち家を夢見る人はフリーターでは実現は難しいかも

 

 

今まで意識していなかった『税金・年金』

 

きっと会社を退職される人なんかはこの税金を考慮していなかったりするかもしれないんですよね。

 

ボクも税金を考慮してなくて、会社を退職した当時は「お金が足りない…」と予想以上に払うことになり、焦っていたのを覚えています。

 

フリーターが払うべき税金

フリーターが払うべき税金は下の3つです。

税金の種類・所得税

・住民税

・国民健康保険

この税金が地味に生活を圧迫したりするんですよね。

 

なので、この3つはフリーターになる前に押さえておきましょう。

 

所得税

所得税というのは、自分が稼いだお金に対しての税金です。

 

ですので、収入が多ければ多いほど、支払う税金が大きくなるということです。

 

この所得税ですが、103万円以上から税金を払うことになっています。

 

なので、103万円未満であれば、所得税を払わなくてもよくなります。

 

むぅチャソ
退職前に1年間生活できるだけの貯金があり、「勉強などに集中したい」場合は収入を103万未満に抑えようなバイトの仕方をしたほうがよいかもしれません。

そうすると、所得税を納めなくてもよいですし、このあとの住民税や国民健康保険の支払いも小さくできます。

 

住民税

住民税は県や市に収める税金です。

 

支払いの回数は年に4回もしくは一括で支払うことになります。

 

その1回の支払いは住んでいる場所で若干変わります。

 

そんな住民税は前年の稼いだ収入によって支払金額が変わります。

 

むぅチャソ
フリーターの頃のボクは住民税を年4回の支払いにしていましたが、その1回の支払いに3万円程度支払っていました。

あの頃は生活するのも大変だったなぁ…。

 

国民健康保険

国民健康保険とは、日本国民が病気やけがに対して、その費用の一部を国が負担してくれる保険のことを言います。

 

ボクたちが病院で診察や治療を受けるときに保険証を提示すると、費用は3割負担で済むのは国民健康保険があるからなんです。

 

この制度に使かわるお金を65歳未満の人たちは、健康保険として支払っています。

 

また、国民健康保険は正社員などが支払う健康保険とは異なる、自営業者やフリーターといった未就業者を対象にしているものです。

 

この国民健康保険はフリーターの方でも毎月支払わなければなりません。

 

むぅチャソ
ボクが会社を退職した当時は、1か月に2万円程度支払っていたかと思います。

フリーターの方で毎月この金額を支払うのはキツいですよね…

 

 

フリーターは年金もしっかり払わないといけない

年金は税金ではありませんが、税金みたいなものです。

 

年金の支払いイメージとして、老後に受け取れるお金を国に預かってもらっているといった感じの方が多いかと思います。

 

ですが、それは間違いです。

 

なぜなら、現在の年金の仕組みは”賦課方式”が採用されているからです。

 

賦課方式という仕組みは、ボクたちが今支払っている年金を現在の年金受給者の生活のために使われているからです。

 

そして、年金の支払いを怠ると財産の差し押さえられる可能性もあるのです。

 

なので、税金じゃないけど税金みたいなものと書いているわけです。

 

もしも、年金の支払いが金銭的にできないというのであれば、役所に行き、猶予・免除届を提出するようにしましょう。

 

年金について、もうちょっと詳しく知りたいという方は下の記事も併せて読んでみてください。

年金制度とは ~読めば大体は理解できる分かりやすい解説
あなたはもしかしたら、年金と聞くと老後の生活費として支給される「老齢年金」をイメージだけをお持ちではありませんか?もしかしたら、「年金がどういうものか正直全く理解できていない」という状態かもしれません。...

 

スポンサーリンク


ずっとフリーターだと『老後の資金』がないかも

 

フリーターで最も恐いのが、働くことができなくなった場合ですよね。

 

それこそ、高齢者になったときにお金が全くない状態で、かつ「働き口がない」「働くのがつらい」といった状態は大変です。

 

正社員の方はうまくいけば、定年まで会社に雇用してもらえます。

 

そのなかで子供が独り立ちをして、夫婦二人の生活をするわけですから、収入の割に生活費がかかりませんから、老後の資金がたまっていくことでしょう。

 

そして、定年時に退職金をもらい、あとは年金を受給しながら、十分生活ができる状態になるでしょう。

 

しかし、フリーターの方は生活ができるギリギリの収入で働いているわけですから、お金だって貯まりません。

 

そうなれば、老後に少しの年金で本当にギリギリの生活を強いられることになるかもしれません。

 

なので、フリーターの方は働けるうちにひたすら働いて、生活費は最小限に抑える生活をしていかなければなりません。

 

 

最後に:自分が将来に不安をいだくのであれば

 

フリーターのお金事情はいかがだったでしょうか?

 

すこし将来への不安を抱かせてしまったかもしれませんね。

 

ですが、そうならないように今からできることを少しずつ準備していくことが大切です。

 

そして、何より…。

いつまでもフリーターではいてはいけません。

 

会社に勤めるのもいいですし、それが嫌なら個人で働けれる能力を身に着けて、フリーターの収入よりも多く稼げるようにならなければなりません。

 

ボクも昔はフリーターでしたが、やはり「このままじゃいけない…」と思わざる得ない状況になっていました。

 

なので、これまで個人でできることをひたすら試しましたし、結果を出せて生活ができるようにもなりました。

 

そして、将来的なお金に対して不安もありますから、現在進行形でできることを増やすための勉強やビジネスを研究したりして、さらに将来のためのリスクヘッジをしています。

 

下の記事にはボクが実際にやってみた個人でできるビジネスなどを紹介しているのでよんでみてください。

 

フリーターにおすすめな副業6選【元フリーターのボクがやったこと】 
「これ以上バイトは増やしたくない…」というフリーターの方がいると思う。その場合、バイト以外の収入源を手に入れたいところである。ここでは元フリーターのボクが実際に取り組んだ副業を紹介したいと思う。ボクは主に『フリーランス』『ブログ』『投資』を集中してやってきた結果、お金に困らなくなった。

 

でも「自分にはできない」という方もいるかと思います。

 

そういう方は「正社員になる努力」をしたほうが良いかと思います。

 

下の記事には、フリーターではいてはいけない理由と、その対策を書いていますのでお読みください。

フリーターの何が悪いの?【種類には3つあってモラトリアム型は危険です】
どうも、元フリーターのむぅチャソ(@mw_chaso)です。ボクは現在、投資やビジネス、フリーでお仕事をしながら悠々自適に過ごしています。いわゆる一般的に「副業と呼ばれることを複数やっていたら、今の生活になっ...

 

一般の人は一生金銭的な悩みが付きまといます。

 

だからといって諦めないで、お金に関する不安をできるだけ減らしていく努力をしていきましょう。

 

早い段階で行動に移していくことが何よりも大切だと思っています。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

またね(/・ω・)/

 

フリーター・ニート向け転職エージェントサイトの選び方+おすすめ3選

フリーターにおすすめな副業6選【元フリーターのボクがやったこと】
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  人気コンテンツ  

コメント